普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

汚れた電子レンジをクエン酸で綺麗にする掃除方法とポイント!

お風呂場やキッチンなどの水回りで大活躍なクエン酸ですが、これは電子レンジの掃除にも活用できます。

今回はクエン酸を使って電子レンジを具体的に綺麗にするやり方について紹介します。

クエン酸を使っても電子レンジがなかなか綺麗にならないときはどうすればいいのか、そもそもクエン酸ではどんな汚れが落ちるのかもチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

汚れた電子レンジをクエン酸で綺麗にする掃除方法!

実は一部のメーカーではクエン酸を使って掃除する機能が搭載されている電子レンジも存在しているのです。

今回はそういった電子レンジはどのように掃除をするのかも合わせて紹介します。

この機能がないという人向けの掃除方法も見ていきましょう。

準備するもの

クエン酸を使った掃除機能があるタイプの掃除用具

・クエン酸
・計量カップ

通常のクエン酸も使った掃除における用具

・重曹
・クエン酸
・アルカリ電解水
・耐熱容器(できれば計量できるタイプ)
・キッチンペーパーや雑巾
・マイクロファイバークロス
・メラミンスポンジ
・ゴム手袋

やり方

こちらの動画は『スチームオーブンレンジビストロ お手入れの仕方 -クエン酸洗浄-【パナソニック公式】』というタイトルで、パナソニック公式によるスチームオーブンレンジビストロを掃除するやり方をしょうかいしている動画です。

このようにクエン酸洗浄が備わっている人はこの機能を用いて電子レンジを綺麗にしましょう。

こういった機能がない人は一般的な電子レンジ掃除の方法も紹介しますので、そちらを実戦してください。

クエン酸を使った掃除機能があるタイプの掃除

①スチームを使うメニューに加熱終了後『クエン酸洗浄』の表示が出ているかを確認する
②その表示が出ていることを確認したら、クリーントレーに水が残っていないのかをまず確認する
③計量カップに水200ccとクエン酸小さじ4杯(16g)を入れて混ぜる
④クエン酸水を給水タンクに入れてセットする
⑤メニュー画面の『便利ツール』にある『お手入れ/庫内を冷ます』をおしてその画面から『クエン酸洗浄』を選ぶ
⑥そこで注意事項ややり方が紹介されるので、確認しながらページをめくっていく
⑦『スタートを押してください』と表示されたら『あたため/スタート』のボタンを押す
⑧約30分放置する、放置磁時間は電子レンジに表示される
⑨クリーントレーの水と給水タンクの水を捨てる
⑩クリーントレーをセットする
⑪給水タンクに満水にまるまで水を入れてセットする
⑫再び『あたため/スタート』のボタンを押す
⑬約1分ほどすすぎ洗浄されるので放置
⑭クリーントレーを水洗いする
⑮洗ったクリーントレーをセットして作業終了

通常のクエン酸も使った掃除

①耐熱容器に重曹を大さじ1杯か2杯と水200mlを入れてかき混ぜて重曹水をつくる
②耐熱容器ごと電子レンジに入れて3分から5分ほど加熱する
③加熱が終わったら30分ほど放置する
④ゴム手袋を着用してから耐熱容器を取り出し、熱くなった重曹水を活用しながらメラミンスポンジで電子レンジ内部の汚れを落としていく
⑤ある程度重曹水とメラミンスポンジで汚れを落としたら水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾を使って水拭きする
⑥乾いた雑巾で拭くことで庫内の水気を一旦飛ばす
⑦重曹と同じようにクエン酸大さじ1杯か2杯と水200mlを入れてかき混ぜてクエン酸水を作って同じように3分から5分ほど加熱する
⑧30分ほど放置する
⑨放置期間中に表パネル面以外の部分を、アルカリ電解水とマイクロファイバークロスを用いて拭いていく
⑩ゴム手袋を着用してから耐熱容器を取り出し、熱くなったクエン酸水を活用しながらメラミンスポンジで電子レンジ内部の汚れを落としていく
⑪ある程度クエン酸水とメラミンスポンジで汚れを落としたら水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾を使って水拭きする
⑫乾いた雑巾で拭くことで庫内の水気を一旦飛ばす
⑬電子レンジのコンセントを抜いて表パネル面の操作する部分をアルカリ電解水とマイクロファイバークロスで拭く
⑭表面を水拭きと乾拭きをして終了

注意点

・重曹やクエン酸を使った掃除は多くの方々がすでにご存じのいつもの掃除だが、スチームオーブンレンジビストロ お手入れの仕方はかなり特殊なので要注意
・スチームオーブンレンジビストロの操作画面において具体的なやり方や注意点が紹介されるシーンがあるので、作業中でもその画面になったらきちんと確認しておくこと
・水洗いでクエン酸水が残らないようにきちんと洗い流すこと

クエン酸でどんな汚れが落ちるの?

柑橘類に多く含まれているクエン酸は水垢などのアルカリ性の汚れを落とすことができます。

これが電子レンジに当てはめると、食品を温めたときに出てくる水蒸気による水垢汚れへの対策として用いられるでしょう。

ただし、電子レンジ内部で目立つのは食品カスや油汚れなどが固まった酸性の汚れなので、これはクエン酸ではそこまで落とすことができます。

アルカリ性の汚れに対して強いのがクエン酸なので、酸性の汚れには重曹やアルカリ電解水などの別のものを用意して対抗しましょう。

クエン酸でも電子レンジが綺麗にならない時は?

クエン酸は水垢は落とせますが油汚れにはそこまで効果を発揮できません。

なので、クエン酸だけを使って汚れが落ちない時は重曹やアルカリ電解水を使ってみてください。

今回紹介した掃除のやり方がクエン酸と重曹をセットで用いる方法なので参考になると思います。

ただし、放置期間が長すぎると重曹やアルカリ電解水でもなかなか落とせない汚れになるので、そのときはいらなくなったポイントカードなどを使って削ることも選択肢に入れておきましょう。

電子レンジのオススメの掃除頻度

電子レンジのおすすめ掃除頻度は使用頻度によって大きく変わるのでなんとも言えません。

今回紹介したスチームオーブンレンジビストロのお手入れの仕方はパナソニックによる公式動画となりますが、そちらでも頻度については『クエン酸洗浄の表示が出たとき』とか『白い粉や水(白色または無色)がスチーム吹き出し口からでたとき』と記載しており1週間に1回とか1ヶ月に1回程度といった書き方をしていないのです。

外側に関してはある程度同じスピードで汚れていきますが、電子レンジの庫内は使用頻度によって汚れるスピードが大きく変わってくるので、汚れ具合や状況を確認しつつ対応するといいでしょう。

電子レンジを綺麗に保つ方法は?

電子レンジを綺麗に保つには定期的に掃除するしかないでしょう。

電子レンジの汚れを防ぐシートなども売ってはいますが、電子レンジの形状などが理由で設置できないこともありますので、定期的に掃除することが一番です。

どうしても掃除頻度以外の部分で対応したいという方は、食品カスなどの汚れが飛び散らないようにするために、温める時は空気の逃げ場を作りつつもラップをするといった対応をするといいでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は電子レンジの汚れをクエン酸で落とすにはどうしたらいいのかといった内容で紹介しました。

個人的にはパナソニックの公式動画で解説しているようにクエン酸を活用できるのが理想だと感じました。

あのやり方だととっても簡単に中の汚れを落とせるように見えてしまったのです。

ただし、クエン酸しか使っていないオートの掃除となりますので油汚れなどがどこまで落とせているのかが気になります。

そういった汚れも落とせているのなら。まさに神機能と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました