普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先負に神社へお参りするのはNG?オススメの時間帯は?

スポンサーリンク

今回は六曜における先負のタイミングで神社へお参りするのはNGなのか、そもそもオススメの時間帯はどうなっているのかを解説します。

そもそも六曜と神社の関係はどうなっているのか、神社へのお参りが向いている吉日はいつなのか、逆に神社へのお参りには適していない凶日は何なのかもチェックして行きましょう。

神頼みという目に見えない要素を意識して訪れることが多い神社なので、六曜という身近な運の要素が絡むものとタイアップして考えることがどうしても多くなるのです。

スポンサーリンク

先負に神社へお参りするのはNG?

先負に神社へお参りすることがNGなのか、その点について考えてみましょう。

しかし、この問題に対する答えは個々の意見や考え方によって異なります。

先負とは、勝負事や裁判、公的な用事や急ぎの案件などを避けるべき日であり、午前中は凶、午後は吉とされています。

この情報を踏まえて結論を述べると六曜やその日の吉凶に気を配る方々にとっては、先負の日に神社へ参拝しても特に問題はない。ただし、六曜を意識するならば、午後に訪れるのがより良い』ということになるのです。

しかし、一部の神社の関係者や六曜に詳しい人々は、六曜と神道の関連性が希薄であることを指摘し、神社への参拝は心が導かれたときに行うべきだと主張しています。

この問題の答え方は個人の信条に依存するのです。

六曜に気を使っている方は、先負の日には午後に神社へ参拝することをお勧めします。

しかし、六曜を意識していない方は、自然な気持ちで神社へ行きたいと感じた日に参拝することが良いでしょう。

先負に神社へ行く時間帯はいつがいい?

神社への参拝において、先負の日にどの時間帯が適しているかについて考えてみましょう。

先負とは午前が凶で午後が吉とされる日ですが、神社への参拝は一般的に午前中が好ましいとされています。

これは、神社においては午前中の早い時間帯が霊的な観点から有益であるという意見が広く支持されているためです。

しかし、六曜に関する考え方とは異なる立場にあるため、どちらが正しいかは明確ではありません。

結論としては『六曜を重視する方は午後に行くことができますが、六曜を特に気にしない場合は午前中の早い時間帯が最適でしょう』と言えるでしょう。

また、午前中が良いとされる理由は以下の通りです。

①朝は邪気が一掃され、澄んだ空気を堪能できる

②参拝客が少なく、神様にじっくりと祈りを捧げられる

③神様が疲れにくく、効力が弱まらない

④悪いエネルギーの影響を受けにくい

これらの理由に加えて、神社が午前中に開いていることが一般的であり、空いている時間帯にお参りすることができます。

また、日の出の時間帯は太陽のエネルギーを最も受け取りやすく、参拝に適しているとされているのです。

ただし、神社の開閉時間は日によって異なる場合があるため、事前に確認することが重要です。

先負にお宮参りをするのは縁起的にどう?

お宮参りは赤ちゃんの誕生と成長を祝う日本の伝統行事です。

この行事は赤ちゃんの生まれた日や地元の習慣、家庭の都合などを考慮して決められるため、具体的な日程は決まっていません。

次は、先負にお宮参りを行うことが縁起的にどうなのかという点について考えてみましょう。

結論から言えば、六曜とお宮参りの関係はないため、縁起的な面で気にする必要はありません。

お宮参りの日程は昔は地域のしきたりが主でしたが、現代では赤ちゃんやママの体調などを優先して決めることが一般的です。

そのため、六曜自体が意識されることは少ないでしょう。

したがって、先負だからといって午後にするという考え方は二の次になることが多いです。

六曜と神社との関係性は?

神社の参拝にオススメの六曜は、大安と友引ですが、実際には六曜と神社は無関係です。

六曜の起源は古代中国の占術や日本の陰陽術にありますが、神社は基本的に神道に属しています。

そのため、六曜と神社との間には直接的な関係は過去に遡ってもありません。

実際に、神社関係者の中にも六曜と神社の関係を否定する人が多くいます。

彼らはQ&Aなどで、この二つは無関係であると明言しており、関係性を意識する必要はありません。

したがって、神社への参拝の際に六曜を気にする必要はないのです。

それでも神社と六曜についていろいろと情報が飛び交っているのは、日本人の我々がどうしてもどこかで意識してしまっているのが原因でしょう。

神社へのお参りが向いている吉日

神社へのお参りと相性の良さそうな吉日はいろいろとありますが、数が多いのである程度絞って紹介します。

大安:1日全体が吉日
友引:大安に次ぐ吉日で、昼の時間帯以外は安心して行動できる
先勝:午前中が吉の六曜で、うまく時間調整すれば良い相性
天赦日:日本の暦の上で最高の吉日で1年に5回か6回程度しか発生しない、何をやってもプラスの日だから金運もアップする
一粒万倍日:『一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、立派な稲穂になる』という意味があり新しいことやプラスになることが倍になって帰ってくると言われている、ただし借金も倍になるので注意
寅の日:寅は『千里行って千里戻ることができる』という故事やその柄から金運アップの象徴で外出も必ず帰ってこられると考えられるため好相性
巳の日:いわゆる蛇の日だが、蛇は財運の神である弁財天の使いなので、その力にあやかって金運が上がる日とされている。金運を上げたいのなら好相性
己巳の日:巳の日の力がよりパワーアップした吉日
神吉日:暦には『神よし』と書かれる暦注下段。神事に関する事柄全般が好相性なので、神社に赴くことが多い厄払いとは相性が良い
大明日:暦には『大明』と書かれる暦注下段。隅々まで太陽の日が照る日という意味があって吉事全般と好相性
天恩日:暦には『天おん』と書かれる暦注下段。天の恩恵を受ける日という意味があり、吉事全般と好相性
復日・重日:吉日と重なることで吉日の効果が増し、凶日と重なることで凶日の効果が増す日。一粒万倍日と似ている

こういった吉日を意識せずに赴いても問題ないとされている神社への参拝ですが、やっぱり気になるという方は参考にしてください。

神社へのお参りに行かないほうがいい凶日

基本的に神社へのお参りと相性の悪い日というのは存在しません。

存在しないのですが、とりあえずお出かけや神事と相性が悪いとされている日をいくつか紹介します。

赤口:仏滅に次ぐ凶日。何かを始めるのに適さない日
仏滅:1日凶。何をやっても凶とされる日
受死日:一部のカレンダーでは『●』の印で表される凶日。黒日とも呼ばれ、最悪の大凶日とされる。買い物も避けるべき日
十死日:受死日に次ぐ凶日で万事に凶とされる
不成就日:何をしてもうまくいかないとされる凶日

他にもいろいろとありますが、有名どころの凶日は以上です。

これらの凶日に一粒万倍日や復日・重日あたりが重なるとそのパワーが増すので注意してください。

先負に関するよくある質問まとめ

「先負」とは具体的にどのような意味がありますか?

「先負」は六曜の一つで、この日は午後は吉とされますが、午前中は凶とされる日です。

したがって、重要な行事や仕事、決断をする場合は午後を選ぶと良いとされています。

文字通り、「先んずれば負け」という意味を持ちます。

先負の日に避けるべきことはありますか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、特に新しいことを始める、重要な契約を結ぶ、大きな買い物をするといった行動は午後にした方が良いとされています。

午後に行動計画を立て、午前中は控えめに過ごすのがおすすめです。

結婚式や入籍は先負の日に避けるべきですか?

伝統的な意味合いでは、先負の日は午後から運が上がるとされているため、結婚式や入籍などの重要なイベントは午後が無難とされています。

ただし、現代では六曜を重視しない人も多く、最終的には個人の判断に委ねられます。

先負の日に良いとされる行動はありますか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているため、日々のルーティンワークや準備作業、計画立案などは有効に行えるとされています。

また、午前中はリラックスするための時間として使うのも良いでしょう。

先負の日は他の六曜とどのように関係していますか?

六曜は「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」という6つの日の周期で構成されており、それぞれに特有の意味があります。

「先負」はこのサイクルの中で、行動をする際に時間帯を考慮する必要がある日として位置付けられています。

六曜は日本の暦の中で古くから人々の生活に密接に関わってきた文化の一つであり、各日が持つ意味を理解することで、より良い日々を送るための指針とされています。

先負の日には、旅行を始めるのは避けるべきですか?

伝統的には、先負の日の午後は運勢が上昇するとされているため、新しいことを始めるのは午後からが良いとされます。

そのため、理想的には旅行を始めるのも、特に重要な出発や決定事項は午後に行うか、または先負の日を避けて計画することが勧められます。

しかし、現実にはスケジュールの都合上避けられない場合も多く、最終的には個人の判断によります。

先負の日に重要な商談を行うのは不利ですか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、理想的には重要な商談は避けるか、または午後に行うのが良いでしょう。

しかし、商談の成功は日選びだけでなく、準備や相手との関係性など多くの要因に左右されます。

従って、六曜を参考にしつつも、十分な準備と自信を持って臨むことが最も重要です。

先負の日に生まれた人には特別な意味がありますか?

六曜は主に行事や日々の活動を計画する際に参考にされるものであり、個人が生まれた日に特別な意味を持つ文化的背景はありません。

先負の日に生まれた人が特別な運命を持つという考え方は一般的ではなく、誰もが自身の努力や選択によって未来を切り開いていくことができます。

先負の日には何をするのがベストですか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているので、日常業務や計画を立てるなど、すでに進行中の活動を進めるのに適しています。

午前中は新しいことを避け、既存の業務の整理や準備、翌日以降の計画を考えるのに適した時間と考えると良いでしょう。

また、個人的な時間を大切にし、リラクゼーションや趣味の時間を過ごすのもおすすめです。

先負の日の過ごし方で運気を向上させる方法はありますか?

先負の日に運気を向上させるためには、午前中にポジティブな行動を起こし、明るい気持ちで一日をスタートさせることがおすすめです。

また、運気が上がるとされる午後には、積極的に行動を行うと良いでしょう。

自然に触れる散歩や、好きな音楽を聴くなどして、心を穏やかに保つことも運気向上に繋がります。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は先負に神社へお参りするのはNGなのか、オススメの時間帯はどうなっているのかを解説しました。

先負は午前中が凶というのが神社における吉の時間帯の考え方と正反対になってしまいます。

この部分がいろいろとネックになるので、個人的にも六曜が気になるという方は先負に神社に行くのはオススメできません。

そもそも、急ぎ事とも相性が悪いので、混み合うような神社に先負で行くこと自体が間違いという指摘もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました