普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

クイックルワイパーでお風呂の天井を綺麗にする掃除方法!

お風呂の天井掃除は肩こりや腰痛など身体的なダメージが発生してしまいます。

このダメージを減少させる方法の一つがクイックルワイパーを有効活用することです。

今回はクイックルワイパーを有効活用してお風呂の天井掃除をする方法について解説しつつ、天井を掃除してもなかなか綺麗にならない時はどうしたらいいのかを紹介致します。

クイックルワイパー以外に天井掃除に役立つ道具は何なのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

クイックルワイパーでお風呂の天井を綺麗にする掃除方法!

それでは具体的にクイックルワイパーを使った天井掃除の方法を紹介します。

動画もセットで紹介しますが、本格的な天井掃除としては不足している部分もありますので、文章のほうも目で追いかけてもらいたいです。

準備するもの

・クイックルワイパー
・キッチンペーパーor雑巾
・塩素系漂白剤
・ゴーグル
・マスク
・ゴム手袋

やり方

こちらの動画はクイックルワイパーを使うことで天井掃除が楽になることを簡単に紹介している動画です。

塩素系漂白剤を使った掃除でも簡単になることを証明している動画なので、一度はご覧ください。

クイックルワイパーを使った簡単天井掃除の方法

①換気扇を回して、マスクやゴーグルやゴム手袋を着用して塩素系漂白剤対策をする
②キッチンペーパーや雑巾などをクイックルワイパーに装着する
③用意した塩素系漂白剤をキッチンペーパーや雑巾に染みこませる
④塩素系漂白剤とクイックルワイパーで天井を丁寧に拭いていく
⑤天井全体に塩素系漂白剤が染み渡ったら5分から30分程度放置する
⑥放置期間中は浴室の他の場所を掃除する
⑦放置が終わったら水で濡らした雑巾やキッチンペーパーなどをクイックルワイパーに装着して天井を拭く
⑧乾いた雑巾やキッチンペーパーなどをクイックルワイパーに装着して天井を拭く

注意点

・塩素系漂白剤を使うので必ず皮膚に付着しないようにゴーグルやマスクやゴム手袋を着用すること
・キッチンペーパーなどをクイックルワイパーに取り付けるときはできるだけ二枚重ねで用いること、塩素系漂白剤などを染みこませると破れやすくなる
・塩素系漂白剤を天井全体に浸透させるには、1回では足りないことがあるので1回で全体を塗るのではなく何回かに分けて作業をすること
・水拭きをすることで必ず塩素系漂白剤の成分が残らないようにすること
・塩素系漂白剤の臭いがかなり強いので、作業中や作業が終わってもしばらくは換気扇を回しっぱなしにすること

お風呂の天井を掃除するときに気をつけること

塩素系漂白剤を使った掃除になるので、塩素系漂白剤にまつわる注意点が多数あります。

クイックルワイパーを使った作業でもやり方次第で危険な環境を自ら作り出してしまうので注意しましょう。

・塩素系漂白剤を使うので必ずマスクやゴーグルやゴム手袋を着用すること
・衣服に付着する可能性もあるので、できれば汚れてもいい服装や雨合羽を着用して作業をすること
・液だれが気になるという方は雨合羽も着用して作業をすること
・塩素系漂白剤はボトルタイプ>ジェルタイプ>スプレータイプと塩素濃度が異なるので、塩素濃度が高めのボトルタイプを使う場合はより取り扱いに注意すること
・大きめの浴室だと1回の天井吹きでは塩素系漂白剤が足りなくなるので複数回に分けて作業をすること、無理矢理1回で終わらせるためにキッチンペーパーや雑巾に塩素系漂白剤を染みこませすぎると液だれが発生するのでとても危険
・塩素系漂白剤を用いた作業中に気持ち悪くなってしまった人は作業を中断して休憩を挟むこと
・塩素系漂白剤を使って洗浄が終わったらきちんと水拭きや乾拭きをして洗剤成分を除去すること、洗剤成分が残っていると色落ちなどのトラブルに繋がる
・換気扇を使っての臭い取りだけでは足りないと感じた方は、窓を開けて空気の通り道を作っておくこと
・塩素系漂白剤は酸性タイプの洗剤と混ぜることで有毒ガスが発生するので絶対に併用してはいけない、これは洗剤成分が残っている状態でも発生するので使い終わった後は必ず洗剤成分を飛ばすために水拭きや乾拭きが必須となる
・皮膚に付着してしまったり目に入ってしまった場合はすぐに流水で15分以上洗い流すこと、目に入ったときは洗い流した後に眼科医に診てもらうこと
・作業が終わった後は身体に付着している塩素系漂白剤を除去するために手洗いを行い、顔や目もきちんと洗うこと
・塩素系漂白剤を他の容器に入れて使用するのはNG

お風呂の天井の掃除をサボっていると?

お風呂の天井掃除をサボると、高確率でカビが発生します。

カビは元々発生すると胞子を散布してあちこちにまき散らし、繁殖するという性質があるのですが天井に発生して放置すると上から下に落ちてくる構図になるため一気に増殖する危険性があるのです。

また、カビの胞子だらけの空間にいると呼吸器系の病気を誘発する危険性があるため非常に危険です。

特に免疫力が低いお年寄りや子供は病気になりやすいため、浴室が危険な環境に早変わりします。

天井に発生してしまったカビは結構対処が面倒な部分がありますので、除去が大変という問題点もあるのです。

天井を掃除しても綺麗にならない時は?

今回紹介したやり方は塩素系漂白剤を用いたものなので、多少のカビでも落とせます。

それでも落とせないようなカビが相手の時はいくつかの方法があります。

1つ目が洗剤とカビが接触している時間を延ばすこと、つまり放置時間を長めにすることです。

2つ目がより強力な塩素系漂白剤を使うことで、スプレータイプを使っている方はボトルタイプに切り替えるといいでしょう。

まずはこの2つのやり方を試してみることからスタートしてください。

それでも落とせないのなら、何度か今回紹介した掃除を試してみるといいでしょう。

ここまでやってダメならその汚れはカビではないと判断して別の洗剤を用いるしかないでしょう。

クイックルワイパー以外で天井の掃除に役立つ道具は?

天井掃除で役立つのはクイックルワイパーなどの柄のついたモップです。

それ以外にもこちらの『天井ハイクリーナー SV-1303』といった道具を使うか、持ち運びしやすい脚立を用意するのもいいでしょう。

他にも『マイクロスワイプ天井ファンブラシ』のようなブラシタイプの掃除用具もありますので、それらの用具を上手く活用して天井を綺麗にしてください。

基本的には伸縮自在で柄のついているタイプの掃除道具が天井掃除には役立つのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は天井を掃除する時に役立つクイックルワイパーを浴槽掃除ではどのように使うのかを紹介しました。

お風呂掃除で役立つクイックルワイパーは天井掃除や高いところの壁掃除に大活躍なので、是非とも有効活用してもらいたい掃除用具の一つとなります。

塩素系漂白剤を用いた掃除にも使えますので、少しでも掃除の辛さを軽減するために役立ててもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました