普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

電子レンジの汚れたフラットテーブルの掃除方法とポイント!

フラットテーブル型の電子レンジを掃除する方法は実は色々とあると言われています。

今回はこのフラットテーブル型の電子レンジを掃除する方法について解説しつつ、汚れが発生する原因はなんなのか、注意すべき点はあるのかを見ていきましょう。

基本的には電子レンジで推奨される掃除方法が当てはまるのが今回の内容となるので、その方法を浮かべながら確認していきましょう。

スポンサーリンク

電子レンジの汚れたフラットテーブルの掃除方法とポイント!

電子レンジの掃除方法はクエン酸や重曹を使ったやり方が基本となっているのですが、このやり方でほとんどの汚れは落とすことができます。

準備するもの

・重曹
・クエン酸
・アルカリ電解水
・耐熱容器や耐熱カップ
・キッチンペーパーや雑巾
・マイクロファイバークロス
・メラミンスポンジ
・ゴム手袋
・クリームクレンザー
・ラップ

やり方

こちらの動画は『電子レンジの最強掃除方法!ニオイも汚れもすっきり【簡単そうじ】専業主夫 極主夫道』というタイトルで、フラットテーブルタイプの電子レンジを重曹とクエン酸で掃除している動画となります。

この動画のやり方を基本として具体的に掃除の方法をマスターしていきましょう。

重曹とクエン酸を使ったフラットテーブル型の電子レンジ掃除

①耐熱容器に重曹を大さじ1杯か2杯と水200mlを入れてかき混ぜて重曹水をつくる
②重曹水を耐熱容器に入れたまま電子レンジに投入し3分から5分ほど加熱する
③加熱が終わったら30分から1時間程度ほど放置する
④ゴム手袋を着用してから耐熱容器を取り出し、熱くなった重曹水を活用しながらメラミンスポンジを濡らしつつ庫内を擦り洗いする
⑤重曹水とメラミンスポンジである程度擦り洗いしたら水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾を使って庫内を拭く
⑥乾いた雑巾やキッチンペーパーで拭いて水気を飛ばす
⑦クエン酸大さじ1杯か2杯と水200mlを入れてかき混ぜてクエン酸水を作り3分から5分ほど耐熱容器に入れたクエン酸水を加熱する
⑧30分から1時間ほど放置する
⑨放置期間中に表パネル面以外の部分を、アルカリ電解水とマイクロファイバークロスを用いて拭いていく
⑩ゴム手袋を着用してから耐熱容器を取り出し、熱くなったクエン酸水でメラミンスポンジを濡らしながら電子レンジ内部の汚れを落としていく
⑪クエン酸水とメラミンスポンジで汚れを落としたら水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾を使って水拭きする
⑫乾いた雑巾で拭くことで庫内の水気を飛ばす
⑬汚れの状態を確認する、それでも落ちない汚れがあるのならクリームクレンザーを汚れた場所に塗っていく
⑭丸めたラップでクリームクレンザーを塗った場所を擦り洗いする
⑮水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾を使って水拭きする
⑯乾いた雑巾で拭くことで庫内の水気を飛ばす
⑰電子レンジのコンセントを抜いて操作パネルをアルカリ電解水とマイクロファイバークロスで拭いていく
⑱表面を水拭きと乾拭きをして終了

注意点

・クエン酸と重曹を温めてから電子レンジの中を掃除するというのがコンセプトにあるが、耐熱容器もセットで温めることになるので火傷には要注意となる
・薄いゴム手袋だと火傷するリスクがあるので熱めの方がいい
・相似していない期間が長いとメラミンスポンジで擦り洗いをする段階でものすごい量の汚れが落ちてくるので捨てられるタイプのメラミンスポンジを使うこと
・受け皿があるタイプの電子レンジならば取り外して受け皿そのものの清掃を行い、取り外した底面も綺麗にすること
・アルカリ電解水を用いて外側を掃除するが、吸気口や排気口が設置してある穴に洗剤が入り込むと故障の原因となるので要注意
・操作パネル部分は人が触るので皮脂汚れが中心、そのため重曹水やアルカリ電解水を用いた掃除が効果的
・操作パネルを掃除すると時に電源が入っていると色々と押してしまうので、必ず電源は抜いておくこと
・クリームクレンザーなどの洗剤を使うときは洗剤成分が残らないように丁寧に水拭きすること
・擦り洗いをする時はフラットテーブルを囲む周りのパッキンや庫内側面そして奥面の黒い塗装部分を強く擦らないようにすること

フラットテーブルが汚れる原因は?

電子レンジは食品を温めることで飛び散ってしまう糖分・タンパク質・油分などが原因です。

そして食品を温めると食品の水分が蒸発することで水垢等の汚れも発生するようになるでしょう。

こういった汚れが蓄積することで落としにくい焦げやサビが発生するようになり、細菌やカビが発生してしまいます。

フラットテーブルの汚れを予防する方法!

フラットテーブルタイプの電子レンジで汚れを防止するには『電子レンジ用 焼け焦げ防止シート』のようなシートを用いるといいでしょう。

このシートは焼け焦げや黒ずみを予防することができるシートとなっているので、フラットテーブルの汚れを防ぎたいという人にとってはかなり役立つ道具となってくれます。

他にも、汚れを防止する方法としてできる限りラップをすることが重要です。

空気の通り道を作らないと爆発するリスクが出てくるのですが、そういった配慮をしながらもラップを使えば飛び散りによる汚れ被害を減らすことができるようになります。

どうしても汚れが落ちない時はどうしたらいい?

どうしても落とせないような汚れが発生した時は、重曹ペーストを使って汚れに密着させてください。

その後にメラミンスポンジやいらなくなったポイントカードなどで削り落とすといいでしょう。

このやり方で電子レンジに発生するしつこい汚れはほぼ落とすことができます。

基本的には削って汚れを落とすか、より強力な洗剤を使うか、洗剤を密着させる時間を延ばすかの3択になるのですが、洗剤を強力にすることはできないので傷をつけない方法で洗剤を活用しつつ削るというやり方を選択するしかないのです。

逆に考えると、カビなどの強力な洗剤を使わないと対処できない汚れが相手の時はどうしようもないということになります。

しつこすぎるカビが発生した電子レンジは塩素系漂白剤が使いたくても使えないので、買い換えた方がいいでしょう。

プロのクリーニング業者の料金相場

電子レンジの掃除相場は業者によっても変わってきます。

たとえば掃除のプロが集まるダスキンではこちら『キッチンクリーニング | お掃除サービスのダスキン』が参考になるでしょう。

こちらの料金表には小型電化製品表面クリーニングの中に電子レンジが含まれており、設定料金が税込み2,310円となっています。

これが家電の販売からメンテナンスまで引き受けている『家電のプロのおそうじ・点検サービス(ご自宅まで訪問)|家電トータルサポート|サービス|エディオンメンバーズサイトエディオンメンバーズサイト』になると、電子レンジの点検やメンテナンス費用が税込み3,740円となるようです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はフラットテーブル型の電子レンジ掃除の方法についてまとめました。

基本的にターンテーブルがないためターンテーブルを取り外すといった作業が不要となります。

フラットテーブル型の掃除をする時はターンテーブルの有無によって掃除の仕方が若干異なりますが、掃除方法はほぼ同じなので参考にできるのです。

クエン酸や重曹を活用して綺麗な電子レンジを保つようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました