普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先負は何時から何時まで縁起が悪い?してもいいことと悪いことは?

スポンサーリンク

今回は“先負は何時から何時まで縁起が悪い?してもいいことと悪いことは?”と題して、先負についていろんな情報をまとめます。

まとめる情報は何時から何時まで縁起が悪いのか、先負にしたほうがいい縁起の良いこととは何なのか、先負にしても問題ない縁起的なこととは何か、先負にしないほうがいい縁起の悪いこととは何か、そして先負を日ごろから意識したほうがいいのかといった項目です。

最後に、そもそそもこの先負とはいったいどういった意味があるのか、その由来も見ていきましょう。

スポンサーリンク

先負は何時から何時まで縁起が悪い?

先負は午前中が凶で午後が吉という六曜です。

なので、いつからいつまで縁起が悪いのかというお話をするときは午前中が縁起が悪いと言えるでしょう。

先負にしたほうが縁起のいいこと

先負にしたほうが縁起のいいことというのは実は存在しません。

先負は、勝負事や裁判、公的な用事や急ぎの案件などを避けるべき日であり、午前中は凶、午後は吉とされています。

そして、平穏が推奨される日であり、争いごとや急ぎ事は避ける必要があるのです。

縁起のいいことは特にないので、ここではとりあえずコレをやっておくのが安全ということをまとめましょう。

・溜まったDVDや動画を鑑賞する

・ゲームを楽しむ

・読書をする

・音楽を聴く

・手芸や工作をする

・家族や友人とゆっくり話す

・睡眠をしっかりとる

・計画を立てたり、整理整頓をする

・趣味や好きなことに没頭する

・リラックスできる音楽を聴いたり、アロマテラピーをする

・運動やヨガをして心身をリフレッシュする

先負にしても縁起的に問題ないこと

ここでは先負にしても縁起的に問題ないことをまとめます。

引っ越しについて

・六曜の中で「大安」が人気ですが、予約や料金に影響が出ることも。

・先負なら、比較的料金を抑えつつ都合の良い日時を選べる。

・混乱を避けるために、積み込み時間を午後にしたり、前夜に荷造りを済ませることを検討。

納車について

・特に問題なし。

・安全に関わることなので、午後に行う方が良い。

・「大安」が最適で、「赤口」と「友引」は避けられる。

結婚について

・午後から吉なので、そこまで相性は悪くないとの意見も。

・ただし、「負」の字が含まれるため、友引や大安が基本的に推奨される。

お葬式について

・弔事は縁起を担がないので、先負の日に行っても問題なし。

・時間帯による吉凶の変化があるが、お葬式の日なら気にする必要はない。

お参りについて

・神社へのお参りに先負の日を選んでも問題ない。

・ただし、お宮参りや合格祈願などは午後がおすすめ。

・一般的に早い時間帯が良いが、先負の午後ならできるだけ早めに。

お見舞いについて

・先負の日にお見舞いに行っても問題ない。

・病院は午前中が忙しいため、午後がおすすめ。

・相手の体調や都合を思いやる気持ちが大切。

先負にしないほうがいい縁起の悪いこと

先負は『負』という字が含まれるためか、『勝負事』『裁判などの訴訟事』『公事や急用』など、争いや急ぎ事を避けるべき日とされています。

以下に、避けるべき行動をまとめます。

ただし、この情報はあくまで目安であり、科学的な根拠はありません。

必要な場合は慎重に行動しましょう。

勝負事全般

勝負事や議論など、勝ち負けが重要な場面は避けた方が良いです。

先負は争いごと全般を避ける日であり、勝負事の解釈は個々の判断に委ねられます。

賭け事全般もこの勝負事に当てはまるので、避けた方がいいとされています。

宝くじ購入ももちろんアウトです。

裁判などの訴訟事全般

先負は負けるとされる日なので、裁判や法廷での訴訟などは避けるべきです。

弁護士に相談する日としても向いていません。

急用全般

先負は『急ぐこと』全般が凶とされています。

急用があっても、日程の調整を行い慎重に行動することが望ましいです。

慌ただしい行動や動き回ることも避けるべきとされています。

引っ越しや開業なども、慎重な日程調整が必要です。

この急ぎ事はハッキリ言ってその人の感性によって当てはまるかどうかが変わってくるのが厄介なところで、人によっては非常に多くの行動がNGとされてしまうでしょう。

先負を日頃から気にしたほうがいい?

六曜はそれぞれ意味を持ち、行事と深い関係があります。

六曜の仲に含まれている先負も同じです。

しかし、先負を含めた六曜を『迷信』と考える方もかなり多いため、気にするか気にしないかは人それぞれと言えるでしょう。

ただし、迷信であっても意識したほうがいい行事は存在しているので、それらは何かを知っておく必要はあります。

ソレでは具体的に六曜を意識するべきイベントや行事、逆に意識する必要が無いイベントや行事とは何なのかを具体的に考えると以下のようになるでしょう。

六曜を意識すべきイベントや行事

・結婚式や葬式など、多くの人が関わる行事

・相手が六曜を気にしている場合

・自身が六曜を気にしており、不安を感じる場合

六曜を意識する必要が無いイベントや行事

・親しい友人との食事や買い物など、プライベートな行動

・相手が六曜を気にしていない場合

・自身が六曜を気にしておらず、不安を感じない場合

また、こういった六曜に関するアンケートをしているところもあったので、それらの情報もまとめます。

・イベントを行う時に六曜を気にしたことがある人は52.5%(リサーチパネル調べ

・引っ越しの時に六曜を気にする人は20%(日本通運調べ

結論として、六曜はあくまでも目安であり、絶対的なものではありません。

周囲の状況や自分の気持ちに合わせて、柔軟に判断することが大切です。

先負の意味と由来は?

最後に先負の意味と由来についてまとめましょう。

先負の意味

先負(せんぶ)は、一見『負』の字から縁起が悪いように思えますが、実は午後は吉とされ、六曜の中でも比較的吉日とされています。

読み方は「さきまけ」や「せんまけ」でも正解です。

先負は「静かに過ごすのが吉」とされている日であり、午前中は凶で午後は吉の日となっています。

先負の由来

先負を含めた六曜は、中国で生まれた時間の吉凶を占う『小六壬(しょうろくじん) 』という占術に由来します。

陰陽五行思想に基づき、易経の考えを取り入れたものです。

室町時代に日本に伝来した際、日本の陰陽道の影響を受け、名称や解釈が変化しました。

小六壬で使われていたのは『大安・留連・速喜・赤口・将吉(小吉)・空亡』だったのですが、これが変化して『大安・友引・先勝・赤口・先負・仏滅』になったようです。

先負に関するよくある質問まとめ

「先負」とは具体的にどのような意味がありますか?

「先負」は六曜の一つで、この日は午後は吉とされますが、午前中は凶とされる日です。

したがって、重要な行事や仕事、決断をする場合は午後を選ぶと良いとされています。

文字通り、「先んずれば負け」という意味を持ちます。

先負の日に避けるべきことはありますか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、特に新しいことを始める、重要な契約を結ぶ、大きな買い物をするといった行動は午後にした方が良いとされています。

午後に行動計画を立て、午前中は控えめに過ごすのがおすすめです。

結婚式や入籍は先負の日に避けるべきですか?

伝統的な意味合いでは、先負の日は午後から運が上がるとされているため、結婚式や入籍などの重要なイベントは午後が無難とされています。

ただし、現代では六曜を重視しない人も多く、最終的には個人の判断に委ねられます。

先負の日に良いとされる行動はありますか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているため、日々のルーティンワークや準備作業、計画立案などは有効に行えるとされています。

また、午前中はリラックスするための時間として使うのも良いでしょう。

先負の日は他の六曜とどのように関係していますか?

六曜は「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」という6つの日の周期で構成されており、それぞれに特有の意味があります。

「先負」はこのサイクルの中で、行動をする際に時間帯を考慮する必要がある日として位置付けられています。

六曜は日本の暦の中で古くから人々の生活に密接に関わってきた文化の一つであり、各日が持つ意味を理解することで、より良い日々を送るための指針とされています。

先負の日には、旅行を始めるのは避けるべきですか?

伝統的には、先負の日の午後は運勢が上昇するとされているため、新しいことを始めるのは午後からが良いとされます。

そのため、理想的には旅行を始めるのも、特に重要な出発や決定事項は午後に行うか、または先負の日を避けて計画することが勧められます。

しかし、現実にはスケジュールの都合上避けられない場合も多く、最終的には個人の判断によります。

先負の日に重要な商談を行うのは不利ですか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、理想的には重要な商談は避けるか、または午後に行うのが良いでしょう。

しかし、商談の成功は日選びだけでなく、準備や相手との関係性など多くの要因に左右されます。

従って、六曜を参考にしつつも、十分な準備と自信を持って臨むことが最も重要です。

先負の日に生まれた人には特別な意味がありますか?

六曜は主に行事や日々の活動を計画する際に参考にされるものであり、個人が生まれた日に特別な意味を持つ文化的背景はありません。

先負の日に生まれた人が特別な運命を持つという考え方は一般的ではなく、誰もが自身の努力や選択によって未来を切り開いていくことができます。

先負の日には何をするのがベストですか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているので、日常業務や計画を立てるなど、すでに進行中の活動を進めるのに適しています。

午前中は新しいことを避け、既存の業務の整理や準備、翌日以降の計画を考えるのに適した時間と考えると良いでしょう。

また、個人的な時間を大切にし、リラクゼーションや趣味の時間を過ごすのもおすすめです。

先負の日の過ごし方で運気を向上させる方法はありますか?

先負の日に運気を向上させるためには、午前中にポジティブな行動を起こし、明るい気持ちで一日をスタートさせることがおすすめです。

また、運気が上がるとされる午後には、積極的に行動を行うと良いでしょう。

自然に触れる散歩や、好きな音楽を聴くなどして、心を穏やかに保つことも運気向上に繋がります。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は“先負は何時から何時まで縁起が悪い?してもいいことと悪いことは?”と題して、先負についてのいろんな情報をまとめてきました。

こういった六曜は意識する必要が無いという意見は確かに増えていますが、今でも信じている人は年配の方を中心に多いです。

なので、そういった方達の意見にも合わせられるように、知識として備え置くことを強く推奨します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました