普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

お風呂の浴槽下をオキシクリーンで掃除する方法とポイント!

洗濯槽の掃除など色んな状況で使われるオキシクリーンですが、こちらは浴槽下といった普段手を出さない掃除にも用いることができます。

今回はオキシクリーンを使った浴槽下掃除方法を紹介しつつ、オキシクリーンでも落ちない汚れがあったときの対処法や浴槽下の汚れをそのまま放置しているどうなってしまうのかといった疑問にもお答えします。

そもそも、浴槽下はどれだけの頻度で掃除したらいいのかもチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

お風呂の浴槽下をオキシクリーンで掃除する方法!

今回の浴槽下掃除はオキシクリーンという酸素系漂白剤を使うことに限定しているので、どのように活用するのかがポイントと言えるでしょう。

浴槽下という掃除をし難い場所相手にオキシクリーンをどう使えばいいのでしょうか。

準備するもの

・オキシクリーン
・柄が長めの掃除用ブラシやスポンジ
・タオルや雑巾
・ティッシュ
・ビニール袋
・ゴム手袋
・マスク
・ゴーグル
・浴室や浴槽の説明書
・浴槽下を照らすもの(スマホでも可能)

やり方

こちらの動画はお風呂場全体を掃除している動画となりますが、オキシクリーンを使って掃除している様子になりますので、一つの参考になるでしょう。

ただし、動画ではかなり長い期間放置されている浴槽下を掃除する様子になるのでものすっごく汚れています。

これでも掃除をするとどうにかなるのがポイントです。

オキシクリーンを使った良くそうした掃除の方法

①換気扇を回す
②浴室や浴槽の説明書を読んで外し方をチェックしてから、浴槽下を隠している板(エプロン)を取り外す
③掃除を長期間していないと汚れがかなり溜まってしまうので、ある程度大きな汚れはティッシュなどを使って取り除く
④汚れがひどいのなら動画のようにオキシクリーンを投入する
⑤1時間から3時間程度放置する、放置中にも作業を継続するのならエプロンはできるだけ隅に寄せておく
⑥浴槽下掃除を始める前に、排水口の掃除を行い排水口ネットを貼るか新しいモノに取り替える
⑦浴槽下が見えるようになったら、まずは熱さ50℃程度の熱めのシャワーで全体を洗い流す
⑧ビニール袋に水を入れて縛ってこぼれないようにした物を用意して、排水口の上に置いて水が流れないようにする
⑨浴槽下に再度50℃程度の熱めのシャワーとオキシクリーンを投入する
⑩1時間から3時間ほど放置する、エプロンも放置しているのなら同時に放置する
⑪柄が長めの掃除用ブラシやスポンジを使って汚れが残っている箇所を綺麗にする
⑫雑巾やタオルを使って手が届く箇所の水気を除去する
⑬浴槽内を乾燥させる必要があるので、元に戻す前に30分程度換気扇を回して放置する
⑭エプロンを元に戻して終了

注意点

・お湯とオキシクリーンの配合は、お湯40℃から60℃のお湯4Lに対して日本製のオキシクリーンなら付属スプーン1杯、アメリカ製のオキシクリーンなら付属スプーンの2ラインの割合で投入すること
・日本製とアメリカ製のオキシクリーンは入っている成分や使っているスプーンなど違いがあるのでどちらを用意するのかをまずは考えておくこと、個人的に本格的な掃除をしたい場合は界面活性剤が入っているアメリカ製のオキシクリーンがいいと思う
・ビニール袋に水を入れて排水口の上に置き水が流れなくする方法は一般的だが、排水口の形などによって水のせき止めが上手くいかないケースがある、水が少しずつでも流れてしまうと放置期間を長くとっても意味がないので要注意
・エプロンは無理矢理外すと破損する危険があるので、外す前にまずは説明書を読んでおくこと
・手が届かない場所に埃などが溜まっているのが気になるという人は、浴槽のボディネットに針金を通して硬さを把持できるようにしてからそれで擦り洗いすると効果的
・用意した針金ありのボディネットはオキシ溶液につけても使えるので、手が届かない場所での掃除に適している
・浴槽下は暗くなっていることも多いので、スマートフォンでもいいのでライトを用意して確認すること
・スマートフォンのライトを使っている時は落とさないように注意すること

オキシクリーンでも汚れが落ちない時は?

オキシクリーンは酸素系漂白剤の一種で、酸性の汚れに対してかなり強いです。

ただし、酸素系漂白剤でもしつこすぎるカビや水垢への影響力は落ちてしまいます。

水垢が相手の場合はクエン酸といった酸性洗剤を使わないと効果が薄いですし、放置されすぎたしつこいカビが相手の場合は酸素系漂白剤ではなく塩素系漂白剤が求められるでしょう。

どのような汚れが残っているのかでも対応が変わってきますが、性質が違い汚れが相手の場合は使う洗剤をまずは変えてみてから判断してください。

そのほかの汚れはオキシクリーンを使った放置期間が長ければ長いほど効果がありますので、もう一度トライして汚れが落ちるかどうかを見てみるといいと思います。

浴槽下の汚れをそのままにしていると?

浴槽下には洗剤カスや湯垢などの汚れが溜まってしまいます。

これらの汚れを放置するとカビの餌になってしまうので、動画のようにカビだらけの浴槽下になってしまうでしょう。

カビの胞子はカビが多ければ多いほど大量発生するので、良くそうしたから胞子がばらまかれる状態になってしまうのです。

これはあまりいい状態とは言えませんし、この状態になると浴室全体でカビが生える確率もアップしてしまうでしょう。

浴槽下の掃除頻度について

浴槽下の掃除頻度は1年に1回や2回と言われています。

言われていますが、動画などで紹介している方々はこの頻度以下となっているのが基本で、人によっては一回も開けて掃除したことがないでしょう。

1年に2回しっかり守って掃除をするという人は、3月から6月に1回、9月から11月の間に1回行うといいと思います。

というのも、暑すぎる時期や寒すぎる時期に本格的なお風呂場掃除は大変だからです。

また、浴槽下の掃除はその家の浴室の構造によってエプロンがなかったり外せないタイプのエプロンになっているケースもあるので、掃除の仕方も違うこともあればそもそも掃除ができないケースもあります。

筆者も色々と転々としていますが外せないタイプのエプロンになっていることがほとんどなので、外して掃除をした経験は少ないです。

お風呂の掃除業者の料金相場や選び方

お風呂の掃除を業者に依頼したときの相場はだいたい14,000円~20,000円となります。

個人業者に頼むときは通常の相場よりも1割から2割は安いと考えてください。

選び方としてはこういった金額から選ぶのがまず第一歩です。

あとは、どのような作業をしてくれるのかでも判断してください。

金額比較をして安いと思ったら、作業内容が少なかったというケースもあるので要注意なのです。

あとはどれだけ多くの口コミがあるのか、高評価になっているのかどうかも判断基準とするといいでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はオキシクリーンを使って浴槽下を掃除する方法についてまとめました。

浴槽下はかなり掃除がし難いので手が届かない場所を掃除するための工夫が必要なのです。

今回紹介したボディネットを使ったやり方もその1つなので、こういったやり方をいくつも用意しておけばやりにくい掃除が簡単になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました