普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

お風呂の汚れた天井を簡単に掃除する方法!掃除をサボると?

お風呂の汚れた天井はなかなか掃除がしにくいためついついサボってしまいがちです。

今回はこのお風呂の天井を簡単に掃除する方法について紹介しつつ、天井掃除をサボるとどうなってしまうのか、お風呂の天井の掃除頻度はどの程度が良いのか、掃除してもなかなか綺麗にならなかったときの対処方はどうすれば良いのかをみていきましょう。

プロの清掃業者にお風呂掃除を依頼するときの料金相場についても確認して行きます。

スポンサーリンク

お風呂の汚れた天井を簡単に掃除する方法!

お風呂の天井掃除は、壁や床掃除とは個となる部分が多々あるので注意すべきポイントも変わってきます。

天井を掃除する時に意識しなければいけないことにも注目しつつみていきましょう。

準備するもの

・フロアワイパーorガラスワイパー
・ドライシートor柄付きスポンジ
・マイクロファイバータオル
・塩素系漂白剤
・レインコート
・ゴーグル
・マスク
・ゴム手袋
・防かび剤
・刷毛
・脚立や乗っても大丈夫な椅子(お風呂用はNG)

やり方

こちらの動画はお風呂の天井掃除をする時の注意点をしっかりと伝えながら掃除している動画となりますので、是非とも見てもらいたいです。

この注意点はおろそかにすると怪我に繋がる注意点ばかりなので、おろそかにしてはいけません。

お風呂の天井掃除のやり方

①浴室の窓やドアを開けて換気扇を回す
②ゴーグル・マスク・ゴム手袋・レインコートを全部着用する
③フロアワイパーやガラスワイパーにドライシートを取付ける、天井がモルタルの場合は押しつけることが可能な柄付きスポンジを用意する
④ドライシートやスポンジに塩素系漂白剤を染みこませて天井を満遍なく拭いて洗剤を塗りつける
⑤全体的に塩素系漂白剤を塗りつけたら10分程度放置する
⑥スポンジの場合は徹底的に水洗いをしてドライシートならば新しいモノに取り替えて水拭きをして洗剤分を飛ばす
⑦細かい部分は拭き取ることができないので、椅子や脚立に乗ってマイクロファイバータオルを使って拭き取り残っているカビを絡め取る
⑧スポンジを使った場合は乾かし、ドライシートならばもう一枚新しいのに切り替えて乾拭きして水気を飛ばす
⑨刷毛に防かび剤を塗って天井をコーティングする

注意点

・塩素系漂白剤を天井に吹き付けてカビを除去するというやり方もあるが、これは天井から塩素系漂白剤がたれてくる可能性が非常に高いので完全防備をした状態じゃないとお勧めできない、特に天井掃除は上を向いて行うので顔に塩素系漂白剤が付着する可能性があるので非常に危険
・塩素系漂白剤が皮膚に付着してしまった場合は多量の流水で洗い流すこと
・スポンジやドライシートに塩素系漂白剤を染みこませてワイパーで掃除する時はワイパーの真下に立たないようにすること、真下にいると液だれの被害に遭いやすい
・マイクロファイバータオルを使って天井を掃除するときは絶対にお風呂用の椅子を使ってはいけない、この椅子は座るために作られているのでこの上に立つのは非常に不安定になる
・脚立や椅子を使う場合は置く場所が濡れていないかどうかを必ずチェックすること、濡れていた場合は雑巾で拭き取って必ず乾燥させること
・あまりにもカビがひどい場合は直接塩素系漂白剤を付着させる必要があるが、その場合はジェルタイプの塩素系漂白剤を使うか塩素系漂白剤に片栗粉を1:1の割合で混ぜてペーストにして用いること
・天井に付着した塩素系漂白剤を洗い流すときにシャワーで洗い流すことを推奨している人がいるが、これは塩素系漂白剤が混じっている水が天井から落ちてくる原因となるのでお勧めできない、フロアワイパーやガラスワイパーを使って水拭き対応にすること
・塩素系漂白剤は酸性洗剤と混ぜると有毒ガスが出てくるので絶対に併用しないこと
・防かび剤を使うと天井のカビ被害はだいぶ抑えられるので、掃除が終わったら使っておくと便利

お風呂の天井の掃除をサボると?

お風呂の天井掃除をサボると動画のように黒カビが大量発生します。

水回りの掃除をサボると至る所に黒カビが発生するのですが、お風呂の天井に発生してしまった場合は黒カビによる被害も倍増するのです。

というのも、天井で黒カビが発生すると天井からカビ菌が降り注ぐようになるのでお風呂場全体がカビだらけになる可能性があります。

浴室中がカビ菌だらけになってしまうと皮膚に付着したりカビを吸い込む確率がアップするため、皮膚炎といった皮膚のトラブルや喘息などの呼吸器系のトラブルを引き起こす可能性が出てきます。

お風呂の天井は掃除しにくいのですが、天井に発生したカビは非常に悪さをしやすいので意識して除去する必要があるということを覚えておきましょう。

お風呂の天井の掃除頻度は?

お風呂掃除は簡単な掃除は毎日、ちょっと本格的な掃除は1週間に1回程度、塩素系漂白剤を使った超本格的な掃除は1ヶ月に1回程度の頻度となっています。

この区分けに天井掃除も当てはめて、天井を熱湯処理してワイパーで軽く拭くという掃除は毎日行い、今回紹介した徹底的なカビ対策は1ヶ月に1回程度の頻度で行うと良いでしょう。

1週間に1回程度の掃除に天井掃除を加える場合は塩素系漂白剤ではなくお風呂用中性洗剤といったそこまで強力ではない洗剤を使うのもありだと思います。

天井掃除を毎日意識して簡単に行い、さらに徹底的な掃除のタイミングで防かび剤を塗布するといった対応をすれば黒カビ発生確率は一気に落とせますので、意識して掃除し続けてください。

掃除をしても綺麗にならないときは?

お風呂の天井で悪さをする汚れはほとんどが黒カビです。

この黒カビが今回紹介した塩素系漂白剤をドライシートやスポンジに塗布して塗りつけるやり方でほぼ落ちます。

これでも落ちない場合はものすごくしつこすぎるカビが発生しているときでしょう。

この場合は先に紹介したようにジェルタイプの塩素系漂白剤か塩素系漂白剤に片栗粉を混ぜてペースト状にしたものを貼り付けて1時間程度放置するという対応をしてください。

このとき、剥がれ落ちないように天井にラップをするのもいいでしょう。

しつこすぎるカビへの対策は、より濃度が濃く強力な塩素系漂白剤を使うか密着時間を長くするのかのどちらかになりますので、こういった対応が必要なのです。

お風呂の掃除業者の料金相場は?

しかし、あまりにも黒カビがひどすぎる場合は手に負えないのでプロに依頼するのも良いでしょう。

お風呂掃除を業者に依頼した場合、個人業者を除いた相場はだいたい14,000円~16,000円となります。

ただし、掃除の内容が多少異なっていたりオプションの価格が異なっていることもありますので、値段だけで判断しないようにしましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はお風呂の天井掃除のやり方についてまとめました。

お風呂の天井掃除は塩素系漂白剤を使う必要があるのですが、液だれが非常に怖いので液だれ対策は必須となります。

液だれが非常に怖いので直接スプレータイプの塩素系漂白剤を使うのは避けた方が良いでしょう。

慣れている人ならば完全防備をしてスプレータイプの塩素系漂白剤を使いササッと掃除することも可能ですが、一般的な主婦の方は無理にリスクを背負う必要はないと思います。

お風呂の天井以外の掃除のやり方!

お風呂の天井を綺麗にした後は、床やドアなどを綺麗にすることをオススメします。

お風呂全体を掃除して綺麗にしないと結局汚れやすい状況が続くので、何日にか分けてでもいいので隅々まで掃除を行いましょう。

そんな時にここで紹介する掃除のやり方を参考にしてください。

ドア

ドアのゴムパッキン

ドアのレール

ドアの通気口

お風呂のふた

エプロン

サッシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました