普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

お風呂の汚れたドアのレールを綺麗にする掃除のやり方と注意点!

お風呂のドアのレールは二枚折りドアやスイングドアや3枚引き戸など様々タイプがあり、掃除の仕方もちょっと変わってきます。

今回はお風呂の汚れたドアのレールの掃除のやり方と注意点を紹介しつつ、ドアのレールを掃除する理由や掃除頻度をみていきましょう。

掃除してもなかなか綺麗にならない場合はどうしたらいいのか、お風呂の掃除をプロの業者に依頼したらくらいお金がかかるのかもチェックします。

スポンサーリンク

お風呂の汚れたドアのレールの掃除のやり方!

お風呂のドアのレール掃除は洗剤とブラシだけでもある程度は可能ですが、効率よく掃除するには必要な道具をそろえないといけません。

準備するものからしっかりと確認して行きましょう。

準備するもの

・チャンネルブラシ(先がL字になっているタイプ)
・ハンディワイパー
・ペーパータオル
・お風呂用中性洗剤
・ペーパータオル
・ウェットティッシュ
・ゴム手袋
・雑巾
・シーリング

やり方

こちらの動画は『掃除道具でここまでラクに!浴室ドアレールの簡単掃除術【お風呂掃除】』というタイトルで、お風呂のドアレールを掃除する方法について詳しく解説しています。

チャンネルブラシが以下に効果的に黒ずみを落とせるのかがよくわかる動画なので参考にしてください。

お風呂のドアレールの掃除方法

①ハンディワイパーを使ってドアレール近辺の埃をある程度除去する
②先がL字になっているチャンネルブラシを使ってドア全体の黒ずみを擦って落とす
③ドアレールの黒ずみもチャンネルブラシでしっかり除去する
④ある程度除去できたらウェットティッシュを使って汚れを拭き取る
⑤洗剤を全体的に噴射してペーパータオルで拭き取る
⑥全体的に汚れを除去したら乾いた雑巾で拭いて水気を飛ばす
⑦擦り洗いで隙間が発生してしまったらシーリングを使ってしっかりと埋める

注意点

・塩素系漂白剤を使わずに掃除する方法なので、ゴーグルやマスクは不要だがゴム手袋は着用すること
・チャンネルブラシを使って擦り落とすのがコンセプトであまりにもしつこすぎる黒ずみが相手だと落とせない可能性あり、その場合は強力な塩素系漂白剤を使って綺麗にする
・チャンネルブラシはかなり便利でお風呂の床や壁に発生する汚れに対しても擦り洗いだけで次々と汚れを落としてくれるが、チャンネルブラシは毛がかなり硬いため床や壁やゴムなどの素材を傷付ける可能性があるので要注意
・チャンネルブラシを使ってゴムパッキンなどを削ってしまった場合は、シーリングをつかって隙間を埋めること
・チャンネルブラシで傷を付けた状態で放置すると、その傷に黒カビが入ってしまった場合除去するのが非常に面倒なことになってしまうのでシーリングは必須になる
・塩素系漂白剤を使う場合は塩素系漂白剤そのものが流れてしまうことが多いので、必ずペータータオルやキッチンペーパーに染みこませて密着させるように用いること

ドアのレールを掃除する理由

ドアレールを掃除する理由はいくつかあります。

1つ目は黒カビが発生する確率が非常に高いので、黒カビを徹底的に除去するためです。

黒カビは放置するとスゴイ勢いで増えるだけではなく根が深くなり除去するのが困難になります。

お風呂や浴室のゴムの部分に黒カビが発生すると色素沈着が発生してしまい交換しない限りは黒ずみがとれなくなってしまうこともあるのです。

それ以外にも黒カビは胞子を大量に散布することで人体への悪影響まで引き起こしてしまうので、絶対に野放しにしてはいけません。

2つ目が見た目が非常に良くないので、見た目を改善するためです。

はっきり言って黒ずみだらけのお風呂やトイレは利用したいとは思えませんし、誰かにその状態を漏られたら100%マイナス感情を与えます。

そんなひどい状態を維持したいとは普通考えませんので、なんとかして掃除したいと行動に移すことでしょう。

3つ目が結果的にお金がかかる状況に追い込まれるからです。

黒カビは放置すればするほど圧倒的にしつこい汚れになり、最終的には素人がどうやっても落とすことができない汚れにまで到達してしまいます。

こうなると部品交換といった作業も必要になってしまうので、確実にお金がかかってしまうでしょう。

最悪レールだけではなく風呂のドアまで交換となった場合は洗剤やブラシの代金を遙かに上回るお金が必要になってしまいます。

お風呂のドアのレールの掃除頻度

基本的にお風呂の掃除頻度は3つに分けられています。

それは入浴後に簡単に行う毎日のお掃除1週間に1回程度の頻度で行う洗剤を使った比較的簡単な掃除1ヶ月に1回程度の頻度で行うカビ対策も交えた本格的な掃除の3種類です。

今回のお風呂ドアレールの掃除もこの3つのカテゴリーの中のどれかに当てはめてみると、ウェットティッシュやブラシや雑巾を用いた簡単な掃除は毎日実行することが可能だと思いますし、チャンネルブラシを使って黒ずみを除去するだけの掃除ならば1週間に1回程度やれば十分でしょう。

本格的な塩素系漂白剤やチャンネルブラシやラップやキッチンペーパーを使った掃除は1ヶ月に1回程度の頻度になると思われます。

このように掃除の仕方によって頻度を調整してください。

ただし、黒カビが発生した場合は頻度にこだわらず見つかり次第チャンネルブラシで削るか塩素系漂白剤を使って除去するようにしましょう。

掃除しても綺麗にならない場合は?

先ほど記載したように、放置されすぎた黒カビは根が非常に深くなるので塩素系漂白剤やチャンネルブラシを使っても完全に除去できない可能性があります。

その場合、交換できる部分なら交換対応をしないといけません。

黒ずみ対策には塩素系漂白剤を使うかチャンネルブラシなどを使って削り落とすかの2択になるのですが、どちらのやり方でも落とせない場合は色素沈着が発生しているか根が深すぎて落とすことができないと考えて諦めるしかないでしょう。

それかプロの業者に依頼するという考え方もあります。

お風呂の掃除業者の料金相場

お風呂の掃除をプロの業者に依頼した場合の料金相場はだいたい12,000円~18,000円です。

ただし、12,000円だと個人業者の可能性が高いので、個人業者を抜いて考えると15,000円~18,000円が相場となるでしょう。

また、こういった業者は掃除の内容が異なっている事もしばしばあるので、料金比較だけではなくどこまで掃除をしてくれるのかを比較する必要があります。

オプションを使って頼みたいことがある場合はオプションの料金も加味してください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はお風呂のドアレール掃除のやり方について紹介しました。

チャンネルブラシがあるとある程度の黒ずみは除去することができるので、チャンネルブラシだけでも是非購入してもらいたいです。

かなり安いブラシですが、お風呂掃除には強い味方となってくれるので使ってみてください。

黒ずみが面白いぐらい簡単に落とせますので、お風呂掃除がかなり楽になります。

ドアのレール以外の簡単掃除方法とポイント!

お風呂のドアのレールの汚れを落としたらその他の汚れも気になりませんか?

お風呂にはたくさん掃除をしなければならないところがありますので、ここではそれぞれの場所に応じた掃除方法について詳しく紹介していきます。

ぜひ参考にしていただいて清潔なお風呂を保ちましょう。

ドア

ドアのゴムパッキン

ドアの通気口

お風呂の床

お風呂のふた

エプロン

サッシ

天井

コメント

タイトルとURLをコピーしました