普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

母倉日の意味や読み方は?2020年はいつなの?

母倉日にするといい事は?仏滅や赤口と重なるとどうなるの?

大安などの吉日は訪れるとちょっとうれしい気持ちになりますが、実はその吉日も種類が大量にあるのでどれが吉日かわかっていないと良いか悪いかの判断すらできません。

そこで、今回は母倉日とは何かを詳しく解説し母倉日にするといい事や仏滅や赤口といった凶日と重なった場合の判断はどうしたらいいのかを記載していきます。

2020年の母倉日がいつなのか、母倉日の決め方はどうなっているいのかもあわせて確認して行きましょう。

スポンサーリンク

母倉日の意味

母倉日はカレンダーに「母倉」と書かれる吉日の一つで、意味は「天が人間を母親が子供を慈しむように大切にする日」であり「地の恵みにより万物が生じ反映する吉兆の日」と言われており、暦の最下段に書かれていた暦注下段の一つとなっております。

最上の吉日と言われている天赦日と同じように天に愛される日となっているのです。

ただし、名前に「母」という文字が入っているので、天赦日よりも母親要素が強い吉日となっております。

基本的には何事にも吉とされている扱いやすい吉日なのですが、特に最良とされているのは結婚や入籍で、引っ越しや開業とも相性がいいようです。

この母倉日は「七箇の善日」という何事に用いても良いとされている日本独自の7つある吉日の一つとされており、母倉日以外には天恩日(てんおんにち)・月徳日(つきとくにち)・天赦日(てんしゃび)・神吉日(かみよしび)・大明日(だいみょうにち)・鬼宿日(きしゅくび)が存在します。

とりあえずこれらの暦注下段がきたらラッキーと考えてください。

ただし、この七箇の善日は六曜と比べるとマイナーな部類になってしまうので、カレンダーにそもそも記載されていない事も多く、チェックするには専用のカレンダーやアプリを用いないといけないので注意しましょう。

また、由来についても色々とチェックしてきたのですが母倉日の由来についてネット上でチェックすることはできなかったのでおそらく不明という扱いになっていると思われます。

母倉日の読み方

母倉日の読み方は「ぼそうにち」です。

そのままの読み方が当てはまる母倉日ですが、「七箇の善日」そのものがかなり知名度が低いので漢字変換に対応していない可能性が高いです。

一応「母層」という言葉はあるのですが、こっちもかなりマイナーな専門用語で一発変換できるケースは少ないでしょう(母層の意味は仏堂や昔の塔などにある屋根下の庇状につけた差掛けのこと)。

頻繁に用いるという人は単語登録をして入力をしたら変換できるようにするとちょっと操作性が上がります。

2020年の母倉日一覧

2020年の母倉日は以下のとおりです。

1月:15日、16日、27日、28日
2月:14日、15日、26日、27日
3月:9日、10日、21日、22日
4月:2日、3日、8日、9日、20日、21日
5月:2日、3日、11日、12日、23日、24日
6月:4日、5日、16日、17日、28日、29日
7月:13日、14日、25日、26日
8月:6日、8日、11日、14日、17日、20日、23日、26日、29日
9月:1日、4日、7日、10日、13日、16日、19日、22日、25日、28日
10月:1日、4日、7日、17日、18日、29日、30日
11月:13日、14日、25日、26日
12月:7日、8日、19日、20日、31日

この母倉日を決めるルールは二十四節気の節気を用いた節切りという考え方で、1月と2月は子と亥の日、4月と5月は寅と卯の日、7月と8月は丑と辰と未と戌の日、10月と11月は申と酉の日、3月と6月と9月と12月は巳と午の日とされています。

もちろん旧暦での考え方ですので、新暦に変換すると1カ月ほどずれると思ってください。

母倉日が多くなる旧暦の7月と8月は、2020年の新暦だと8月中旬から10月中旬までとなっているので、その期間は母倉日が多くなっているのです。

母倉日にするといい事は?

母倉日は母親のような慈しみの力を持って天から愛される日なので、結婚や入籍との相性が抜群とされています。

それ以外にも特にプラスに働くイベントがありますので、そちらにも注力してください。

引っ越し

母倉日は日本人に慣れ親しまれている大安と同じような「何をやっても吉となる日」なので、引っ越しとも相性がいいと言われています。

ただし、この引っ越しと相性がいいとされる理由は、結婚を含む日々の生活への影響力が大きいためと言われており、夫婦生活に関わる大きなイベント全般と相性がいいと考えましょう。

結婚式や入籍

母倉日で最高に相性がいいと言われているのが結婚や入籍で、母倉日で一番推奨されるイベントとなっています。

ただし、友引や大安と比べると知名度は劣りますので、友引よりもこちらを優先すると参加者の賛同が得られないケースもあるでしょう。

その点は注意してください。

家を建てる

住まいはその過程において非常に大きな役割がありますので、この住まいに関わるイベントも母倉日と相性がいいとされています。

これは家の修理も含まれていますので、家を建てる予定が無いという方でも家の修繕をこの母倉日のタイミングで行うといいでしょう。

仏滅や赤口と重なったらどうなる?

これは意見が割れているので、自分が正しいと思った方を優先してください。

1つ目の意見が赤口仏滅といった凶日と被ってしまった場合は打ち消しあって吉日でも凶日でも無くなる」というもの、2つ目が「より強力な暦注下段が優先される」という意見です。

母倉日はかなり強力な吉日とされていますが、母倉日の力が仏滅や赤口より上回っているかと言われると確証はありませんので強いと思った方の力を信じるといいでしょう。

個人的には日の吉兆は自分の考え方一つで変わりますので、自分にとって都合のいい解釈ができるようにすることがベストだと思います。

つまり、「たとえ他の凶日といくらセットにしたところでそれらの効力は母倉日の前では無意味になる」というプラス思考で行動した方がいいという事です。

冠婚葬祭といった人が集まるイベントでは凶日を重視することも必要ですが、ちょっとした日常では気にすること無く自分たちにとって都合のいい解釈で行きましょう。

冠婚葬祭では吉日よりも凶日を重視している人と遭遇する可能性がありますので、凶日を無視して日程を組むと注意されてしまうかもしれません。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は母倉日についての情報を各所から集めて開設して参りました。

母倉日は残念ながらかなりマイナーな暦注下段となっておりますので、六曜と比べると知られていません。

なので、冠婚葬祭で六曜よりも重視してしまうと理解されない可能性も高いと思われます。

トラブルを起こさないようにするためにも、母倉日の吉の力は自分だけが信じていると考えて色々と日程を組むのが吉となるでしょう。

地方や地域ごとの風習で何を優先するのかが大きく変わるのが冠婚葬祭ですが、それらが絡まなければ暦注下段に自分独自のルールを用いて行動しても問題ないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました