普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先負に納車はしても大丈夫?時間帯は午後ならいいって本当?

先負に納車は縁起が悪い?日取りはどう決めたらいいのか教えて!

車の納車は人生の中でもちょっとしたイベントなので、縁起も大切にしたい物です。

今回は六曜の中でもちょっとマイナーと言われがちな先負に納車しても大丈夫なのか、時間帯はどうすれば良いのかを詳しく解説いたします。

六曜と納車の関係についても記載いたしますので、六曜全体と納車のつながりが気になる人もおすすめです。

スポンサーリンク

先負に納車をしても大丈夫?

何を持って大丈夫と言うのかによって考え方は変わります。

仮に六曜的な吉凶を元に大丈夫かどうかを心配しているのなら、「先んずれば負け」という意味があるので大安と比べるとやはり凶になりますが午後なら吉なので大丈夫と言えるのでは無いでしょうか。

基本的にこの納車というのは多くても家族単位のイベントとなりますので、そこまで六曜を気にする必要はありません。

自分たちにとって都合が最も良い日がどの六曜になっているのかを気にする程度でいいでしょう。

それが先負ならば、意識して午後にすると吉として運気も上昇する可能性があります。

ただし、午後の遅くになってしまうと傷のチェックなどがやりにくくなってしまいますので、時間帯には要注意となっています。

冬のように日が沈むのが早い時はできるだけ早い午後に受け取るようにしましょう。

時間帯は午後なら大丈夫?

六曜的な吉兆を気にして先負を選んでいるという方は、午後にすれば問題ないでしょう。

ただし、六曜は大安⇒友引⇒先勝⇒先負⇒赤口⇒仏滅の順番で吉凶が決まっていますので、六曜を大切にしている人は大安を選ぶのが大正解なのです。

それでもその日が忙しいとかディーラー的に予定が立てられないという人は先勝の午前中や先負の午後を選ぶと良いでしょう。

ただし、先ほど記載したように遅すぎると外観の傷のチェックやオプション品がやりにくくなってしまいますので、午後1時といった太陽がきっちりと昇っている時間帯を意識して動く必要はあります。

先負の午後なら大丈夫ですが、納車の場合は遅すぎる時間はNGという事を覚えておきましょう。

納車を先負にしたら縁起が悪い?

午後に納車をすれば先負なら吉となりますので、縁起的にも問題ないでしょう。

ただし、大安⇒友引⇒先勝⇒先負⇒赤口⇒仏滅の順番で縁起が良いと言われているのは確かなので、本当に六曜を気にしているという人は大安に納車をするのが正解となるでしょう。

あくまでも六曜の吉凶というのは迷信に使い物がありますので、深く信じる必要はありません。

それよりも自分の都合を優先して納車日を選ぶことが基本となってきます。

縁起を気にして予定がずれ込みすぎる方が問題です。

日取りの決め方はどうしたらいい?

納車の日取りは自分の都合が最優先です。

ただし、優先順位というのは人によって大きく異なりますので、その優先順位の中から選ぶと良いでしょう。

それは大きく分けて2つとなります。

自分にとって最も都合の良い日を優先するのか六曜等の吉兆を大切にするのかでしょう。

どちらを優先にするのかで日程の決め方も変わります。

ただし、納車をする場合には車両と書類の確認をしっかりすることオプション品が付いているかの確認をしっかりすること傷などがついていないのか外観のチェックをしっかりすることが必要になってきますので、ある程度の時間がかかりますし太陽がしっかり出て見やすい状況でするのが理想になってくるのです。

このような前提条件がありますので、それらを加味した上でどの日が良いのかを決める必要があるでしょう。

できるだけ早く納車してもらいたいということで夜遅くに納車してもらうと、傷の確認などがなかなかできずに後で気がついてトラブルになるというケースもありますので時間帯も重要となってくるでしょう。

また、ディーラーが忙しい日に納車を予定するといろんな質問などがしにくくなってしまいますので、暇なタイミングを選ぶのも理想となってきます。

このように納車に適している日を考え出していくと、条件が絞り込まれていきますので自然と予定日は決まってくるのでは無いでしょうか。

お祓いはしても大丈夫なの?

基本的にお祓いやご祈祷に関して六曜のつながりは無いと考えられているので、先負でも仏滅でも気にする必要は無いでしょう。

ただし、願掛けをするには午前中が良いとか、大安に神社に行くのがベストという意見もありますのでこれをどこまで信じているのかで大きく変わってきます。

個人的には行きたい人は行くのが正解と思っていますので、そこまで強く時間帯や六曜にこだわらないで良いでしょう。

交通安全祈願に定められた日というのはありませんので、好きなタイミングで向かってください。

ただし、新年や年度の変わり目や大安などの良い日や七五三の時期というのは神社が非常に混み合うのでイライラしてしまう可能性があります。

それらのタイミングとずらすことも大切かもしれません。

六曜と納車の関係

六曜と納車の関係は色々とありますが、相性が悪い日として多くの方々に伝わっているのは友引と赤口と仏滅です。

仏滅はシンプルに凶の日なので納車には向かないと言われていますが、赤口は赤をイメージすることから血液に繋がってしまい縁起が悪いと言われています。

そして友引は全体的に運が良い日になるのですが、実は「友を轢く」という言葉を連想するので車を納車するタイミングとしては不適切という意見がかなりあります。

こうなると消去法で大安と先勝と先負の3択となるのです。

ただし、午後になると車体の傷や凹みを見つけにくくなってしまいますし慣らし運転が翌日以降になりやすいというデメリットもありますので、個人的には六曜を気にする方は先勝の午前中が理想と考えています。

大安ははっきり言って人気がありすぎてディーラーが忙しいことが多く、予定が詰まっているのでいろんな情報を引き出せないことも多々あります。

六曜を気にしつつもできる限り情報を入手したいという方は午前の早いタイミングが使えてしかもそこまで混み合っていない可能性が高い先勝の午前を活用しましょう。

六曜そのものに全く興味が無いという人は、大安だと混んでいて大変なのであえて不人気な友引や赤口や仏滅を選ぶと良いでしょう。

これらの日は六曜を気にしている人は予定日から外しているので高確率で予約が取れます。

それらの日の早い時間帯に納車をしてもらうのが理想となってきます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は先負と納車の関係について記載しました。

納車はやはり傷や凹みのチェック、試し運転などを考えると午前中の早いタイミングが理想となります。

これに六曜の吉兆や考え方、そして予約の取りやすさを考えると先勝しか都合の良いタイミングがありませんので決行予定を立てるのが大変なのです。

あえて午後を利用するという考え方もありますが、傷の確認などが難しいぐらいの時間帯だけはさけた方が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました