普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

重曹で汚れた電子レンジをピカピカにするやり方とポイント!

電子レンジを掃除するにはクエン酸や重曹を活用することが重要です。

今回は重曹に注目して、電子レンジをピカピカにする掃除方法を紹介します。

重曹を使うときの注意点や重曹を使っても落ちない汚れが相手の時はどうしたらいいのかも見ていきましょう。

あまりにもしつこい汚れが電子レンジ内部で発生したら、どのような考え方で動けばいいのかを意識してください。

スポンサーリンク

重曹で汚れた電子レンジをピカピカにするやり方とポイント!

重曹を用いた掃除方法は別途紹介したクエン酸とセットでやる掃除方法の、クエン酸を抜いたやり方となります。

クエン酸は水垢汚れに対して効果があるので、水垢汚れがそこまで目立たない状況ならば今回紹介するやり方を取り入れましょう。

準備するもの

・重曹
・アルカリ電解水
・耐熱容器(できれば計量できるタイプ)
・キッチンペーパーや雑巾
・マイクロファイバークロス
・メラミンスポンジ
・ゴム手袋

やり方

こちらの動画は『【簡単すぎる!】電子レンジで重曹をチンすると汚れがするする落ちる…!』というタイトルで、重曹を温めて電子レンジ内部を掃除する様子を紹介している動画です。

動画のようにゴッソリと汚れが落ちますので、捨てる予定の雑巾やキッチンペーパーを使って対処しましょう。

重曹を使った電子レンジ掃除のやり方

①耐熱容器に重曹を大さじ1杯か2杯と水200mlを入れてかき混ぜて重曹水をつくる
②耐熱容器ごと電子レンジに入れて3分から5分ほど加熱する
③加熱が終わったら30分ほど放置する
④放置期間中に表パネル面以外の部分を、アルカリ電解水とマイクロファイバークロスを用いて拭いていく
⑤ゴム手袋を着用してから耐熱容器を取り出し、熱くなった重曹水を活用しながらメラミンスポンジで電子レンジ内部の汚れを落としていく
⑥ある程度重曹水とメラミンスポンジで汚れを落としたら水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾を使って水拭きする
⑦乾いた雑巾で拭くことで庫内の水気を一旦飛ばす
⑧電子レンジのコンセントを抜いて表パネル面の操作する部分をアルカリ電解水とマイクロファイバークロスで拭く
⑨表面を水拭きと乾拭きをして終了

注意点

・重曹を温めてから電子レンジの中を掃除するというのがコンセプトにあるが、耐熱容器もセットで温めることになるので火傷には要注意となる
・薄いゴム手袋だと火傷するリスクがあるので熱めの方がいい
・相似していない期間が長いとメラミンスポンジで擦り洗いをする段階でものすごい量の汚れが落ちてくるので捨てられるタイプのメラミンスポンジを使うこと
・受け皿があるタイプの電子レンジならば取り外して受け皿そのものの清掃を行い、取り外した底面も綺麗にすること
・アルカリ電解水を用いて外側を掃除するが、吸気口や排気口が設置してある穴に洗剤が入り込むと故障の原因となるので要注意
・操作パネル部分は人が触るので皮脂汚れが中心、そのため重曹水やアルカリ電解水を用いた掃除が効果的
・操作パネルを掃除すると時に電源が入っていると色々と押してしまうので、必ず電源は抜いておくこと

重曹を使うときに注意することは?

重曹の注意点は以下のとおりです。

・重曹は研磨作用が強いのでステンレスなどの柔らかいものが相手だと削ってしまう可能性がある
・重曹の成分が残っていると白浮きが発生してしまうので要注意
・重曹はアルミ製品に使用すると黒色に変色させてしまうので要注意
・重曹には掃除用以外にも食用など別の種類が存在するが、それらは掃除用よりも高いので使わない方がいい
・掃除用の重曹は食べられないので要注意
・重曹を水に溶かして使うとき、濃度を濃くすることで掃除効果もアップするがそれだけ溶けにくくなったり皮膚に付着したときの影響も強く出るので要注意
・重曹水は重曹と違い長期間の保存には向かないので作成したら使い切った方がいい、作成日に使い切ることが難しい時でも1週間以内には消費すること

重曹でも電子レンジが綺麗にならない場合

重曹を使うことで簡単な油汚れならあっさりと落とせるようになります。

電子レンジ内部の汚れはべたべたとして固まっている油汚れやタンパク質汚れが主体でありこういった汚れに対して重曹を電子レンジ内部で温めるという行為は有用なのです。

ただし、あまりにも汚れが放置されすぎているとかなり硬くなって一回の掃除でも落とせないことがあります。

その時は今回紹介した掃除をもう一度チャレンジしましょう。

それでも落とせないような汚れが相手の時は、古歯ブラシに研磨作用がある歯磨き粉をセットにして汚れを削り落とすといいでしょう。

それ以外にもいらなくなったポイントカードを使って削るというやり方があります。

重曹を使いたいという方は重曹ペーストを作って汚れがひどい場所に貼り付けて、しばらく放置するというやり方もあるのです。

こういった別のやり方を試して少しずつ汚れを落としていってください。

電子レンジの掃除をサボると大変なことに?

電子レンジの掃除をサボると最悪のケースでゴキブリが住み着いたり電子レンジ内部の汚れが炎上したり、カビだらけになってしまいます。

どれも洒落にならない現象ですが、最悪なのが炎上して火事に繋がることなので放置するのはとっても危険なのです。

この炎上は食品カスが大量に庫内にくっついていることでマイクロ波が食品カスに集中するようになり、煤になって燃えてしまうのが原因です。

ここまで放置されるのはまれですが、その前段階として嫌な臭いが籠もるようになったり見た目でも汚れが目立つようになるのでタイミングを見計らって掃除するようにしましょう。

たとえ炎上しなくてもカビや細菌が発生している電子レンジで食品を扱うのは不衛生過ぎるのでNGと言えます。

電子レンジの汚れを防ぐ裏技!

電子レンジの汚れを防止する方法は密閉しないように注意しながらもラップをすることです。

これだけでも食品カスやタンパク質が飛び散ることを防げます。

他にも簡単な方法としては『レンジ汚れ防止マット』のような汚れ防止のマットを活用するのもいいでしょう。

あとは吹きこぼれなどを意識して防ぐことができれば電子レンジ内部の汚れ発生確率は落とせるでしょう。

こういった電子レンジ汚れ防止マットやシートは色々と種類がありますので、その中で気になるものを購入しましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は電子レンジの汚れを重曹を使って掃除する方法について紹介しました。

重曹を使うことでちょっとした油汚れなら簡単に落とせるようになりますので、是非とも活用してください。

この重曹を使っても落とせない汚れが相手だとできることは限られてしまいますが、歯ブラシや歯磨き粉、いらなくなったポイントカードなどを活用すればなんとか削れますので活用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました