普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

簡単にできるお風呂のエプロンが外せないタイプの掃除のやり方!

お風呂の掃除は様々なやり方がありますが、そのお風呂の状況によって掃除の仕方が異なっている部位すらあります。

今回は外せないタイプのお風呂のエプロン掃除について詳しく解説し、お風呂のエプロンを掃除する理由はエプロンの汚れを放置するとどうなるのか、エプロンの掃除頻度はどれくらいがいいのかをチェックしていきましょう。

お風呂のクリーニング業者に依頼した場合の料金相場も確認して行きます。

スポンサーリンク

お風呂のエプロンが外せないタイプの掃除のやり方!

参考URL:https://bathlog.net/bath-apron

お風呂のエプロンは上の画像で矢印で図示している部分のことです。

指摘されればどこのことかは直ぐにわかると思います。

しかし、このエプロンには取り外しが可能なタイプと、取り外しが不可能または外すのが非常に困難なタイプがあり掃除の仕方が変わってきます。

今回は取り外しができないタイプの掃除方法のご紹介です。

準備するもの

・マスク
・ゴーグル
・ゴム手袋
・塩素系漂白剤
・浴室用中性洗剤
・ブラシまたはスポンジ
・雑巾
・キッチンペーパー
・ラップ

やり方

こちらはエプロンが取り外しできるタイプで取り外しをして掃除する方法を紹介している動画です。

掃除を全くしていないエプロンを外したらどうなってしまうのかがわかる動画なので、みる価値はありです。

外せるタイプのエプロンは内部に汚れが浸透しやすくなっているため、動画のようにとってもひどいことになりやすいのですが、外せないタイプのエプロンはここまで内部はボロボロにならないのでそこまで心配しなくても大丈夫です。

外せないタイプのエプロン掃除のやり方その1

①換気扇を回して窓を開けて換気する
②汚れがそこまでひどくない場合は浴室用の中性洗剤を全体的に噴射する
③スポンジやブラシで擦り洗いする
④シャワーで洗い流す
⑤乾いた雑巾で乾拭きしてしっかりと水気を飛ばす

外せないタイプのエプロン掃除のやり方その2

①換気扇を回して窓を開けて換気する
②汚れがひどい部分をまずは乾拭きしてしっかりと水気を飛ばす
③汚れがひどいところに重点的に塩素系漂白剤をスプレーする
④その上かキッチンペーパーを被せる
⑤キッチンペーパーの上からさらに塩素系漂白剤を噴射する
⑥その上からさらにラップをして塩素系漂白剤が流れ落ちないようにする
⑦1時間程度放置する
⑧ラップを剥がしてブラシやスポンジで擦り洗いをする
⑨シャワーで洗い流す
⑩乾いた雑巾で乾拭きしてしっかりと水気を飛ばす

注意点

・エプロンがないタイプの浴槽は汚れたお湯が入り込む隙間がないので強引に外す必要はない
・そこまで汚れていない場合は通常の浴室用洗剤でも十分に汚れを落とせる
・塩素系漂白剤はクエン酸などの酸性洗剤を混ぜてしまうと有毒ガスが発生するので絶対に併用してはいけない
・塩素系漂白剤はかなり強烈な洗剤なので絶対に皮膚に付着しないよう、ゴーグルやマスクやゴム手袋をしっかりと装着すること
・塩素系漂白剤の成分が残ってしまうと素材を痛める可能性が高いので、綺麗に洗い流すこと
・カビを除去するには強力な洗剤にしっかりと密着させることが重要、水分が先に付着していると洗剤の効果が分散してしまう、先に雑巾で拭いて乾燥状態にすることが重要
・キッチンペーパーとラップを使うと洗剤成分がしっかりと密着するのでうまく活用すること

お風呂のエプロンを掃除する理由

お風呂のエプロンを掃除する理由はいくつかあります。

1つ目は汚れていると景観を大きく損なうからです。

お風呂場のエプロンは必ずと行ってもいいほどにお風呂に入るならばみる場所なので、その部分が汚れているととっても目立ちます。

そのため、掃除する理由の一つにこういった景観を整えることが当てはまるのです。

2つ目がエプロンが汚れているということはお風呂掃除そのものをサボっている可能性が高く、黒カビが発生しているのならお風呂場が雑菌やカビだらけです。

エプロンは先ほど指摘したように非常に目立つ場所となっています。

この目立つ場所の掃除をしていないということはお風呂掃除そのものの頻度が足りていない可能性が高いので、警告として受け入れて対応しなければいけないでしょう。

お風呂のエプロンの汚れを放置すると?

お風呂のエプロンの汚れを放置しているということは確実にお風呂場の掃除そのものをサボっている可能性が高いです。

お風呂場の汚れを放置しすぎているとカビや雑菌だらけになってしまい、非常に不衛生な環境が誕生してしまうでしょう。

特に厄介なのが黒カビの存在で、黒カビが大量に発生しているとお風呂場全体が胞子だらけになってしまいます。

人間がカビの胞子を吸い込むと少量ならばそこまで悪影響は出にくいのですが、大量だと喘息といった呼吸器系の病気を引き起こす危険性があり環境的に最悪となってしまいます。

特に長湯する人はそれだけ黒カビの胞子を吸い込むことになるので、非常に危険です。

同じように水回りのトイレも黒カビが発生する可能性はありますが、滞在期間が長いお風呂場の黒カビのほうが人体への悪影響も強く出てしまうリスクを秘めているので黒カビは危険なサインだと考えてください。

お風呂のエプロンの掃除頻度

お風呂のエプロンは外して掃除するタイプならば半年に一回といった頻度が推奨されますが、外さない掃除の場合は壁や床の掃除とセットで行うことができるので1週間に1回程度はしっかりと洗剤を使って掃除をしてもらいたいです。

クエン酸水や重曹を使った簡易的な掃除ならば毎日行うことも可能なので、簡単な掃除は毎日が理想となっています。

ただし、お風呂は使用頻度によって汚れていくスピードもかなり変わってくるので、ひとり暮らしという人は減らしても問題なしとなりますし、逆に大家族で使用頻度が多めのお風呂場の場合は掃除頻度を増やした方が良いでしょう。

黒カビができる前にまずは赤カビが発生しますので、赤カビができたら黄色信号と判断して本格的な掃除が必要と判断してください。

お風呂のクリーニング業者の料金相場

お風呂のクリーニング業者の料金相場は1箇所に付き12000円から18,000円になります。

ただし、お風呂場の広さや業者やオプションによって値段はかなり上下するので注意しましょう。

たとえば、ダスキンだと浴室掃除料金が約2万円でカビ防止コートが約4,500円、浴槽エプロン内部のクリーニングが約4,500円となっていました。

このようにエプロン内部の掃除は別料金となっているのが基本で、それ以外にもカビ防止コートや鏡の水垢除去&コーティング仕上が別料金になっていることが多いのです。

業者に依頼をする時は、どこまでが基本料金に含まれているのかをチェックしつつ依頼するのかを考えましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はお風呂のエプロンが外せないタイプの掃除方法を紹介しました。

外せないタイプのエプロンは中に水が浸透することですさまじい汚れが発生することがあるのですが、外せないタイプはそもそも水が浸入できなくなっているのでそこまで汚れないようにできているのです。

無理矢理外せるという意見もありますが、個人的に無理矢理剥がして水が入りやすい状況を作ってしまうことが問題だと思いますので、外せないタイプは外しての掃除は不要でラッキーと考えて行動した方が良いと思います。

お風呂のエプロン以外の簡単掃除方法!

今回はお風呂のエプロンの掃除について詳しくみていきましたが、その他にもお風呂にはたくさん掃除をしなければならないところがあります。

ここではエプロン以外の掃除方法についてまとめたので、ぜひ参考にしてお風呂を清潔に保ちましょう。

それでは早速みていきましょう。

お風呂のふた

サッシ

ドア

ドアのゴムパッキン

ドアのレール

ドアの通気口

天井

コメント

タイトルとURLをコピーしました