普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

こすらないでできるお風呂の簡単掃除方法!本当に綺麗になるの?

お風呂掃除はたわしやスポンジで擦り洗いするのが当たり前となっています。

今回はこのお風呂洗いにおける簡単なこすらない掃除方法について、本当にそんなやり方が存在しているのかを見ていきましょう。

擦らなくても本当に綺麗になるのか、擦らずに掃除できる洗剤は存在するのか、お風呂掃除にオススメの洗剤の選び方はどうなっているのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

こすらないでできるお風呂の簡単掃除方法!

こすらないお風呂掃除とは具体的にどのような掃除方法なのでしょうか、そのやり方を見ていきましょう。

準備するもの

・こすらないで掃除するための洗剤(ルックプラス バスタブクレンジングなど)
・雑巾or水切りワイパー

やり方


こちらは『【時短して楽する主婦の味方】こすらない?ルックバスタブクレンジング 業界初 60秒待って流すだけ!お風呂掃除』というタイトルで今回の掃除で活躍するタイプの洗剤の一つ『ルックプラス バスタブクレンジング』の使い方や使ったらどうなるのかを紹介しています。

こすらないお風呂掃除のやり方

①浴槽が完全に乾燥している場合は、洗剤を噴射する場所を軽く濡らす
②適切な距離を保ち左右にスライドしながら上部から下に洗剤が流れるようにゆっくり噴射する
③バスタブ内の底までしっかりと噴射する
④1分程度放置する
⑤シャワーで洗い流す

注意点

・10分以上放置するのはNGという洗剤もあるので部屋全体に洗剤を噴射するのは避けた方がいい
・1回の噴射する量や距離や時間は裏面に書いてある説明書を読んでしっかりと理解してから作業をすること
・近すぎる場所で噴射すると泡が集中してしまうのでNG、適切な距離を保って左右にスライドすること
・ある程度濡れていないと洗剤が広がらないことがあるので、洗剤を使う前に必ずある程度濡らすこと
・黒カビ汚れが出やすいゴムパッキンの部分や四隅は重点的に噴射すること
・ラックの裏側などの放置されやすい部分も意識して洗剤を噴射すること

こすらなくても本当に綺麗になる?

結論を先に記載すると『毎日の簡単な掃除ならば洗剤によって擦らない掃除もok』になります。

逆にいうと『1週間に1回程度か1ヶ月に1回程度の頻度で行う本格的な掃除の場合はしっかりと擦り洗いをしないとダメ』となります。

基本的な掃除の仕方はクエン酸でも重曹でも塩素系漂白剤でも同じなのですが、洗剤をかける⇒スポンジやたわしやブラシで擦る⇒水で洗い流す⇒雑巾などで拭き取るといった行程で動きます。

今回のポイントはこの『スポンジやたわしやブラシで擦る』を省けるかどうかとなりますが、毎日の浴槽掃除レベルならば擦らなくても問題ないと言えるのです。

ただし、この擦らずに掃除できるかどうかというのは商品名や紹介文に『こすらず』とか『擦らなくてもOK』という記載があることが重要になります。

また、こういった洗剤はかなり特殊な洗剤となりますので洗剤の用い方は厳守した方が良いでしょう。

他の洗剤ならば多少距離を間違っていたとしても噴射量が多かったとしても擦り洗いしてしまえばそこまで効果は変わりませんが、この擦らずに洗うタイプの洗剤は洗剤力にかなりの重要な要素となってしまうので適切な使い方をしないと掃除効果も一気に低下してしまうのです。

なので、結論から先に記載しましたがここに一言加えると『毎日の簡単な掃除ならば洗剤を厳守して洗剤の使い方もきちんと理解して用いることができれば擦らない掃除もok』となってくれます。

しつこすぎる汚れで擦り洗い無しは無理

お風呂汚れは掃除をしなければしないほどしつこすぎる汚れが発生します。

わかりやすいのが白い魚の鱗のようになってしまう水垢と、黒カビでしょう。

この2つの汚れは放置すればするほど非常にしつこい汚れになってしまうので擦らないで除去するのは不可能です。

むしろ放置期間が長いと擦り洗いをしてもなかなか落ちない汚れになってしまいます。

今回のポイントは擦らない掃除なのでそのやり方についての紹介は省きますが、黒カビや放置されすぎた水垢が相手の場合は擦らない掃除は難しいと言うことだけは覚えておきましょう。

こすらずに掃除できるオススメ洗剤!

先ほど紹介したように掃除というのは『洗剤をかける⇒スポンジやたわしやブラシで擦る⇒水で洗い流す⇒雑巾などで拭き取る』の4つの行程、雑巾での乾拭きがなければ3つの行程で成り立っています。

そのうち一つの工程を省くのですから、他の行程で『スポンジやたわしやブラシで擦る』で発揮される洗浄力を補わないといけません。

つまり、それが洗剤となってきます。

擦らない掃除で推奨できる洗剤は『ルックプラス バスタブクレンジング』や『バスマジックリン デオクリア』あたりが該当するでしょう。

まだそこまで種類は多くありませんので、商品名か商品説明に『こすらず落とす』とか『こすらずに60秒待つだけ』といった記載があるモノを試してみると良いでしょう。

お風呂掃除にオススメの洗剤の選び方

擦らないでお風呂掃除をしたいと言うときは先ほど記載したように、商品名か商品説明に『こすらず落とす』とか『こすらずに60秒待つだけ』という表記があるモノを選んでください。

他の洗剤は基本的に擦り洗いとセットにしないと効力を底まで発揮しないものが多いので要注意です。

通常のお風呂用洗剤を選ぶときのポイントは大きく分けて3つとなります。

一つ目が液性です。

基本的に汚れには反対の性質を持っているモノを用いることが一般的なのですが、お風呂掃除の場合は水垢といったアルカリ性の汚れと皮脂汚れといった酸性の汚れがありどちらにも効果がある洗剤が必要になります。

そして黒カビが相手だと塩素系漂白剤を使わないと効果が薄いのです。

これらの性質を理解して液性から選びましょう。

あとは、泡切れや泡の広がり具合からチェックするのが理想です。

お風呂の掃除頻度はどのくらい?

お風呂の掃除頻度は今回紹介したこすらないお風呂掃除のように毎日行うべき掃除と、本格的に擦り洗いをする1週間に1回程度の掃除と、塩素系漂白剤を本気で使った1ヶ月に1回程度の掃除が求められます。

ただし、お風呂の使用状況によって掃除頻度は大きく変わってくるので、毎日のお掃除以外はあくまでも目安と考えましょう。

毎日のお掃除は人数差に関係なくできるだけ必ず行ってください。

多少面倒に感じている方でもお風呂上がりなどに今回紹介した洗剤を用いて掃除をすればかなり楽に終わらせることができます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はこすらないお風呂掃除についてまとめました。

洗剤によっては擦らないお風呂掃除も可能ですが、本格的にカビ除去や水垢を除去したいという人は擦り洗い必須となります。

しかし家事の時短と効率化ブームによって今回紹介したバスタブクレンジングといった洗剤がかなり売れていますので、これからもこういった洗剤は増えると思われます。

お風呂の場所別の簡単掃除方法とポイント!

今回の記事ではこすらないでできる掃除方法についてご紹介しましたが、どうしても落ちない汚れもありますよね。

ここではどうしても落ちなかった時のための掃除方法を場所別にご紹介します。

こすらない掃除のやり方でも綺麗にならなかった時はぜひ参考にしてくださいね。

ドア

ドアのゴムパッキン

ドアのレール

ドアの通気口

サッシ

天井

お風呂のふた

エプロン

コメント

タイトルとURLをコピーしました