普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

友引に納車をしても大丈夫なの?午前中がいい理由は?

友引の納車は縁起がいい?注意点はある?

結婚や葬式ほど大きな冠婚葬祭ではありませんが、ちょっとした縁起を大切にしたいのが納車です。

今回は六曜と納車の関係、とくに友引と納車の関係について詳しく記載し、縁起がいいのかどうかをお教えします。

車のような高い代物は出来る限り長い期間大切にしたいので、縁起も大切にしたくなるのも非常に良くわかります。

スポンサーリンク

友引に納車をしても大丈夫?

友引などが含まれる六曜は「先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口」のサイクルを繰り返すように6つで成り立っていますが、その中でも運がいい順番は大安→友引→先勝→先負→赤口→仏滅といわれております。

このように友引は大安に続いて2番目に運がいい吉日といわれているのです。

しかし、この友引はどうやら「友達を轢く」という言葉に通じるということで、納車には不適切という考え方もかなり強くなっています。

しかし、この考え方が当てはまらないとして吉の日だから納車も最適という意見もあるのです。

このように意見が真っ二つに割れていますので、自分が新事態法の意見を信じればいいでしょう。

あくまでも六曜というのは、複数人を巻き込んだ大きな冠婚葬祭でないなら自分自身がどのように考えるのかがすべてになってきますので、良い部分だけ捉えてプラスに解釈してしまえばいいのです。

納車の時間は午前中がいい理由

基本的に友引というのは吉の日になりますが、実は11時から13時は凶といわれていますので、その時間帯の納車は避けたほうがいいという意見があります。

しかし、夜遅くになってしまうと傷やへこみなどの確認もかなり難しくなってしまいますので、太陽がしっかりと昇っているタイミングがいいのです。

そのことを踏まえて考えるとやはり午前中がいいでしょう。

午前中ならばディーラー立ち会いのもと、傷などの確認もしっかりとできるようになります。

ちなみに、この11時から13時まで凶というのは2通りの考え方があります。

それは、「9時納車で説明などを含めて12時までに終わったけど吉の時間帯だったからセーフ」という理論と「9時納車で説明などを含めて12時までに終わったけど凶の時間帯に入ってしまったからアウト」という理論です。

出来る限りプラスに考えることがポイントとなりますので、ここは前者の考え方を全面的に押し出すといいでしょう。

あくまで納車は親戚一同を呼ぶような大イベントではなく家族がいないなら一人だけのちょっとしたイベントなので、自己解釈を最も大切にするべきなのです。

納車を友引にしたら縁起がいい?

縁起に関しては先ほど解説したように「友を轢く」という悪いイメージにつながるからアウトという意見と、友引は大安に次いで吉日だからokという2つの意見に分かれているので何とも言えません。

しかし、大安の納車はかなり込み合っていることが多いので縁起を担ぎたいという人は友引を活用するといいでしょう。

あくまでも「友を轢く」という悪いイメージはなかったことにして、友引が大安に次いで吉日であるという部分にだけ着目してください。

大安と土日が重なっているとディーラーが非常に忙しく、納車後の説明も簡易的なものになりがちですので、友引などの別の日を活用したほうがメリットは実は大きいのです。

友引に納車をするときの注意点は?

友引を納車にする注意点は先ほど記載したように「友を轢く」という悪いイメージを持っている人がいるということです。

そのため、友引に納車をしたというお話をするとちょっと六曜に詳しい人から「縁起的によろしくないけど大丈夫?」と聞かれる可能性があります。

しかし、それをわかりきったうえで「大安吉日の次いで吉日となっている友引を活用しただけだから問題なし」とはっきり言えれば問題ないでしょう。

はっきりとわかっている状態で活用できていればそれだけ運も手繰り寄せられる可能性が上がります。

あとは、友引は11時から13時まで凶になっているということです。

六曜の吉凶を大切にしているという方は、この時間帯の吉凶も大切にする渓谷にあるので、時間配分にも気を付けてください。

きちんと11時前の午前中に納車してもらい「吉の時間帯に始めたからセーフ」という理論を言える状況を作っておきましょう。

お祓いはするべきなの?

これも何とも言えませんが、吉凶を大切にして友引を選んだという人は、当日に神社でのお祓いや交通安全の祈祷をしておくのもいいでしょう。

午前中に納車を終わらせてその流れで神社に行くという流れが理想となります。

そこまで吉凶を意識していないという人は行かなくでも何にも問題ありません。

個人的な経験になってしまいますが、昔特別に安い中古車を購入した友人がいたのでそちらの納車に立ち会ってどんな車か見たことがあります。

そしたら、トランクの中にお札があってアクセルとブレーキペダルの裏側にそれっぽいお札がはってあったので、急いでお守りをもらいに神社に行ったという記憶があります。

詳細は分かっていませんが、おそらく事故車ゆえに安かったのでしょう。

そして事故車だったのであのようにお札などの処置をしていたのだと思われます。

このようにあからさまな処置を施してあるような車を購入してしまった場合は、そこまで吉兆を重視していない人でもお祓いをしたほうがいいでしょう。

かなり怖かったですし、気持ち悪かったです。

日取りの決め方は?六曜と納車の関係について!

はっきり言って空いているタイミングで納車するのが理想ですが、ちょっと修正できるのなら六曜にあやかるというスタイルがいいでしょう。

大安に納車してもらいたいと考える人は多いので、そのタイミングと休日が重なるとディーラーが非常に忙しくなり詳しい話などが聞けなくなるかもしれないというデメリットもあります。

なので、友引や先勝といった別の六曜をうまく活用してください。

吉凶にあやかりたいという人は大安や友引や先勝を活用し、午前中に始めるといった対処法がいいでしょう。

日が暮れてしまうのがよろしくないので時間調整をしたいという方はできるだけ午前中が吉となっている六曜を活用してください。

先負は午前中が凶、赤口は11時から13時以外は凶、仏滅は1日中凶なので納車のタイミング的に理想的ではありません。

ただし、友引は「友を轢く」から縁起が悪いとか、赤口は「赤が血液を連想する」から縁起が悪いとか、仏滅は1日中凶だから縁起が悪いと考えられているので避けるという選択肢もあります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は友引と納車の関係を中心に記載してまいりました。

基本的に大安と土日は納車で非常に忙しくなっているので、あまりその日は活用しないほうがいいです。

むしろ空いている時間帯を活用してディーラーから役立つ情報をいろいろと聞き出しておきましょう。

どうしても吉凶に拘りたいという人は、午前中が吉となっている六曜を活用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました