普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

汚れた電子レンジを簡単に綺麗にできる掃除方法と注意点!

電子レンジはきちんと掃除することなく使い続けるとかなりの汚れが溜まってしまいます。

そこで、今回はこの電子レンジを効率的に掃除する方法を紹介しつつ、電子レンジの掃除頻度や掃除しないとどうなってしまうのかも見ていきましょう。

汚れの種類とその原因についても言及していきます。

スポンサーリンク

汚れた電子レンジを簡単に綺麗にできる掃除方法と注意点!

電子レンジを簡単に掃除する方法は重曹とクエン酸を用意してそれを水で溶かして温めてから汚れを除去するというやり方です。

この方法が電子レンジ掃除の基本となりますので、是非とも覚えておいてください。

準備するもの

・重曹
・クエン酸
・アルカリ電解水
・耐熱容器(できれば計量できるタイプ)
・キッチンペーパーや雑巾
・マイクロファイバークロス
・メラミンスポンジ
・ゴム手袋

やり方

こちらの動画はクエン酸や重曹を使って電子レンジを掃除する様子を撮影している動画となっています。

このやり方が電子レンジの掃除の基本となりますので、是非とも覚えて活用してもらいたいです。

クエン酸と重曹を使った電子レンジ掃除

①耐熱容器に重曹を大さじ1杯か2杯と水200mlを入れてかき混ぜて重曹水をつくる
②耐熱容器ごと電子レンジに入れて3分から5分ほど加熱する
③加熱が終わったら30分ほど放置する
④ゴム手袋を着用してから耐熱容器を取り出し、熱くなった重曹水を活用しながらメラミンスポンジで電子レンジ内部の汚れを落としていく
⑤ある程度重曹水とメラミンスポンジで汚れを落としたら水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾を使って水拭きする
⑥乾いた雑巾で拭くことで庫内の水気を一旦飛ばす
⑦重曹と同じようにクエン酸大さじ1杯か2杯と水200mlを入れてかき混ぜてクエン酸水を作って同じように3分から5分ほど加熱する
⑧30分ほど放置する
⑨放置期間中に表パネル面以外の部分を、アルカリ電解水とマイクロファイバークロスを用いて拭いていく
⑩ゴム手袋を着用してから耐熱容器を取り出し、熱くなったクエン酸水を活用しながらメラミンスポンジで電子レンジ内部の汚れを落としていく
⑪ある程度クエン酸水とメラミンスポンジで汚れを落としたら水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾を使って水拭きする
⑫乾いた雑巾で拭くことで庫内の水気を一旦飛ばす
⑬電子レンジのコンセントを抜いて表パネル面の操作する部分をアルカリ電解水とマイクロファイバークロスで拭く
⑭表面を水拭きと乾拭きをして終了

注意点

・クエン酸と重曹を温めてから電子レンジの中を掃除するというのがコンセプトにあるが、耐熱容器もセットで温めることになるので火傷には要注意となる
・薄いゴム手袋だと火傷するリスクがあるので熱めの方がいい
・相似していない期間が長いとメラミンスポンジで擦り洗いをする段階でものすごい量の汚れが落ちてくるので捨てられるタイプのメラミンスポンジを使うこと
・受け皿があるタイプの電子レンジならば取り外して受け皿そのものの清掃を行い、取り外した底面も綺麗にすること
・アルカリ電解水を用いて外側を掃除するが、吸気口や排気口が設置してある穴に洗剤が入り込むと故障の原因となるので要注意
・操作パネル部分は人が触るので皮脂汚れが中心、そのため重曹水やアルカリ電解水を用いた掃除が効果的
・操作パネルを掃除すると時に電源が入っていると色々と押してしまうので、必ず電源は抜いておくこと

電子レンジの掃除頻度はどのくらい?

電子レンジの掃除頻度は1週間に1回以上としている主婦の方も多いのですが、1ヶ月に1回とか1ヶ月に2回や3回という意見も多いです。

個人的には電子レンジを使う頻度が多いのならば、1週間に数回洗った方がいいと思いますし、使う頻度がかなり少ない家庭ならば1ヶ月に数回でも問題ないと思います。

電子レンジの庫内汚れは食べ物を温めたときの吹きこぼれや、飛び散ったタンパク質や蒸気によるものが主体なので電子レンジをあまり使わない人は汚れないのです。

外側は使用頻度にかかわらず汚れていきますが、内側は使用頻度にかなり比例して汚れるのが電子レンジの特徴なので自分の家にある電子レンジがどのような環境にあるのかを判断してから頻度も決めてください。

電子レンジを掃除しないとどうなる?

電子レンジを掃除しないと最終的にカビが生えてしまったり、ゴキブリが居着くようになってしまったり、発火して燃えてしまうようになるでしょう。

これらはとても危険な状況なのでこうなったらアウトです。

取り返しが付かないので電子レンジの買い換えが必須となります。

そうなる前に掃除をして対処するのが基本なのです。

ここまで悪化しなくても、異臭がするようになるとか、電子レンジの温め効率が悪くなったとか、油汚れが目立つようになるといった変化が出てきますのでわかりやすいでしょう。

基本的に電子レンジの汚れはそこそこ目立ちますので、目立つ汚れが発生し始めたら対処するというスタンスでいた方がいいでしょう。

今回紹介した掃除方法は多少の時間はとられますが放置時間が長めで難易度もそこまで高くないので汚れが気になり始めたら実行すべきです。

電子レンジに溜まる汚れの種類とその原因

電子レンジに溜まる汚れの種類は油汚れ水垢です。

この油汚れと水垢を放置することでカビや細菌が出るようになります。

ただし、水垢や油汚れは食品を温める工程で発生するのが基本であり、使われることがほとんどない電子レンジはこれらの汚れも発生しにくいのです。

他にも食べ物をこぼしてしまったり、温めた結果吹きこぼれが発生して汚れるケースもあるでしょう。

これらの原因で汚れが発生し、放置することで高まってしまいます。

特に、食べ物の油汚れは放置することで頑固な汚れになるので、早めに対処しましょう。

電子レンジの掃除に活躍するアイテム!

電子レンジを掃除する上で必ず役立つのが重曹クエン酸です。

これは必須となるので必ず用意してください。

他にはアルカリ電解水があると便利なので用意しましょう。

具体的には『水の激落ちくん』といった商品が役立ちます。

他には『パール金属 オーブン・電子レンジ用焼け焦げ防止シート』といった商品も、黒ずみや焼け焦げなどを防ぐアイテムとして役立ちますので有効活用してください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は電子レンジ掃除に役立つ掃除のやり方を色々と解説しました。

基本は重曹とクエン酸を温めることで電子レンジ内部の汚れを落としやすくしてから除去するというスタンスになりますが、これでほとんどの汚れが落とせますのでとても役に立ちます。

問題がこのやり方でも落とせないようなしつこすぎる汚れが発生した時ですが、それはまた次回別のタイミングで紹介致します。

そういった汚れが発生しないように気をつけることが重要であり、今回紹介した掃除を実戦すればそんな状態にはなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました