普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先負にお祓いをしても大丈夫?六曜との関係性について解説!

スポンサーリンク

今回は“先負にお祓いをしても大丈夫?六曜との関係性について解説!”と題して、六曜や先負とお祓いとの関係性についていろいろとまとめて行きましょう。

日本では古来より厄年などに厄払いやお祓いで神社に行くことが風習でありました。

このお祓いと身近な存在である六曜にはなにか関係があるのか、そもそもお祓いに最適な日や向いていない日というのは存在しているのか、ここら辺も掘り下げていきましょう。

スポンサーリンク

先負にお祓いをしても大丈夫?

先負は名前からなんとなくイメージが悪くなっている六曜ですが、そこまで不運な日という扱いはされていません。

むしろ、午前中が今日で午後が吉という性質から、午後に動くことが多い方々にとってはありがたい日という扱いもされています。

なので、先負にお祓いに行くのは問題ないと言えるでしょう。

六曜が気になって仕方が無いという方は、午後に訪れるようにすればいいと思います。

お祓いと六曜との関係性は?

お祓いは、基本的に仏教寺院でも神社でも受けることができます。

ただし、厳密に言うと寺院で行うものは『祈祷』と呼ばれることが多く、神社で行うものは『厄払い』や『祓い』などと呼ばれます(ここでは区分けせずお寺でも神社でもお祓いが出来るものとしてお話します)。

まず、六曜は、中国の占術と日本の陰陽道が混ざり合ったものです。

なので、仏教や神道とは直接的な関係はありません。

ちなみに、六曜には『仏滅』という仏が混じった名称がありますが、これも仏教とは関係ありません。

そのため、神社やお寺で行われるお祓いの日取りを六曜で決める必要はないのです。

実際に神社に問い合わせると『六曜は気にせず、ご都合の良い日を予約して下さい』と言われるでしょう。

しかし、六曜は長い間、風習として受け継がれてきたものです。

特に年配の方にとっては、お祓いは重要な行事であり、「縁起の良い日に行うべき」という考えを持っている場合があります。

具体的には厄払い・お宮参り・七五三など、家族や親戚などが参列する場合は、六曜を考慮した方が良いでしょう。

結論として、一人で行く場合は、六曜を気にしなくても良いとなります。

家族や親戚などが参列する場合は、可能な限り六曜を考慮して、参列者全員が気持ちよくお祓いを受けられる日を選ぶようにしてください。

お祓いと相性のいい日は?

お寺や神社へのお祓いに向いている吉日についてお話しましょう。

種類が豊富なので、一気に記載します。

大安: 1日全体が吉日
友引: 大安に次ぐ吉日で、昼の時間帯以外は安心して行動できる
先勝: 午前中が吉の六曜で、うまく時間調整すれば良い相性
天赦日:日本の暦の上で最高の吉日で1年に5回か6回程度しか発生しない、何をやってもプラスの日だから金運もアップする
一粒万倍日:『一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、立派な稲穂になる』という意味があり新しいことやプラスになることが倍になって帰ってくると言われている、ただし借金も倍になるので注意
寅の日:寅は『千里行って千里戻ることができる』という故事やその柄から金運アップの象徴で外出も必ず帰ってこられると考えられるため好相性
巳の日:いわゆる蛇の日だが、蛇は財運の神である弁財天の使いなので、その力にあやかって金運が上がる日とされている。金運を上げたいのなら好相性
己巳の日:巳の日の力がよりパワーアップした吉日
神吉日:暦には『神よし』と書かれる暦注下段。神事に関する事柄全般が好相性なので、神社に赴くことが多い厄払いとは相性が良い
大明日:暦には『大明』と書かれる暦注下段。隅々まで太陽の日が照る日という意味があって吉事全般と好相性
天恩日:暦には『天おん』と書かれる暦注下段。天の恩恵を受ける日という意味があり、吉事全般と好相性
復日・重日:吉日と重なることで吉日の効果が増し、凶日と重なることで凶日の効果が増す日。一粒万倍日と似ている

こういった吉日を意識せずに赴いても問題ないとされている神社への参拝ですが、やっぱり気になるという方は参考にしてください。

お祓いを避けたほうがいい日は?

基本的に神社やお寺への参拝およびお祓いに相性の悪い日は存在しません。

存在しないのですが、とりあえずお出かけや神事と相性が悪いとされている日をいくつか紹介します。

赤口:仏滅に次ぐ凶日。何かを始めるのに適さない日
仏滅:1日凶。何をやっても凶とされる日
受死日:一部のカレンダーでは『●』の印で表される凶日。黒日とも呼ばれ、最悪の大凶日とされる。買い物も避けるべき日
十死日:受死日に次ぐ凶日で万事に凶とされる
不成就日:何をしてもうまくいかないとされる凶日

他にもいろいろとありますが、有名どころの凶日は以上です。

これらの凶日に一粒万倍日や復日・重日あたりが重なるとそのパワーが増すので注意してください。

お祓いは誰と行くの?

これは意見が大きく割れているので答えはないと思います。

具体的な割れ方としては『1人でいった方が良い派』と『すでに身近な人には厄が移っているから、一緒に行った方が良い派』です。

これは正直どっちもどっちといった感じがしますので、自分が信じている方の意見を参照して訪れればいいと思います。

お祓いで準備するものと正しいマナー

厄払いといったお祓いのマナーについてまとめましょう。

①予約について

・多くの場合、当日申し込みでその日のうちにお祓いを授かることができる。

・神社の行事や婚礼と重なる場合は、事前に確認が必要。

・遠方の場合は、電話などで確認することをおすすめする。

②服装や礼儀について

・神社は神聖な場所なので、礼儀を欠かずに。

・服装は、礼服、スーツ、ワンピースなど。

・普段着の場合は、ダークな色合いのものを選ぶ。

・ジーンズ、半ズボン、肌の露出が多い服装、サンダル、スリッパは避ける。

・格式の高い神社では、服装を指定している場合もあるので、事前に確認する。

・身体を洗い清めてから参拝する。

③ご祈祷と流れと作法について

・社務所で申し込みをする。

・待合所で名前が呼ばれるまで待つ。

・手水舎で手を洗い、口をすすぐ。

・本殿に上がらせてもらい、儀式を受ける。

・神職の指示に従って、起立、頭を下げるなどを行う。

・玉串拝礼では、2拝2拍手1拝をする。

・儀式が終わるとお札やお守りが配られる。

これらの情報をうまく活用して、お祓いを受けて下さい。

気になる点があるという方は神社やお寺に確認してみるといいでしょう。

先負に関するよくある質問まとめ

「先負」とは具体的にどのような意味がありますか?

「先負」は六曜の一つで、この日は午後は吉とされますが、午前中は凶とされる日です。

したがって、重要な行事や仕事、決断をする場合は午後を選ぶと良いとされています。

文字通り、「先んずれば負け」という意味を持ちます。

先負の日に避けるべきことはありますか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、特に新しいことを始める、重要な契約を結ぶ、大きな買い物をするといった行動は午後にした方が良いとされています。

午後に行動計画を立て、午前中は控えめに過ごすのがおすすめです。

結婚式や入籍は先負の日に避けるべきですか?

伝統的な意味合いでは、先負の日は午後から運が上がるとされているため、結婚式や入籍などの重要なイベントは午後が無難とされています。

ただし、現代では六曜を重視しない人も多く、最終的には個人の判断に委ねられます。

先負の日に良いとされる行動はありますか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているため、日々のルーティンワークや準備作業、計画立案などは有効に行えるとされています。

また、午前中はリラックスするための時間として使うのも良いでしょう。

先負の日は他の六曜とどのように関係していますか?

六曜は「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」という6つの日の周期で構成されており、それぞれに特有の意味があります。

「先負」はこのサイクルの中で、行動をする際に時間帯を考慮する必要がある日として位置付けられています。

六曜は日本の暦の中で古くから人々の生活に密接に関わってきた文化の一つであり、各日が持つ意味を理解することで、より良い日々を送るための指針とされています。

先負の日には、旅行を始めるのは避けるべきですか?

伝統的には、先負の日の午後は運勢が上昇するとされているため、新しいことを始めるのは午後からが良いとされます。

そのため、理想的には旅行を始めるのも、特に重要な出発や決定事項は午後に行うか、または先負の日を避けて計画することが勧められます。

しかし、現実にはスケジュールの都合上避けられない場合も多く、最終的には個人の判断によります。

先負の日に重要な商談を行うのは不利ですか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、理想的には重要な商談は避けるか、または午後に行うのが良いでしょう。

しかし、商談の成功は日選びだけでなく、準備や相手との関係性など多くの要因に左右されます。

従って、六曜を参考にしつつも、十分な準備と自信を持って臨むことが最も重要です。

先負の日に生まれた人には特別な意味がありますか?

六曜は主に行事や日々の活動を計画する際に参考にされるものであり、個人が生まれた日に特別な意味を持つ文化的背景はありません。

先負の日に生まれた人が特別な運命を持つという考え方は一般的ではなく、誰もが自身の努力や選択によって未来を切り開いていくことができます。

先負の日には何をするのがベストですか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているので、日常業務や計画を立てるなど、すでに進行中の活動を進めるのに適しています。

午前中は新しいことを避け、既存の業務の整理や準備、翌日以降の計画を考えるのに適した時間と考えると良いでしょう。

また、個人的な時間を大切にし、リラクゼーションや趣味の時間を過ごすのもおすすめです。

先負の日の過ごし方で運気を向上させる方法はありますか?

先負の日に運気を向上させるためには、午前中にポジティブな行動を起こし、明るい気持ちで一日をスタートさせることがおすすめです。

また、運気が上がるとされる午後には、積極的に行動を行うと良いでしょう。

自然に触れる散歩や、好きな音楽を聴くなどして、心を穏やかに保つことも運気向上に繋がります。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は“先負にお祓いをしても大丈夫?六曜との関係性について解説!”と題して、先負とお祓いについてお話しました。

お祓いはお寺や神社で受けられますが、お寺や神社と六曜は関係ありません。

なので、全く六曜を気にしていないという方は好きなタイミングで訪れればいいのです。

ただし、お祓いにもいろいろとルールがあるので、そのルールだけはしっかりと守ってください。

予約が必要ならばきちんと予約しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました