普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

電子レンジでバターが爆発!そんな時の簡単掃除方法!

電子レンジを使っていると遭遇してしまうトラブルの1つが何らかの食品が爆発してしまうことです。

そこで、今回はバターが爆発してしまったときの掃除方法を紹介します。

そもそも、なぜバターが爆発してしまうのか、電子レンジの掃除頻度はどの程度が理想的なのかも見ていきましょう。

こういった爆発を放置してしまうとどうなってしまうのかもまとめていきます。

記事の最後には汚れ別・場所別・洗剤別で電子レンジの掃除方法をまとめてみましたので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

電子レンジでバターが爆発!そんな時の簡単掃除方法!

電子レンジ内部でバターが爆発してしまったときの対処法と、放置期間が長くなってしまったときの対処法のどちらも紹介します。

時間が底まで経過していないのなら簡単な掃除でも落とせます。

準備するもの

・アルカリ電解水
・クエン酸
・重曹
・耐熱容器
・メラミンスポンジ
・キッチンペーパー
・ゴム手袋

やり方

簡単な掃除は爆発してすぐに対応するものであり、この部分をある程度できているのならしつこい汚れには変質しません。

問題は放置期間が長くなってしまって他の汚れとミックスされてしまったときです。

こうなるとできることは限定的となってしまいますので、そちらの対処法も学んでいきましょう。

バターが爆発したばかりの掃除方法

①キッチンペーパーにアルカリ電解水を噴射して電子レンジ内部の表面的な汚れをある程度落とす
②耐熱容器にキッチンペーパーを4つ折りにして3枚ほどあまり重ならないように設置したら、その上からアルカリ電解水を大量に噴射する
③その状態で電子レンジで500Wで3分程度温める
④15分程度放置する
⑤ゴム手袋を着用して熱くなったアルカリ電解水まみれのキッチンペーパーを使って飛び散ったバターを全体的に落としていく
⑥汚れが落ちたら作業終了

バターが爆発してからそれなりの期間がたってしまったあとの掃除方法

①耐熱容器に重曹を大さじ1杯か2杯と水200mlを入れてかき混ぜて重曹水をつくる
②耐熱容器ごと電子レンジに入れて3分から5分ほど加熱する
③加熱が終わったら30分ほど放置する
④ゴム手袋を着用してから耐熱容器を取り出し、熱くなった重曹水を活用しながらメラミンスポンジで電子レンジ内部の汚れを落としていく
⑤ある程度重曹水とメラミンスポンジで汚れを落としたら水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾を使って水拭きする
⑥乾いた雑巾で拭くことで庫内の水気を一旦飛ばす
⑦重曹と同じようにクエン酸大さじ1杯か2杯と水200mlを入れてかき混ぜてクエン酸水を作って同じように3分から5分ほど加熱する
⑧30分ほど放置する
⑨放置期間中に表パネル面以外の部分を、アルカリ電解水とマイクロファイバークロスを用いて拭いていく
⑩ゴム手袋を着用してから耐熱容器を取り出し、熱くなったクエン酸水を活用しながらメラミンスポンジで電子レンジ内部の汚れを落としていく
⑪ある程度クエン酸水とメラミンスポンジで汚れを落としたら水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾を使って水拭きする
⑫乾いた雑巾で拭くことで庫内の水気を一旦飛ばす
⑬この段階でどれだけバターの汚れが落ちているのかを確認する
⑭まだバター汚れが残っているのなら空焚きする、電子レンジ内部を最高温度設定にしたあと様子を見ながら30分ほど温めを行う
⑮バター汚れが焼かれるのでキッチンペーパーにアルカリ電解水を染みこませて拭き取る
⑯最後に電子レンジのコンセントを抜いて表パネル面の操作する部分をアルカリ電解水とマイクロファイバークロスで拭いて終了

注意点

・基本的には爆発が発生してすぐに拭き取ればしつこい汚れには変質しない
・あまりにも放置期間が長いとしつこい汚れに変質する、そのときは空焚きという方法が推奨されるがこれはある程度汚れを落として綺麗にしてからじゃないと効果が薄い
・最高温度に設定しての空焚きは汚れがひどいと煙が大量発生するなどのトラブルに繋がるのである程度掃除してから行うこと
・空焚きは残ってしまったバター成分を焼くので多少の煙はでる
・大量の煙が発生したり火花が飛び散っているとそれは故障が発生している可能性が高いのですぐに作業を中止すること

なぜバターが爆発するの?

バターが爆発する理由は突沸にあります。

ちょっと専門的なお話になりますが本来ならば沸点を超えると沸騰するはずの液体が、過熱状況や成分によってなかなか沸騰しない状態になり、振動などの刺激が加わることによって蓄積されてきたエネルギー分だけいきなり沸騰してしまうという現象です。

水でお話するなら100℃で水蒸気になるはずなのに、それが蓋をしているせいで水蒸気にならずに熱せられ続けて、蓋を除去したら空気の流れができたことでそれが刺激となり激しい沸騰が発生するとイメージしてください。

この現象はバター以外にも乳製品全般、味噌汁や酒や芋類でも発生する現象なので覚えておきましょう。

突沸が電子レンジで発生するトラブルとして大半を占めますので、この突沸を防ぐためにゆっくりと加熱するとか空気の通り道を作っておくといった対策をするのがベストとなります。

爆発したバターをそのままにしていると?

爆発したバターをそのままにしていると他の汚れとミックスして落とせない状態になります。

バター汚れだけならば時間が経過しても空焚きだけである程度対処可能となるのですが、他の汚れが乗っかっていると温めたところでその熱がバターだけを焼ける状態にならないので効果が薄いのです。

そのため、クエン酸を使って水垢を落として重曹を使って油汚れや糖質汚れなどの酸性汚れを落とす必要が出てきます。

電子レンジの掃除頻度はどのくらい?

電子レンジの掃除頻度はその電子レンジがどのように使われているのかで大きく変わります。

頻繁に使われている電子レンジならば今回紹介した重曹とクエン酸を使った掃除が1週間に1回程度は必要になってきますが、逆にほとんど使っていないような電子レンジならばこういった掃除の仕方は1ヶ月に1回程度でも十分でしょう。

ただし、埃がつもるといった外側の汚れは使用頻度とはそこまで関係なく発生するので注意してください。

掃除に役立つ便利グッズは?

掃除に役立つ便利グッズはやはり重曹とクエン酸とアルカリ電解水です。

他にはメラミンスポンジや綿棒やマイクロファイバークロスも役立つでしょう。

それ以外となると、しつこい焦げを落とすためにヘラやいらなくなったポイントカードで削るといった作業が推奨されます。

このように、特別な物を用意しなくても問題なく掃除はできますので、専用の器具や道具W用意する必要はないのです。

【汚れ別】電子レンジを綺麗にする掃除のやり方!

ここまで電子レンジで爆発したバターの掃除方法や対処法などについて詳しく紹介してきましたが、電子レンジにはさまざまな汚れが蓄積されていてかなり汚れているかと思います。

ここでは爆発したバター以外の掃除方法について詳しくまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ゆで卵が爆発

いやな臭い

溶けたプラスチック

吹きこぼれ

焦げ

ゴキブリ

電子レンジの場所ごとの掃除方法とポイント!

続いて場所ごとの電子レンジの掃除方法について見ていきましょう。

場所によって使う道具や掃除のやり方が大きく異なることがあるので、ここで紹介している掃除方法を参考にしていただいて隅々まで電子レンジを掃除して綺麗にしてみてください。

清潔になった電子レンジで料理をしてみてくださいね。

ターンテーブル

フラットテーブル

内側

冷却ファン

受け皿

天板

窓の部分

ガラス管

給水タンク

フィルター

二重ガラス

受け皿

【洗剤別】汚れた電子レンジが綺麗になる掃除方法!

最後に使う洗剤ごとの掃除方法についてまとめましたので、こちらもチェックしてみたいと思います。

洗剤によって得意不得意な汚れがありますので、電子レンジを完璧に綺麗にしたいのであれば洗剤を使い分けて掃除をしてみてください。

そうすることで隅々まで汚れを落とすことができて電子レンジを綺麗にすることができます。

ここでまとめてある掃除方法をぜひ参考にしていただき、電子レンジを清潔にしてみましょう。

重曹

重曹でも落ちない場合

アルコール

オキシクリーン

クエン酸

セスキ炭酸ソーダ

ポッカレモン

レモン

みかんの皮

クレンザー

激落ちくん

マジックリン

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は電子レンジでバターが爆発してしまった時の後始末方法についてまとめました。

基本的に爆発してすぐならばしつこい汚れになりませんので、簡単に汚れは落とせます。

突沸が発生したバターは溶けているので、キッチンペーパーなどを使って拭き取れば落とせるのです。

問題は他の汚れと一緒になって固まってしまったときなので、そうなる前に除去しておけば爆発被害も最少になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました