普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

お風呂のドアのゴムパッキンを綺麗にする掃除方法と頻度!

お風呂掃除は黒ずみが発生すると色々と手間ですが、その中でも特に面倒に感じるのがドアのパッキンの黒ずみです。

今回はお風呂のドアのゴムパッキンを綺麗にする掃除方法について解説し、具体的な掃除頻度についてもみていきたいと思います。

そもそも掃除をサボるとどうなってしまうのか、ゴムパッキンの汚れを防ぐ裏技はあるのかもみていきましょう。

スポンサーリンク

お風呂のドアのゴムパッキンを綺麗にする掃除方法!

お風呂のドアのゴムパッキンを綺麗にするには塩素系漂白剤が不可欠です。

黒ずみ対策には塩素系漂白剤がどこでも必須となるので必ず用意しておきましょう。

準備するもの

・ゴム手袋
・ゴーグル
・マスク
・塩素系漂白剤(しつこい黒ずみならボトルタイプの塩素系漂白剤)
・ブラシ
・ラップ
・キッチンペーパー
・雑巾
・ティッシュ
・タオル
・ステンレスヘラ
・割り箸

やり方

基本的に黒ずみが発生していた場合は塩素系漂白剤に頼ることになるのですが、こちらの動画はその塩素系漂白剤の使い方や選び方について解説しています。

タイトルは『超ガンコな浴室ドアのゴムパッキンに生えた黒カビ撃退法!』となっており、頑固な黒ずみに恨み骨髄の方々に見てもらいたい動画です。

塩素系漂白剤を使ったやり方

①ブラシを使って除去できる埃を取り除く
②U字型になっていて埃が落としにくい場合は割り箸にティッシュを被せてU字の内側に溜まっている埃を除去する
③乾いた雑巾を使って水気を除去する
④塩素系漂白剤を噴射する、特に黒ずみが発生している所は重点的に行う
⑤キッチンペーパーを上から貼り付ける
⑥その上からさらに塩素系漂白剤を噴射する
⑥塩素系漂白剤がより密着させるためにラップを被せる
⑦汚れがそこまでひどくないなら1時間、かなり汚れがひどい場合は半日以上放置する
⑧放置している間にドアの足下に発生している黒ずみをステンレスヘラで刃と床を平行にして刃を立てないように削り取る
⑨雑巾で拭き取る
⑩ドアの足下の黒ずみが落ちきらない場合は⑧と⑨を繰り返す
⑪サッシを含めた塩素系漂白剤噴射部分のラップとキッチンペーパーを剥がす
⑫ブラシで剥がした部分を擦り、カビがどれぐらい落ちているのかをチェックする
⑬ここでほとんどの黒ずみが落ちている場合は次に進む、黒ずみが残っている場合は先ほどのステンレスヘラで削る作業を実行する
⑭ここまでやってドアパッキンの黒ずみが落ちていない場合はより強力な塩素系漂白剤を使ってもう一度④から⑦を繰り返す
⑭黒ずみが落ちた場合は塩素が残らないようにタオルで抑えながらシャワーで洗い流す
⑮水気を完全に飛ばすために乾いた雑巾でしっかりと拭く

注意点

・黒カビが落ちない場合の対処方は密着時間を延ばすか、塩素濃度を高めるか放置時間を延ばすこと
・ステンレスヘラで削るときは刃を立てて力強く擦ると床に傷がついてしまうので要注意
・塩素系漂白剤を使う場合は皮膚へ付着した場合の影響がとても大きいことを考えて、マスクやゴーグルやゴム手袋を必ず着用すること
・塩素系漂白剤の色落ち力は非常に強力なので、色落ちしても大丈夫な服に着替えておくこと
・塩素系漂白剤は臭いもかなり強力なので必ず換気した状態で作業をすること
・強力な塩素系漂白剤を使っても黒ずみが落ちない場合は色素沈着が発生している可能性が高いので、この場合は諦めること
・塩素系漂白剤の効果をしっかりと発揮させるには塩素系漂白剤が黒カビに密着する必要があるため、邪魔になる水分や埃は先に除去する必要がある
・塩素系漂白剤が成分として残り続けると変色などの原因となってしまうので、使い終わった後は徹底的に洗い流すこと
・塩素系漂白剤と酸性洗剤が混じると有毒ガスが発生するので絶対に併用してはいけない

ドアのゴムパッキンの掃除頻度は?

基本的にお風呂掃除の理想的な頻度は毎日になります。

ただし、お風呂掃除には入浴後に簡単に行うお掃除と、1週間に1回程度の頻度で行う洗剤を使ったお掃除と、1ヶ月に1回程度の頻度で行うカビ対策も交えた掃除の3種類がありますのでドアのゴムパッキン掃除もこれらのカテゴリーの中に当てはめる必要があるでしょう。

結論を記載すると、ドアのゴムパッキンの劣化を防ぐために毎日簡単な掃除をすることが理想となります。

1週間に1回ぐらいはお風呂用中性洗剤を使って拭き掃除をするのも良いでしょう。

黒カビによる被害が発生してしまった場合は発見次第直ぐに掃除をしてください。

今回紹介した掃除方法はこの黒カビによる被害が発生してしまった場合の掃除方法となりますので、かなり大がかりな内容になっています。

頻度は意識しなくてもOKです。

毎日の掃除の場合は雑巾を使って水気を飛ばす程度でOKですので、そこまで負担はないと思います。

ゴムパッキンの掃除をサボるとどうなる?

ゴムパッキン部分の掃除をサボると色素沈着が発生し、さらにはゴムパッキンそのものが一気に劣化していきます。

黒ずみが発生してしまった場合は塩素系漂白剤を使って徹底的にカビ除去を行うことになるのですが、塩素系漂白剤はかなり強力ですので劣化しにくいゴムであったとしてもやはりダメージが発生してしまうのです。

特に黒ずみが強力すぎてボトルタイプの塩素系漂白剤を使った場合はそれだけ塩素濃度が濃くなるので、素材に対するダメージも増加します。

ゴムパッキンの黒ずみを放置し続けた場合は黒カビによる胞子がばらまかれるようになり、健康被害が発生するようになるのですが、放置期間が長すぎると黒ずみを除去するのも大変ということです。

また、傷だらけになってしまったゴムはそれだけカビ菌が入りやすくなってしまうので、除去しにくい汚れが発生しやすくなってしまいます。

ゴムパッキンの汚れを予防する裏技!

ゴムパッキンにおける最大の敵は黒カビによる黒ずみです。

この黒ずみを除去するには水気の拭き取りや換気を徹底的に行うことが重要になります。

カビは水気が全くない乾燥している場所ならば発生することはないのです。

そのため、お風呂を使い終わった後もしっかりと換気と拭き取りを行い水気を飛ばしてください。

また、こまめに掃除をして黒カビの原因を残さないことも重要となります。

ゴムパッキンの掃除に役立つ道具や洗剤

ゴムパッキンの掃除に役立つのは塩素系漂白剤とキッチンペーパーとラップです。

この3つがあれば、黒ずみは除去できるようになります。

ただし、放置されすぎた黒ずみが相手の場合はスプレータイプの塩素系漂白剤では刃が立たないことがありますので、ボトルタイプの塩素系漂白剤が必要になるでしょう。

黒カビによる黒ずみ以外ならステンレスヘラで削り落とせるので、ステンレスヘラを用意するのも有効です。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はお風呂のドアのゴムパッキン掃除についての内容をまとめました。

ゴムパッキンに発生する黒カビはボロボロのゴムほどしつこい汚れになってしまい、強力な塩素系漂白剤でも落としにくい状況になってしまいます。

そのため、黒カビが発生したら負けという考え方で対応し続けることが重要なのです。

一度塩素系漂白剤を使ってしまうと、使われた側の素材に何らかのダメージが発生してしまうということを覚えておきましょう。

ゴムパッキン以外を簡単に掃除する方法!

お風呂のゴムパッキンを今回は掃除しましたが、その他の場所もかなり汚れている可能性が高いです。

お風呂にはたくさん掃除をしなければならないところがあるので大変ですよね。

ここでは場所別の掃除方法を簡単にまとめたので、そちらをぜひ参考にしてみてください。

ここで紹介している掃除方法でお風呂をいつも清潔に保ちましょう!

天井

お風呂のふた

ドア

ドアのレール

ドアの通気口

エプロン

サッシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました