普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

簡単にできる風呂釜の掃除のやり方とポイントを解説!

風呂釜掃除は今ではとても便利な道具ができたためにだれでもあっさりと確実にキレイにすることができます。

今回は簡単にできる風呂釜掃除のやり方とポイントを解説しつつ、具体的にどういった製品を使うのか、風呂釜の汚れを放置するとどうなるのか、お勧めの掃除頻度はどれくらいかを見ていきましょう。

風呂釜の種類で掃除の仕方も異なりますので、まずは自分の家の風呂釜がどうなっているのかを見ていください。

スポンサーリンク

簡単にできる風呂釜の掃除のやり方!

風呂釜には1つ穴と2つ穴があり、穴の数によって掃除の仕方が変わります。

今回は1つ穴用のやり方と2つ穴用のやり方を紹介します。

準備するもの

1つ穴用の風呂釜掃除用具

スクラビングバブル 風呂釜洗浄剤 ジャバ 1つ穴用
・タオル

2つ穴用の風呂釜掃除用具

スクラビングバブル 風呂釜洗浄剤 ジャバ 2つ穴用
・タオル

やり方

風呂釜掃除をするには基本的にジャバを使います。

他にも酸素系漂白剤を使ったやり方がありますが、個人的にジャバが最も簡単だったのでこれを推したいです。

やり方もとっても簡単なので、まずは動画を見てやり方をイメージできるようになってください。

また公式ホームページにもやり方が詳細に書いてあるので、そちらも確認すると良いでしょう。

1つ穴用の風呂釜掃除方法

①風呂釜の穴よりも約5cm上くらいまで水量を調整する
②一箇所に固まらないように気をつけながらジャバを投入する
③直接触らないように気をつけながらお風呂掃除用のブラシなどでかき混ぜる
④5分ほど追いだき運転をする、汚れがひどい場合は追いだき時間を延ばす
⑤10分程度放置する
⑥排水する
⑦洗浄剤成分が多少残るのでシャワーで洗い流す
⑧追いだきではなくシャワーや蛇口を使って水を約5cm上までためる
⑨5分程度追いだきする
⑩排水する
⑪シャワーで洗い流す
⑫タオルで拭いて水気を飛ばす

2つ穴用の風呂釜掃除方法

①浴槽の穴に湯止めカバーがあれば外す
②40℃のお湯を上穴の上まで入れる
③下の口から勢いよく洗浄剤を入れる、容器の底部を10回位ほど押し込んで洗剤全部を投入する
④容器を外して2分程度追いだきして循環させる
⑤お湯をはったままシャワーを下の穴に押し当てて勢いよく水を注入し循環させる
⑥排水する
⑦シャワーで洗い流す
⑧タオルで拭いて水気を飛ばす

注意点

・残り湯が熱いと追いだきが反応しないのである程度冷ましておくこと
・最初の追いだき時間は掃除間隔がかなりあいてしまったり、初めて掃除する場合は長めにすること
・ヒートポンプ式の給湯器の場合は1つ穴でも2つ穴でも勝手が違うので、メーカーの取扱説明書で確認するかメーカーに問合せを行うこと
・ジェット機能の配管や24時間風呂の配管にも対応しているが念のためメーカーの取扱説明書で確認するかメーカーに問合せを行うこと
・2つ穴タイプで下の穴にシャワーで水を入れる行程では、上の穴から高温のお湯が勢いよく出てくるので要注意
・1つ穴と2つ穴では汚れの付き方が異なるのでその汚れの付き方に合わせて製品の成分も異なっている、成分が異なるので適応するジャバを必ず使うこと
・入浴剤が入った残り湯でも使えないことはないが、何も入っていない残り湯の方が効果的であるのでジャバを使う日は入浴剤は使わないこと
・そもそもの追いだき表記が風呂釜メーカーによって異なるので注意

風呂釜の汚れを放置していると?

風呂釜の汚れを放置すると配管内部に雑菌が大量繁殖するようになり、追いだきで出るお湯が非常に汚れたものとなってしまいます。

いわゆる水質が汚染された状態になりますので、汚染されたお風呂に浸かるとむしろ汚れてしまう可能性が高いのです。

実際に繁殖してしまう細菌の種類も豊富で大腸菌群やブドウ球菌やレジオネラ菌など悪い意味で色々と揃っています。

特に厄介なのがレジオネラ菌で、このレジオネラ菌は繁殖力が強く免疫力が弱い子供やお年寄りに感染してしまう恐れがあります。

実際にこのレジオネラ菌対策として各自治体は公衆浴場などでレジオネラ菌が発生しないような条約を作っているレベルなのです。

こういった人にとって有害な細菌まで発生してしまう恐れがありますので、定期的に風呂釜掃除をすることが推奨されています。

オススメの掃除頻度はどのくらい?

お勧めの掃除頻度はジャバの製品ホームページのQ&Aにも記載してあるように、1ヶ月に1回程度が推奨されています。

というのも、こういった配管内部の汚れは目に見えませんので汚れているかどうかがわかりにくいのです。

紹介した動画で湯垢が水面に浮いてくるとかお湯が白く濁るといった状態になったら掃除のサインと紹介していますが、こういったサインが出る前に対処した方が良いでしょう。

それを踏まえた上で1ヶ月に1回程度がやはり理想だと思います。

風呂釜の種類によって掃除のやり方が異なる?

先ほど記載したように風呂釜には1つ穴か2つ穴の2種類がありますので、どちらに属しているのかで掃除の仕方が異なります。

1つ穴タイプは湯を吸い上げる配管とお湯を出す配管が一緒になっているタイプで、2つ穴タイプが下の口が冷たい水を吸い込み上の口がお湯をはき出すといった構造になっています。

1つ穴タイプは給湯器の中にあるポンプがあり、このポンプを使って勢いよく循環させるので2つ穴タイプよりも配管内部の水の移動スピードが速く汚れが溜まりにくいという特徴があります。

つまり、2つ穴タイプの方が汚れが溜まりやすいのです。

先ほど頻度のお話もしましたが、2つ穴タイプの方が頻度が多めの方が良いかもしれません。

ちなみに、汚れが溜まりやすくお湯が冷めやすいという特徴がある2つ穴タイプは新しいタイプの風呂釜にはほぼ存在せず、2つ穴タイプの風呂釜は古いタイプとなっています。

風呂釜を清潔に保つ方法は?

風呂釜を清潔に保つには今回紹介したジャバなどを使って定期的に清掃するしかないでしょう。

はっきり一定配管内部は見えないので定期的に掃除をしてキレイにするしか対処方がありません。

お風呂を使うとどうしても垢などの汚れは出てしまうので配管内部は汚れます。

汚れそのものを防止するのはちょっと難しいので、定期的に掃除をして汚れが蓄積できないようにするのが一番でしょう。

ただし、そもそも家にいないので風呂を使っていないという人は汚れるスピードもかなり遅くなりますので、風呂に入らなければ風呂釜は汚れないとも言えます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は風呂釜の掃除方法を紹介しました。

基本的にはジャバのような洗剤を使うとかなり簡単に終わるので、ジャバを使ってもらいたいです。

筆者も使っていますがかなり簡単に終わりますので本当にお勧めできます。

汚れのサインが出てからではやっぱり遅いと思いますので、自分から行動してキレイにすることを心がけた方が良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました