普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

自分でできる浴槽の黄ばみの落とし方!防ぐ方法も紹介!

ちょっと古くなった浴槽は黄ばみが目立つようになり、お風呂に入る度に気になってしまうでしょう。

今回は自分でできる浴槽の黄ばみの落とし方を紹介しつつ、具体的に予防する方法はどうなっているのか、そもそも浴槽が黄ばんでしまう原因は何なのかを紹介致します。

黄ばみをそのままにしているとどうなってしまうのか、どうしても黄ばみが落ちない時はどうすればいいのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

自分でできる浴槽の黄ばみの落とし方!

浴槽の黄ばみを落とすにはある程度の段階が必要になります。

簡単に説明すると、クエン酸で落とせるのか⇒クレンザーやメラミンスポンジで落とせるのか⇒耐水ペーパーで落とせるのかの3段階になります。

今回はこの3段階とも順番にやり方を紹介します。

準備するもの

・クエン酸
・スプレーボトル
・キッチンペーパー
・ラップ
・スポンジ
・クレンザー
3000番以上の耐水ペーパー
フッ素コート
・タオル
・ゴム手袋

やり方

この人のやり方が最もわかりやすいので、浴槽の着色汚れ対策として紹介致します。

動画タイトルは『【バスタブ】着色汚れ!簡単に落とす方法と【簡易コーティング】方法をご紹介します!!』で、浴槽の黄ばみを落とすときにも役立つ情報満載です。

ここで紹介するやり方もこの動画の情報に沿ったものとなります。

浴槽の黄ばみを落とす方法

①水200mlとクエン酸小さじ1杯をスプレーボトルに入れて、クエン酸水をつくる
②クエン酸水を黄ばんでいる部分に噴射する
③キッチンペーパーでパックする
④その上からクエン酸水を噴射し密着させ、さらにラップをしてパックをする
⑤2時間程度放置する
⑥剥がしてスポンジで擦る
⑦シャワーで洗い流す
⑧汚れの状態を確認する
⑨汚れが落ちていない場合はクレンザーを使う
⑩スポンジをラップで覆う
⑪クレンザーを汚れが目立つ場所にふりかける
⑫ラップで覆ったスポンジで優しく擦り洗いする
⑬シャワーで洗い流す
⑭汚れの具合を確認する
⑮汚れが落ちていない場合は耐水ペーパーを用意する
⑯耐水ペーパーを濡らしながら汚れに押し当てて削り落としていく
⑰シャワーで洗い流す
⑱タオルで拭いて水気を飛ばす
⑱汚れの具合を確認する
⑲汚れが落ちているならフッソコートを用意してコーティングする
⑳キッチンペーパーにフッソコートを塗布して塗り広げる
㉑乾いたキッチンペーパーで拭く

注意点

・クエン酸でも落ちない場合はサンポールなどの強力な酸性洗剤を使うと落ちるケースもある、ただしサンポールレベルになると非常に強力なので極力液が肌に触れないようにすること
・メラミンスポンジを使って擦り落とすというやり方もあるが、強く擦りすぎると傷がついてしまうので擦るときは優しく円を描くように擦ること
・塩素系漂白剤を使うことで漂白できるケースもあるが、塩素系漂白剤を使う場合はクエン酸といった酸性洗剤と併用しないこと
・塩素系漂白剤は浴槽が変色する恐れがあるので、変色が怖い場合は浴槽の目立たない部分で試してみること
・中性洗剤は軽い汚れなら落とせるが、着色するレベルの汚れが相手だと効果が薄いので使う必要は無い
・浴槽の黄ばみは経年劣化による黄ばみの可能性もあり、いくら掃除をしてもキレイにならないケースがあるので要注意

浴槽が黄ばむ原因は何?

浴槽が黄ばみ原因は水垢などの汚れが固まってしまったというケースと、浴槽そのものが経年劣化によって黄ばんでしまうというケースです。

汚れの場合は今回紹介した方法で落とせる可能性が高いのですが、経年劣化による黄ばみだけはいくらキレイにしてもどうしようもないので要注意です。

経年劣化による黄ばみなのか、汚れによる黄ばみなのかを見分ける方法は、どのように黄ばみが広がっているのかで判断してください。

汚れによる黄ばみの場合はどこか一点が黄ばんでいるというケースが多いです。

経年劣化による黄ばみは浴槽が全体的に黄ばんでいくので、なんとなくでも見分けはつくでしょう。

また、汚れによる黄ばみはアルカリ性の水垢汚れ以外に皮脂汚れなどの様々な性質の汚れが集まってできているケースもあるので要注意です。

浴槽の黄ばみを防ぐ裏技!

浴槽が黄ばむとかなり掃除が大変です。

こういった黄ばみは実は予防法があるのです。

まずは入浴剤を使う頻度を減らしましょう。

入浴剤を使うと着色される可能性が高まってしまいますので、入浴剤を使う回数を減らせば着色汚れが発生する確率も減ります。

あとは、定期的に浴槽掃除をすることです。

浴槽を定期的に行えば蓄積される汚れは減りますので黄ばむ確率は下がります。

また、オキシクリーンといった酸性洗剤を使って定期的にオキシ漬けをするのもいいでしょう。

他には浴槽にお湯が入っている時間を減らすことも重要です。

お湯が長時間あると水垢や石鹸カスや湯垢といった汚れが水位線に発生しやすくなり黄ばむ確率が上がります。

黄ばみをそのままにしていると?

黄ばみを放置するととてつもなくしつこい汚れになります。

浴槽は水垢といったアルカリ性の汚れが主体なのですが、皮脂汚れなどの酸性汚れも発生するので色んな性質の汚れが集まる場所なのです。

こういった様々な汚れが相手だと色んな洗剤を使い分けしないといけないので、対応もきつくなります。

黄ばみも色んな汚れがミックスしてしまうことでより強固かつ面倒くさい汚れに変質してしまいますので、早めに対応しましょう。

また、汚れを放置しているとそれだけ浴槽が傷むスピードも速まってしまいますので、長い目で見ると浴槽の劣化スピードに関わってくると言えるでしょう。

汚れがひどいせいで浴槽を交換するとなると、かなりのお金がかかってしまいますのでモノは大切にした方が良いです。

掃除をしても黄ばみが落ちないときは?

今回紹介した耐水ペーパーで削るといったやり方は最終手段です。

この最終手段でもダメだと、それは汚れと言うよりも劣化の可能性が出てきます。

長い期間汚れに触れてしまっている場所は、他の場所よりも色落ちまたは着色が発生する可能性がありますので何をやっても落ちない場合は色落ちや着色だと判断して諦めるしかないでしょう。

無理矢理擦りすぎて傷だらけにしてしまうほうが問題なので、ある程度の諦めは必要になってしまいます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は浴槽の黄ばみを落とす方法についてまとめていきました。

基本的にはクエン酸といった酸性洗剤を使って掃除をして、それでもダメなら軽くクレンザーで削って、それでもダメなら本格的に耐水ペーパーを使って削るといったやり方になります。

これでもダメならもはやそれは汚れではなく劣化による変質の可能性が高いので諦めましょう。

この劣化による変質なのか、汚れによる黄ばみなのかを見分けるのはちょっと大変なのでいくら掃除してもキレイにならない場合は妥協するしかないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました