普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

クエン酸を使ったシャワーヘッドを綺麗にする掃除方法!

お風呂場掃除は水垢をどれだけ綺麗にするのかがポイントなので、クエン酸に頼っているという人も多いでしょう。

今回はそんなクエン酸を使ってシャワーヘッドを綺麗にする掃除方法を紹介します。

そもそもシャワーヘッドを掃除するタイミングはいつが良いのか、クエン酸でも綺麗にならない汚れはどうしたら良いのか、シャワーヘッドの汚れの原因は何なのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

クエン酸を使ったシャワーヘッドを綺麗にする掃除方法!

クエン酸を使ったシャワーヘッドを掃除する方法はかなり簡単です。

とりあえず分解可能ならば分解する必要があるので、工具も用意しましょう。

準備するもの

・クエン酸
・バケツか洗面器
・ゴム手袋
・古歯ブラシ
・爪楊枝
・スポンジ
・タオルや雑巾
・シャワーの説明書
・ドライバー

やり方

こちらの動画は『シャワーヘッドは意外と汚い!? シャワーヘッドのお掃除方法 – くらしのマーケット』というタイトルで、クエン酸を使ったつけ置き洗いの方法を紹介しています。

基本的にこのやり方の通りにクエン酸を使って洗っていきますので、まずは動画を確認して下さい。

クエン酸を使ったつけ置き洗いの方法

①シャワーの説明書で分解できるかまたは分解する方法はどうなっているのかを確認する
②シャワーヘッドをホースから取り外し、穴が空いている散水板やフィルターなどを取り外す
③洗面器やバケツにぬるま湯を1リットル程度入れて、クエン酸を大さじ1杯投入しクエン酸水を作る
④作ったクエン酸水にバラバラにしたシャワーヘッドを入れる、分解できないのならシャワーヘッドをそのまま入れる
⑤1時間程度つけ置きするため放置
⑥放置が終わるとある程度よごれがおとしやすくなっているので、古歯ブラシを使って大まかな汚れを落とし穴に付着している汚れは爪楊枝で除去する
⑦水洗いしながらスポンジで全体を擦り洗いする
⑧バラバラにしたシャワーヘッド全体を水ですすぐ
⑨タオルで水分を拭き取る
⑩バラバラにしたシャワーヘッドを元に戻す

注意点

・構造的に外せないタイプのシャワーヘッドも中には存在しているので、外せないシャワーヘッドならば無理に分解しないこと
・メーカー事に分解方法は異なるので必ず説明書を見て確認しながら作業を行うこと
・分解するとネジやパッキンなどの細かいパーツが出てくるので、なくさないように注意すること
・散水板はネジ止めされているケースもあるが回転して外せるケースもあるのでどんなタイプなのかをよく確認すること、ネジ止めタイプを無理矢理回転させると壊れるので要注意
・シャワーヘッドにあるパッキンはホコリなどがついている状態で元に戻すと水漏れする危険性があるので、できるだけホコリがつかないようにすること(理想はウェスとアルコールを使ってパッキンを拭く)
・シャワーヘッドは外側はかなり頑丈に作られているので傷がつきにくいのだが、内側のパーツは傷つきやすくなっているケースが多いので強く擦り洗いするのはNG
・浄水器などがついているシャワーヘッドの場合はフィルターやカートリッジなど部品点数が多いので、分解作業中にパーツを壊したり無くしたりしないようにすること
・クエン酸の濃度を濃くするとそれだけ水垢に対する除去能力もアップするが、濃度を上げると皮膚に付着したときの影響や素材に対してダメージを与えてしまう可能性も上がるので要注意
・クエン酸はお酢でも代用可能だが金額的にもったいないので、お酢を使う場合は賞味期限が切れてしまったお酢を用意すること
・お酢を使う場合はお酢と水の割合が1:6になるように調整すること
・お酢は黒酢やポン酢のような調味酢だとべたべたして大変なことになるので、使う場合は穀物酢に限定すること

シャワーヘッドを掃除するタイミングは?

シャワーヘッドを掃除するタイミングは1ヶ月に1回程度で十分ですが、外側は水垢が発生する確率がかなり高いのでお風呂場を中性洗剤で掃除するタイミングで一緒に掃除しましょう。

ただし、お風呂場はどのように毎日ケアをしているのか、どれだけ多くの人達が使っているのかで汚れるスピードが大きく異なる場所なので、1ヶ月に1回程度という頻度もあくまで目安の一つと認識して下さい。

個人的な意見ですが、シャワーの穴のどれかから詰まりが発生していたり変な方向に水が飛ぶようになっている場合は汚れが溜まっていると考えて分解掃除するようにしています。

こういったサインを見逃さないことが大切です。

クエン酸でも綺麗にならない場合は?

クエン酸を使って掃除すると水垢除去はもちろんですが、ちょっとした黒カビまで対応できます。

今回紹介したやり方でもダメだった場合は相当しつこい黒カビが発生している可能性が高いです。

普通なら塩素系漂白剤を使って黒カビ退治に勤しむのですが、シャワーヘッドと塩素系漂白剤は基本的に相性が良くないのでメーカー側からあまり使ってはいけないという指摘があるのです(参考URL:http://ienokoto.top/wp01/shower-kabi-killer)。

オーテックや株式会社MTGや株式会社田中金属製作所の意見を見てみると、重曹や中性洗剤での洗浄が求められているので、塩素系漂白剤はあまり使わない方が良いと思います。

あまりにもひどすぎる汚れが発生している場合は、シャワーヘッドを交換することを考慮して下さい。

シャワーヘッドの汚れの原因は?

シャワーヘッドの汚れの原因は水垢・皮脂汚れ・石鹸カス・黒カビの4種類が主体です。

これらの汚れが蓄積されることでシャワーヘッドがボロボロになって行きます。

ただし、黒カビが発生するのはもはや最終段階なのでまずは黒カビ以外の3つが蓄積されていくと考えて下さい。

この3つの汚れが溜まって行くことで黒カビの栄養素となる汚れの類いがシャワーヘッドの内部にまで浸透してしまい黒カビが発生しやすくなってしまいます。

また、水垢や皮脂汚れや石鹸カスが溜まってシャワーの穴詰まりに繋がると水の出が悪くなったり様々な方向に飛び散ってしまうようになるのでかなりわかりやすいでしょう。

シャワーヘッドを綺麗に保つ方法!

シャワーヘッドを清潔に保つにはできるだけ水滴がつかないように意識することです。

簡単なのが毎日お風呂に入った後はお風呂場全体を掃除しているという人も多いと思うのですが、そのタイミングで必ずシャワーヘッドの水滴も除去するようにして下さい。

それだけでも綺麗に保つことができるようになります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はクエン酸を使ったつけ置き洗いの方法を紹介しました。

かなり簡単な掃除方法ですので、分解して掃除したことがないという人は一度試してもらいたいです。

分解作業も分解可能なタイプのシャワーヘッドならかなり簡単なので、ドライバーを使ったことがほとんど無いという人でも挑んで欲しい作業となります。

シャワーヘッドによってはドライバーいらずで簡単に外せますので、まずはどういった構造になっているのか説明書を見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました