普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先勝の意味や由来は?読み方や縁起について教えて!

先勝にやってはいけないことはなに?結婚式は縁起がいい?

結婚式や葬式における昔からの風習やルールは色々とありますが、その中でも有名なのが仏滅や大安、そして先勝などを含めた六曜です。

今回はその中でもスポットが当たりにくい先勝について詳しく解説します。

仏滅や大安ならばなんとなくどのような意味があるのかわかるという人でも、この先勝とはどのような意味があるのか、やってはいけないことは何なのかを知っている人は少ないでしょう。

スポンサーリンク

先勝の意味や由来

先勝とは友引・先負・仏滅・大安・赤口の5つと合わせて「六曜」と呼ばれており、中国の六壬時課または小六壬と呼ばれる時刻やその日の運勢を表した物が日本に伝わって日本独自に進化した物の一つです。

そして、この六曜には縁起が良い順番という考え方が備わっており、その順番とは大安>友引>先勝>先負>赤口>仏滅となっているのです。

そして、この先勝とは「せんしょう」「さきがち」と読むもので六曜の中では3番目の吉日と考えられております。

意味は漢字の文字通りで「先んずればすなわち勝つ」という、急げば良いことが起きるとなっているのです。

要するに即行動することが運気上昇に繋がるということです。

基本的に午前中は運気が上昇しているけど、午後から運気が低下するのが先勝なので早寝早起きで行動できるような人にとってはありがたい六曜となるでしょう。

このように午前と午後で別れているので、縁起を担ぐ行事やマナーを守るべき事柄を実行するのが先勝となった場合は得てして午前中に行うことになるのです。

ただし、午後から運気が悪くなるのではなく、午後の2時から6時までの間が運気が最も低下するタイミングなので、そこさえ外せば問題ないという意見も出ています。

この考え方は人それぞれの所もありますので、先勝に何らかの行動を起こす必要がある人はとりあえず午前中に行動すると良いでしょう。

人によって考え方が違う部分を100%慮って行動するのは不可能に近いので、とりあえず考え方が多少異なっていても問題ないようにするために、縁起を担いで先勝は午前中のみ行動してください。

読み方や縁起について

この先勝とは「せんしょう」「さきがち」と読みますが基本的には「せんしょう」と読む人の方が多いです。

むしろ、漢字変換で「さきがち」と入力しても先勝と出ないことの方が多いので、「せんしょう」と覚えた方が使い勝手は良いでしょう。

そしてこの先勝は午前中が縁起が良くて午後は縁起が悪いという考え方となっていますので、縁起を担ぐ必要があるイベントを開催するときに先勝が該当したら、午前中で基本的に終わらせるようにしましょう。

また、記載したように先勝における運気が下落する時間帯はあくまでも午後の2時から6時と考える人もいますが、この考え方は人それぞれの部分も強いので「先んずればすなわち勝つ」の精神で午前がOKで午後がOUTと考えたほうが安全です。

このような縁起というのはいわゆる言葉遣いのマナーに似ている部分があって、自分は敬語で話しているつもりでも相手から見ると失礼に感じるというケースに似た状況になることが非常に多いのです。

要するに自分はきちんと縁起を担いでいるのに、相手から見るとその行動は間違っていると捉えられることが多くなっています。

なので、自分の考え方を押し通すのではなくできるだけ大衆に通しやすい考え方を取り入れることが重要となってきます。

ちなみに、この先勝は「先んずればすなわち勝つ」の精神に近い行動のほとんどが推奨されるので、急ぎ事である訴訟や勝負事をするのに最適な日とも言われております。

やってはいけないことは?

先勝でやってはいけないことは縁起を担ぐ行動を午後に実行することです。

これは基本的にアウトとなるので注意しましょう。

もう一つ確実にアウト判定が出ているのは先勝の日のお通夜です。

お通夜は喪主の都合もありますので調整するのが難しい事もありますが、それでも時期を考慮できる状況にあるのなら先勝でのお通夜はさけてください。

先勝の次の日は友引になりますが「友引に葬儀を行うのは縁起として良くない」という考え方がかなり根付いているので、先勝でのお通夜も結果的にさけた方が良いのです。

たとえば結婚式といった冠婚葬祭を先勝の午後に実行するのは、縁起という部分を考えるとアウト判定が高確率で出てしまいます。

一応は大安や友引についで六曜の中でも3番目に縁起の良い日とされていますが、縁起を担ぐ風習が今でも残っている日本において、この先勝の午後に結婚式などを行う人はあまり多くはありません。

なので、冠婚葬祭があったとしても友引や大安はほとんど満杯なのに、それ以外の4つはあいていてしかも割引されているというケースもあります。

先勝が割引されていてお得だったので契約したという人は、できるだけ午前中に冠婚葬祭を行うようにしましょう。

入籍や結婚式は縁起が良い?

先勝について解説したように、午前中は運気が向上しているのが先勝なので、入籍や結婚式も午前中に開催できればOKとされています。

午前中で終わらないような行事でも基本的には午前中から行っていれば問題ないと考えられているので、縁起的にも問題ないのです。

友引や大安が予約で埋まっているという人は先勝の午前中を利用すると良いでしょう。

あいていることも多くお得な値段で実行できるケースも多々あるので、うまく活用してください。

葬式は避けたほうがいい?

先勝にお通夜を実行するのは100%アウトとなりますが、先勝に葬儀や葬式を行うのは問題ないと言われております。

友引に葬式を開くと「死に友達を引き寄せてしまう」という考え方がありますので、これだけは覚えておいてください。

昨今ではこのような縁起を重視することはかなり減ってきてはいますが、それでもゼロではありませんので、ずらせるならずらすようにしましょう。

引っ越しは避けたほうがいい?

六曜で引っ越しの吉凶を見るものは多く、先勝の場合午前中から引っ越し作業を行っているのならOKとなります。

仏滅も大安も引っ越しに最適と言われておりますので、六曜と引っ越しを結びつけたいという人にとって日程調整はそこまで問題ないでしょう。

ただし、十二支の活動が凶変を起こすと言われている「三隣亡」という暦の日は家にまつわる事柄すべてがアウトと言われておりますので、この三隣亡と先勝が重なっていた場合はさけた方が良いです。

この三隣亡は旧暦の正月、四月、七月、十月が亥の日に該当するとき、二月、五月、八月、十一月は寅の日に該当するとき、三月、六月、九月、十二月は午の日に該当するときですので、覚えておきましょう。

2019年だと3月18日や30日などが先勝と三隣亡が重なるとなっています。

納車はしてもいいの?

午前中が吉とされているので、納車も午前中にしっかりと動いている場合は問題ないと考えられています。

友引や大安に次いでおすすめな日なので、うまく活用してください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は先勝における謎や疑問を色々と解消して参りました。

基本的に午前中に活動すると吉とされている六曜が先勝なので、うまく活用すれば縁起の良い日として多くの方々を納得させることができるでしょう。

特に、結婚式は今でも大安や友引が大人気なので予約で埋まっていることも多いです。

そこで、この先勝をうまく活用してお得に立ち回ることを覚えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました