普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

シャワーヘッドの目詰まりを簡単に改善する掃除方法!

シャワーヘッドの目詰まりが発生すると明後日の方向に水が飛ぶようになったり、水がなかなか出なくなったりと支障が生じます。

そこで、今回はシャワーヘッドの目詰まりを簡単に掃除する方法を紹介しつつ、目詰まりの主な原因は何なのか、目詰まりをそのままにしているとどうなってしまうのかも解説いたします。

それでもなかなか目詰まりが解消されないときはどうすればいいのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

シャワーヘッドの目詰まりを簡単に改善する掃除方法!

基本的な目詰まり解消法は分解しての掃除となります、ただし目詰まりを解消するだけなら分解作業もある程度のレベルで十分なのです。

準備するもの

・クエン酸
・バケツか洗面器
・ゴム手袋
・古歯ブラシ
・爪楊枝かまち針
・スポンジ
・タオルや雑巾
・シャワーの説明書
・ドライバー

やり方

基本的に目詰まりが発生してしまった場合はある程度の分解が必要になります。

どこまで分解するのかは人によって異なりますが、目詰まりを解消したい場合はシャワーヘッドの散水板が取り外しできるレベルまでは最低限分解しないといけません。

それを踏まえた上で作業を見ていきましょう。

動画は『シャワーヘッドは意外と汚い!? シャワーヘッドのお掃除方法 – くらしのマーケット』というタイトルでシャワーヘッドを簡単に分解して掃除する様子を動画にしています。

簡単に取り外しできるタイプだと1分も関わらずに散水板までたどり着くのです。

クエン酸を使ったつけ置き洗いの方法

①シャワーの説明書で分解できるかまたは分解する方法はどうなっているのかを確認する
②シャワーヘッドを最低限穴が空いている散水板まで取り外す、面倒がないならホースからも取り外しを行う
③洗面器やバケツにぬるま湯を1リットル程度入れて、クエン酸を大さじ1杯投入しクエン酸水を作る
④作ったクエン酸水にバラバラにしたシャワーヘッドを入れる
⑤1時間程度つけ置きするため放置
⑥放置が終わるとある程度よごれがおとしやすくなっているので、古歯ブラシを使って大まかな汚れを落とし穴に付着している汚れは爪楊枝かまち針で除去する
⑦水洗いしながらスポンジで全体を擦り洗いする
⑧バラバラにしたシャワーヘッド全体を水ですすぐ
⑨タオルで水分を拭き取る
⑩バラバラにしたシャワーヘッドを元に戻す

注意点

・構造的に分解することが難しいタイプのシャワーヘッドも中には存在しているが、散水板まで取り外しを行わないと目詰まり解消ができないので要注意
・分解できない場合はそのままクエン酸水に漬けた後に古歯ブラシで磨くといった対応をすることになるが、根本的な解決にはならないので交換も視野に入れること
・メーカー事に分解方法は異なるので必ず説明書を見て確認しながら作業を行うこと
・分解するとネジやパッキンなどの細かいパーツが出てくるので、なくさないように注意すること
・散水板はネジ止めされているケースもあるが回転して外せるケースもあるのでどんなタイプなのかをよく確認すること、ネジ止めタイプを無理矢理回転させると壊れるので要注意
・シャワーヘッドにあるパッキンはホコリなどがついている状態で元に戻すと水漏れする危険性があるので、できるだけホコリがつかないようにすること(理想はウェスとアルコールを使ってパッキンを拭く)
・シャワーヘッドは外側はかなり頑丈に作られているので傷がつきにくいのだが、内側のパーツは傷つきやすくなっているケースが多いので強く擦り洗いするのはNG
・浄水器などがついているシャワーヘッドの場合はフィルターやカートリッジなど部品点数が多いので、分解作業中にパーツを壊したり無くしたりしないようにすること
・カートリッジがついている浄水器タイプのシャワーヘッドは目詰まり解消のみならカートリッジ部分の分解作業は不要なので、目詰まりのみ対応したい場合は分解する部分も限定的にすること
・クエン酸の濃度を濃くするとそれだけ水垢に対する除去能力もアップするが、濃度を上げると皮膚に付着したときの影響や素材に対してダメージを与えてしまう可能性も上がるので要注意

目詰まりする主な原因

基本的にシャワーヘッドに発生する汚れは水垢・石鹸カス・皮脂汚れの3つで、これらの汚れを放置することでシャワーヘッド内部にカビが発生します。

そして、シャワーヘッドの目詰まりに繋がっているのは水垢・石鹸カス・皮脂汚れの3つどれもが当てはまり、これらの汚れがシャワーヘッドの穴を塞ぐように発生してしまうことで目詰まりが発生します。

厄介なのが、分解することなくそのまま外側から目詰まりしている穴を掃除すると、目詰まりの原因となっているゴミがシャワーヘッドの内部に押し込まれてしまうことです。

こうなるとゴミを除去しているのではなくシャワーヘッド内部にゴミが残っている状況が続くので、衛生的によくありません。

そのため、散水板までの分解作業は必須となります。

目詰まりをそのままにしていると?

目詰まりをそのままにしていると、どんどん目詰まりしてしまう穴が増えてしまうでしょう。

そうなるとなかなか水が出ない状態が続くので使っていて非常にイライラします。

また、目詰まりを放置するということはシャワーヘッド内部の汚れを放置することとイコールなので、シャワーヘッド内部で黒かびが発生する可能性も高まってしまいます。

黒かびが発生するとシャワーヘッドから出る水が汚染された汚水になってしまいますので、不衛生な状況に早変わりします。

目詰まりを防ぐオススメの掃除頻度

目詰まりを解消するための掃除頻度は1ヶ月に1回程度が推奨されています。

ただし、シャワーヘッドが目詰まりするかどうかは普段どの程度の手入れをしているのか、シャワーをそもそもどれだけ使っているのかで大きく変わってくるので、この1ヶ月に1回程度という目安も状況次第で大幅にぶれます。

一人暮らしで出張が多くシャワーをそこまで使わない人なら掃除頻度は減らしても問題ないですし、家族で過ごしていてシャワーの使用頻度も多めという人は掃除頻度を増やした方が良いでしょう。

掃除をしても目詰まりが改善されないときの裏技!

掃除をしても目詰まりを解消できない場合はまち針などでつまっている穴を掃除するのが一番です。

まち針を使えばほとんどの目詰まりが解消できます。

それでもダメならもはや目詰まりではなく別の原因が隠れている可能性が高いので、シャワーヘッドそのものを交換することを考えた方が良いと思います。

基本的にはクエン酸水に漬けてまち針で穴の掃除をすることでほぼ目詰まりは治せます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はシャワーヘッドが目詰まりしたときの掃除方法を紹介致しました。

シャワーヘッドの目詰まりは分解掃除にまち針での穴掃除が加わればほぼ落とせます。

裁縫しないためまち針がない人でも、爪楊枝があれば同じように削って落とせますので爪楊枝を使いましょう。

ここまでやってダメならシャワーヘッドの交換をしたほうが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました