普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

お風呂の鏡についた水垢を歯磨き粉で落とす掃除方法とポイント!

お風呂の鏡を掃除する方法は色々と紹介されており、その中には歯磨きで使う歯磨き粉を用いた方法もあるのです。

今回はこの歯磨き粉を使ったやり方について詳しく紹介しつつ、本当にそれだけで水垢を落とせるのか、掃除に最適な歯磨き粉はあるのかなど歯磨き粉と水垢にまつわる情報を集めていきましょう。

本当に歯磨き粉で水垢は落とせるのでしょうか。

スポンサーリンク

お風呂の鏡についた水垢を歯磨き粉で落とす掃除方法!

歯磨き粉を使って水垢を落とす方法を実践して、効果があるという声もあれば効果がないという声もあります。

ここでは効果があることを証明している動画と、全く効果がないことをアピールしてしまっている二つの動画を紹介しつつやり方を見ていきましょう。

準備するもの

・ラップかメラミンスポンジ
・歯磨き粉
・マイクロファイバークロス

やり方

こちらの動画はメラミンスポンジと歯磨き粉を使って綺麗に水垢を落としている動画です。

基本的なやり方は一緒なので参考にしてください。

また、以下の動画も見てもらいたいです。

この動画は『歯磨き粉でお風呂場の鏡のウロコ取りにチャレンジしてみた | 磨きの学校 水あか FRP の ウロコ取り』というタイトルで、水垢を除去するために歯磨き粉の『クリニカ』を使っています。

しかし、動画では全く効果が出ていないのです。

このように同じような使い方をしているのに全く効果があるケースと無いケースが存在しているのがポイントとなってくる掃除方法となります。

歯磨き粉を使った鏡の水垢掃除方法

①丸めたラップに歯磨き粉を乗せて鏡全体に塗り広げる、1回で塗り広げるのではなく何回か段階に分けて作業をする
②ラップに載せた歯磨き粉を車に塗るワックスのように円を描きながら塗り広げる
③全体に塗り広げたらシャワーで洗い流す
④マイクロファイバークロスなどを使って水気を飛ばす
⑤水垢がどうなっているのかを光の当て具合などを調整しながら確認する
⑥水垢が残っている場合はもう一度①から⑤までやり直し、綺麗になっていたら終了

注意点

・歯磨き粉を伸ばすにはラップを使うのが最適だが、研磨作用のあるメラミンスポンジを用いても同じような効果がある
・歯磨き粉にも色んな種類があるので、動画のようにやり方が一緒なのに効果が全く違うといった状態もあり得る
・歯磨き粉は乾燥することで伸びなくなることが多いので、複数回に分けて作業をすること
・通常のスポンジを使ってもある程度の効果は出るが、歯磨き粉がスポンジに染みこんでしまうと効果が出ないので染みこまないラップを使った方がいい

掃除にオススメの歯磨き粉はある?

これは意見が割れているのでなんとも言えません。

たとえばある人は『研磨剤が入っているタイプは水垢を削ることができるので、研磨剤がしっかり入っているタイプを選ぶと効果的』という意見を述べています。

しかし、ある人は『歯磨き粉は水垢に効果があるが、研磨剤が入っているタイプは鏡を削ってしまうので使ってはいけない』と意見を述べているのです。

先ほど紹介した動画でも効果があるやつと全く効果がないやつがありましたが、クリニカは研磨剤の成分が少ないのかもしれません(クリニカは調べた限り無水ケイ酸という研磨剤が入っている)。

個人的な見解として、本格的な水垢は研磨作用がないと効果が薄いので多少は研磨作用が入っていた方が良いと思います。

本格的に水垢を落としたい場合は研磨剤入りの洗剤を正しく使うことで水垢を落とすことになりますので、ある程度の研磨作用は必須と考えた方が良いでしょう。

ただし、歯磨き粉は洗剤ではありませんので正しい使用法は個人的に判断することができません。

洗剤ならば『この洗剤を使う前に予洗いをして水分を飛ばしてから使う』などの具体的な指示ができますが、洗剤ではないのでこういった指示はしにくいのです。

どうしても水垢が落ちない場合

どうしても水垢が落ちない時は通常の洗剤を使うのが正解でしょう。

研磨剤がある歯磨き粉を使ったやり方はあくまでも洗剤の代用品に過ぎません。

水垢を落とすために作られた洗剤と比較すると効果が落ちるのは当然でしょう。

なので、水垢で落とせなかったら本格的な洗剤を使って対応するのが正解となります。

個人的なオススメの方法が、お風呂用中性洗剤を使った後に『茂木和哉 水アカ洗剤』のような水垢に対する専用洗剤を使って対応することです。

これだけでもしつこい汚れを十分に落とす性能があります。

それ以外にもダイヤモンドパッドのような研磨作用が強いものを使って削るといったやり方もありますが、削ることを優先にしすぎると鏡の表面が削れてしまう可能性があるので個人的には洗剤を用いて対応することが理想的と考えています。

こういった洗剤を用意できない場合に水垢掃除をしたいという人が、歯磨き粉などを活用するといった考え方にすると良いでしょう。

やはり専用の洗剤には勝てません。

鏡に水垢がつく主な原因は?

鏡に水垢が付着する原因は、水道水に含まれているミネラル成分のカルシウム・ナトリウム・マグネシウムなどにあります。

これらの鉱物成分は水分が蒸発してもそこに残ってしまいますので、次々と重なっていくと塊として目立つようになるのです。

これが水垢になります。

この水垢はかなり凸凹しているのが特徴なので、他の汚れも付着しやすくなってしまい放置期間が長いと水垢の表面に色んな汚れがくっつくようになるのです。

また、硬水になればなるほど鉱物成分が多くなり軟水になればなるほど鉱物成分が少なくなるので、軟水の西日本の方が水垢被害は少ないと言われています。

東日本は西日本よりも硬水なので水垢対策はしっかりとした方が良いでしょう。

お風呂の鏡の掃除頻度

水垢対策は毎日実行する必要があるので、掃除頻度も毎日となります。

正確には『お風呂を使うタイミングで必ず掃除をする』となるでしょう。

ただし、この掃除は本格的なものではなくお風呂上がりに水垢がつかないようにしっかりと拭いて水気を飛ばすといった対策で十分です。

歯磨き粉も含めた洗剤を使った簡易的な掃除は1週間に1回程度にして、本格的な水垢対策となる専用の洗剤やダイヤモンドパッドを使った対策は1ヶ月に1回程度で十分だと思います。

ただし、鏡の汚れるスピードはどれだけケアをしていたのかでも大きく変わってきますので、人によっては1ヶ月に1回程度の掃除では多いケースもあるでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は歯磨き粉を使って鏡を掃除する方法についてまとめていきました。

歯磨き粉を使った掃除もある程度効果があるという意見もありましたが、動画で紹介したように全く効果がないという意見もあるのです。

成功している動画もあれば失敗している動画もあるので、非常に判断しにくく個人的にもなんとも言えません。

やっぱり専用の洗剤を使って対応した方が良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました