普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先負に新しい靴をおろすのは縁起的にどうなの?時間帯に注意?

スポンサーリンク

今回は“先負に新しい靴をおろすのは縁起的にどうなの?時間帯に注意?”というお題で、新しい靴を下ろすタイミングについてのお話をします。

新しい靴は何かと縁起と結びつくことが多く、特に日本の昔からある縁起話とくっつくことが多いのです。

そういったお話も出しつつ、ここでは新しい靴と六曜の関係はどうなっているのか、そもそも先負に新しい靴を下ろすのは縁起的にどうなのか、新しい靴をおろすのに縁起がいい時間帯はどうなっているのかというお話もしていきましょう。

スポンサーリンク

先負に新しい靴をおろすのは縁起的にどう?

新しい靴は、幸運を呼び込む力を持っていると言われています。

靴が地面からの良いエネルギーを取り込む役割を果たすためです。

また、吉日を選ぶとさらに良い運を引き寄せられるとされています。

一方で、先負は勝負事や裁判、公的な用事や急ぎの案件を避けるべき日であり、午前中は凶、午後は吉とされています。

そのため、特別相性が良いとは言いにくいですが、午後ならば吉という考え方では動くことができるかもしれません。

新しい靴と六曜との関係は?

新しい靴をおろすという行為と六曜に直接的な関係はありません。

それでも、新しい靴をおろす際には、一般的には大安の方が縁起が良いとされています。

特に、大安は吉凶の中でも最も縁起が良い日とされ、新しい始まりや幸運を招くと信じられているため、縁起などが気になる方はこの日を意識するでしょう。

また、先勝も縁起が良い日の一つであり、午前中ならば成功や幸運をもたらすと考えられています。

友引は友人を引き寄せるとされることから、新しい靴をおろすのには少し異なる意味合いがあります。

それでも、友引の日に新しい靴をおろすことで、友人や人間関係の良好さを祈ることができるでしょう。

したがって、新しい靴をおろす際には、その日の意味合いや自身の信念に基づいて選択することが重要です。

新しい靴をおろす縁起のいい時間帯は?

六曜の話は置いておいて、一般的に新しい靴をおろすのに縁起が良いとされている時間帯について考えてみましょう。

幸運を呼び込む新しい靴を履くなら、スピリチュアル的な観点からは晴れた日の午前中がおすすめです。

午前中がおすすめな理由は以下の通りです。

・晴れた日は新しい靴を汚す心配が少なく、美しさを保ちやすい。

・晴れた日に新しい靴を用意することは慶事であり、良い縁を呼び寄せると信じられています。

・一日の運気が高まる朝に履くことで、スピリチュアルな力をより効果的に引き寄せられる。

このような理由から、新しい靴を履くという観点だけで考えると、縁起のいい時間帯は午前中の早めな時間帯となっています。

新しい靴をおろさないほうがいい時間帯は?

六曜の話は脇に置き、日本古来の伝承に基づいた縁起の観点から、新しい靴を履くべきではない時間帯について解説しましょう。

基本的には夜がNGとされています。

夜に新しい靴を履くと縁起が悪いと言われる理由は、主に以下の4つです。

1. 罰が当たるという考え方

新しいものはまず神様に供えるべきという考えがあり、神棚の灯りを消した後に新しいものを使うと罰が当たると信じられていました。

2. 江戸時代のお通夜の習慣

江戸時代の夜は街灯がなく、夜道は非常に危険でした。

そのため、夜に外出するのはお通夜など、誰かが亡くなった時のみだったのです。

当時は冠婚葬祭の際に新しい靴を履くことが一般的だったため、夜に靴を履くことは死を連想させ、縁起が悪いとされるようになりました。

3. 故人に新しい草履を履かせる習慣

江戸時代の一部地域によっては、亡くなった方を出棺する際に新しい草履を履かせる習慣がありました。

夜に行われる出棺と新しい靴を履くことが死を連想させ、縁起が悪いとされました。

4. 野辺送り(お葬式の出棺)の習慣

江戸時代は、お葬式の出棺が夜に行われていました。

当時は葬儀が自宅で行われることが一般的であり、新しい靴を履いて玄関から出ていくことがありました。

このことから、夜に新しい靴を履いて死者を送るというイメージが広まり、縁起が悪いとされる理由となりました。

これらの歴史的背景から、夜に新しい靴を履くことは強いマイナスイメージを連想させ、縁起が悪いとされています。

当時の電気や街灯のない状況と、危険な夜道での移動が合わさり、夜に新しい靴を履くことは避けるべきであるという考え方が広まったと言えるでしょう。

現代では、夜に新しい靴を履いても問題ないという考え方もあります。

しかし、縁起を気にする方は、夜に新しい靴を履くのは避けたほうが無難です。

新しい靴を履く際は、午前中など明るい時間帯を選ぶことをおすすめします。

新しい靴と縁起のいい吉日まとめ

ここでは、新しい靴をおろすのに縁起がいいと言えそうな吉日をまとめて紹介します。

大安:大安吉日、とにかく1日吉なので迷ったらこれ
友引:大安に次ぐ吉日なので安パイ
先勝:午前中が吉の六曜、新しい靴とはそういう意味で相性が良い
天赦日:日本の暦の上で最高の吉日で、1年に5回か6回程度しか発生しない。何をやってもプラスの日なので、金運を含めた総合的な運気がアップ
一粒万倍日:『一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、立派な稲穂になる』という意味があり、新しいことやプラスになることが倍になって帰ってくると言われている吉日。ただし、借金も倍になるので注意が必要
寅の日:寅は『千里行って千里戻ることができる』という故事やその柄から金運アップの象徴とされている。そのため、お金を使っても戻ってくるとか旅をしても安全に戻ってこられると考えられている
巳の日:いわゆる蛇の日、蛇は財運の神である弁財天の使いなので、その力にあやかって金運が上がる日とされている
己巳の日:巳の日の力がよりパワーアップした吉日
天一天上:天一神という方角を司る神様が天へ帰っているため運気が上昇している日、目的に向かって真っすぐ進んでいく運が上昇すると言われている
大明日:暦には『大みやう』と書かれる吉日、全ての吉事・善事に用いて大吉だが特に建築・移転・旅行に相性が良い
天恩日:暦には『天おん』と書かれる暦注下段。天の恩恵を受ける日という意味があり、吉事全般と好相性
復日・重日:吉日と重なることで吉日の効果が増し、凶日と重なることで凶日の効果が増す日。一粒万倍日と似ている

このように種類はいろいろとあるので、こういった吉日と六曜がうまく重なった日を選ぶといいでしょう。

新しい靴をおろしてはいけない凶日まとめ

逆に相性が悪いと言えそうな凶日についてもまとめましょう。

赤口:仏滅に次ぐ凶日。何かを始めるのに適さない日
仏滅:1日凶。何をやっても凶とされる日
受死日:一部のカレンダーでは『●』の印で表される凶日。黒日とも呼ばれ、最悪の大凶日とされる。買い物もお出かけも避けるべき日
十死日:受死日に次ぐ凶日で万事に凶とされる
五墓日:五墓とは五つの墓を意味する凶日、動土・地固め・葬式・墓作り・種まき・旅行・祈祷などが特に凶となる
不成就日:何をしてもうまくいかないとされる凶日

このように、いろいろと凶日はありますが吉日と被っていることも多々あるので、そのときは相殺されてむしろ吉と考えて動きましょう。

先負に関するよくある質問まとめ

「先負」とは具体的にどのような意味がありますか?

「先負」は六曜の一つで、この日は午後は吉とされますが、午前中は凶とされる日です。

したがって、重要な行事や仕事、決断をする場合は午後を選ぶと良いとされています。

文字通り、「先んずれば負け」という意味を持ちます。

先負の日に避けるべきことはありますか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、特に新しいことを始める、重要な契約を結ぶ、大きな買い物をするといった行動は午後にした方が良いとされています。

午後に行動計画を立て、午前中は控えめに過ごすのがおすすめです。

結婚式や入籍は先負の日に避けるべきですか?

伝統的な意味合いでは、先負の日は午後から運が上がるとされているため、結婚式や入籍などの重要なイベントは午後が無難とされています。

ただし、現代では六曜を重視しない人も多く、最終的には個人の判断に委ねられます。

先負の日に良いとされる行動はありますか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているため、日々のルーティンワークや準備作業、計画立案などは有効に行えるとされています。

また、午前中はリラックスするための時間として使うのも良いでしょう。

先負の日は他の六曜とどのように関係していますか?

六曜は「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」という6つの日の周期で構成されており、それぞれに特有の意味があります。

「先負」はこのサイクルの中で、行動をする際に時間帯を考慮する必要がある日として位置付けられています。

六曜は日本の暦の中で古くから人々の生活に密接に関わってきた文化の一つであり、各日が持つ意味を理解することで、より良い日々を送るための指針とされています。

先負の日には、旅行を始めるのは避けるべきですか?

伝統的には、先負の日の午後は運勢が上昇するとされているため、新しいことを始めるのは午後からが良いとされます。

そのため、理想的には旅行を始めるのも、特に重要な出発や決定事項は午後に行うか、または先負の日を避けて計画することが勧められます。

しかし、現実にはスケジュールの都合上避けられない場合も多く、最終的には個人の判断によります。

先負の日に重要な商談を行うのは不利ですか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、理想的には重要な商談は避けるか、または午後に行うのが良いでしょう。

しかし、商談の成功は日選びだけでなく、準備や相手との関係性など多くの要因に左右されます。

従って、六曜を参考にしつつも、十分な準備と自信を持って臨むことが最も重要です。

先負の日に生まれた人には特別な意味がありますか?

六曜は主に行事や日々の活動を計画する際に参考にされるものであり、個人が生まれた日に特別な意味を持つ文化的背景はありません。

先負の日に生まれた人が特別な運命を持つという考え方は一般的ではなく、誰もが自身の努力や選択によって未来を切り開いていくことができます。

先負の日には何をするのがベストですか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているので、日常業務や計画を立てるなど、すでに進行中の活動を進めるのに適しています。

午前中は新しいことを避け、既存の業務の整理や準備、翌日以降の計画を考えるのに適した時間と考えると良いでしょう。

また、個人的な時間を大切にし、リラクゼーションや趣味の時間を過ごすのもおすすめです。

先負の日の過ごし方で運気を向上させる方法はありますか?

先負の日に運気を向上させるためには、午前中にポジティブな行動を起こし、明るい気持ちで一日をスタートさせることがおすすめです。

また、運気が上がるとされる午後には、積極的に行動を行うと良いでしょう。

自然に触れる散歩や、好きな音楽を聴くなどして、心を穏やかに保つことも運気向上に繋がります。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は“先負に新しい靴をおろすのは縁起的にどうなの?時間帯に注意?”と題して、新しい靴を下ろすタイミングと先負についてご紹介しました。

日本人はこういった靴に関しての縁起について、いろいろと歴史があるため調べて見ると面白い情報が次々と出てきます。

今ではこういった縁起を気にしない人もかなり増えてきましたが、少しでも幸運に授かりたいという人はあえて令和になった今意識して見るのもいいと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました