普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

シャワーヘッドについたカルキ汚れを綺麗に落とす掃除方法!

シャワーヘッドを綺麗にするにはいわゆる掃除の御供であるものを使う必要があります。

今回はこのシャワーヘッドについたカルキ汚れを綺麗に落とすにはどういった方法を実行すれば良いのかを紹介致します。

カルキ汚れができる原因は何か、そもそもカルキって何なのか、カルキ汚れがなかなか落ちない時の対処方はどうすれば良いのか、シャワーヘッドをできるだけ綺麗に保つためにはどうしたら良いのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

シャワーヘッドについたカルキ汚れを落とす掃除方法!

シャワーヘッドについたカルキ汚れを落とす方法はクエン酸を使ったやり方です。

分解できるのなら分解する必要がありますが、分解できないのなら動画のようにキッチンペーパーを貼り付けましょう。

準備するもの

・クエン酸
・バケツか洗面器
・キッチンペーパー
・スプレーボトル
・ゴム手袋
・爪楊枝
・綿棒
・古歯ブラシ
・スポンジ
・マイクロファイバークロス
・プラスチックのヘラやカーボンスクレーパー
・ドライバー
・シャワーの説明書

やり方

こちらの動画は『【掃除】オキシクリーンで全く落ちない!しぶといカルキ汚れをクエン酸で落としてみた!!』というタイトルで、クエン酸とキッチンペーパーを使ってシャワーヘッドのカルキ汚れを落としている動画となります。

解体できない場合はこのようにキッチンペーパーを貼り付けてカルキ汚れを落としましょう。

クエン酸を使ったシャワーヘッドのカルキ汚れの落とし方

①まずは説明書を読んでどのような構造になっているのかを確認し、使える洗剤が何かを確認する
②分解できた場合は洗面器やバケツにぬるま湯を1リットル程度入れて、クエン酸を大さじ1杯投入しクエン酸水を作ってそこにO-リング以外の分解したパーツを投入する、分解できなかった場合はキッチンペーパーとスプレーボトルを用意しスプレーボトルに水200mlとクエン酸小さじ1杯を入れてクエン酸水を作りキッチンペーパーをクエン酸水で湿らせてシャワーフックを密着するように包み込む
③1時間程度放置する
④放置が終わるとある程度よごれがおとしやすくなっているので、古歯ブラシを使って大まかな汚れを落とし穴に付着している汚れは爪楊枝で除去する、水垢がまだ落ちていない場合は歯ブラシやスポンジで削り、それでもダメならプラスチックのヘラやカーボンスクレーパーで削る
⑤水洗いしながらスポンジで全体を擦り洗いする
⑥バラバラにしたシャワーヘッド全体を水ですすぐ
⑦タオルで水分を拭き取る
⑧バラバラにしたシャワーヘッドを元に戻す

注意点

・シャワーヘッドの種類によっては洗剤に使用制限があり、一部ではありますが洗剤を使ってはいけないと指摘される場所があるというケースがあるのでまずは説明書を見ること
・分解作業も説明書があればある程度わかってくるので、必ず説明書を確認すること
・O-リング(ゴムパッキン)は高級品だとクエン酸を使っても影響がないが汎用品のO-リングだと影響をもたらしてしまうケースがあるので別々にしてクエン酸を用いないで洗うこと(詳しくはこちら(http://www.sakura-seal.co.jp/article/15149281.html)を参照)
・キッチンペーパーを貼り付ける場合はより密着させるためにラップで覆ってあげると効果が上がる
・シャワーヘッドの外側は頑丈なので削り取って水垢を除去することもできるが、内側は傷つきやすいパーツが多いので強く擦ってはいけない
・浄水器などがついているシャワーヘッドの場合はフィルターやカートリッジなど部品点数が多いので、分解作業中にパーツを壊したり無くしたりしないようにすること
・クエン酸の濃度を濃くするとそれだけ水垢に対する除去能力もアップするが、濃度を上げると皮膚に付着したときの影響や素材に対してダメージを与えてしまう可能性も上がるので要注意

カルキ汚れができる原因は?

そもそもカルキとは何なのかをまずは解説します。

カルキとは水酸化カルシウムに塩素を加えてできる『次亜塩素酸カルシウム』のことです。

別名『さらし粉』や『塩化石灰』なのでこちらの名前で知っているという人もいるでしょう。

水道水には微生物を殺菌して消毒するためにこのカルキが含まれているのですが、強い殺菌力があるということで健康に対する悪影響が出ると心配する人が増えたのです。

また、このカルキにはカルシウムが含まれているので、水垢のような白い汚れはカルキ汚れと認知されるようになりました。

しかし、現在の水道水は昔使っていた粉末のカルキではなく液体のカルキを用いるのが主流となっているので厳密には水垢はカルキではありません。

実際に水垢の成分はカルシウム以外にナトリウムやマグネシウムやカリウム、そしてケイ素が含まれているので水垢=カルキではないのです。

しかし、水垢=カルキという認識が広まってしまったので、今では言葉の変化によって水垢そのものがカルキとして扱われているようになりました。

カルキが水垢と考えれば原因もわかる

カルキは水垢として扱われているため、水垢が発生する原因そのものがカルキが発生する原因と言えるでしょう。

つまり、水分に含まれているミネラル成分が水が蒸発すると残ってしまうことにあります。

残留されたミネラル成分は放置すると石のように硬くなってしまってなかなか落ちない汚れとなってしまいます。

カルキ汚れが落ちない時ときの対処法!

カルキ汚れが落ちない場合の対処方は大きく分けて4つです。

1つ目はクエン酸といった酸性洗剤に長時間触れるようにすること、2つ目はより強力な酸性洗剤を使うこと、3つ目が強引に削り取ること、4つ目がシリカスケールであると判断してシリカスケール用の洗剤を用意して用いることです。

4つ目は特殊な洗剤を使う特別なやり方となりますので、とりあえず残りの3つで試してください。

シリカスケールを落とすためには専用の洗剤が必要ですが、取り扱いが難しい洗剤が多いのであまりシリカスケール対策はそこまで意識しない方が良いと思います。

シャワーヘッドの掃除する頻度は?

シャワーヘッドを掃除する頻度は1週間に1回程度で十分でしょう。

本格的な分解掃除は1ヶ月に1回程度にして、洗剤を使った表面の掃除を1週間に1回と考えてください。

他にも水分を除去するための毎日のケアは必要ですので、お風呂場の水気を飛ばすときにシャワーもきちんと拭いてください。

シャワーヘッドを綺麗に保つコツ!

シャワーヘッドを綺麗に保つには、使った後にしっかりと水を切って乾燥させることです。

お風呂に最後に入った人は上下に振ってしっかりと水を切り、タオルなどで拭いてください。

あとは湿気がこもりにくい高いところに設置してシャワーに水滴がつかないようインしましょう。

そして換気扇を回して浴室の湿度を下げるようにすれば予防に繋がります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はシャワーヘッドのカルキ汚れを除去する方法を紹介しました。

基本的にはクエン酸を使った掃除でカルキ汚れは除去できますので、クエン酸を活用しましょう。

分解するのが難しい場合はクエン酸水のスプレーとキッチンペーパーを使って貼り付けましょう。

これだけでも水垢は落としやすくなります。

しつこい水垢が相手の場合は、柔らかくした後に削り落としてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました