普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先負に顔合わせ食事会をしても縁起的に大丈夫?日程の決め方は?

スポンサーリンク

今回は顔合わせにおける六曜についてのお話です。

ずばり、あまり好印象を持たれていない先負に顔合わせの食事会をしても縁起的に大丈夫なのか、日程の決め方はどうなっているのかを探るというお話になります。

それ以外にも、顔合わせと縁起がいいとされている吉日や縁起が悪いとされている凶日、顔合わせに必要なマナー情報もセットでお届けしましょう。

スポンサーリンク

先負に顔合わせ食事会をしても縁起的に大丈夫?

両家顔合わせは、結婚に向けて両家の親族が初めて顔を合わせる大切な節目です。

日取りを選ぶ際には、吉日を意識する方も多いでしょう。

先負という日について、一見『負』の字から縁起が悪いように思えますが、実は午後は吉とされ、六曜の中でも比較的吉日とされています。

ちなみに読み方は「さきまけ」や「せんまけ」でも正解です。

先負は『静かに過ごせば、幸運が舞い込む』とされている日であり、午前中は凶で午後は吉の日となっています。

顔合わせは食事を伴うことが多いため、お昼に行うことも多いです。

12時以降が吉と考えるのならば、それ以降の時間スタートとなる顔合わせとも相性がいいと言えるでしょう。

ただし、六曜が気になるという方は大安を選ぶことをおすすめします。

大安は、六曜の中で最も吉日とされ、物事が順調に進むとされているからです。

先負は午後が吉ですが、吉日という意味では大安には勝てません。

顔合わせ食事会の日程の決め方は?

人生の新たな門出を彩る両家顔合わせ。

大切なのは、両家の親睦を深め、未来へ向けた絆を築くことです。

その第一歩となる日取り選びは、スムーズな顔合わせ開催と、心温まる時間の実現に欠かせません。

そこで、抑えるべきポイントや決め方をまとめます。

①最初は大安を選んで動く

古くから吉日とされる『大安』は、顔合わせのような慶事において、多くのカップルに選ばれています。

縁起の良い日取りは、心晴れやかに未来を語り合う場を演出してくれるでしょう。

ただし、大安が必須というわけではなく、仮日程を決めるには、最初に大安を固定したほうが動きやすいだけという点は理解しておいてください。

②参加者の都合を確認する

大安にこだわるあまり、参加者の都合が合わない場合は、無理せず別の候補日を検討しましょう。

遠方から参加する親族がいる場合や、仕事や学校との兼ね合いなど、様々な事情を考慮することが大切です。

③昼か夜かのどちらかを決める

昼開催か夜開催かでどちらもメリットとデメリットがあるので、それらを考慮した上で日取りを決めましょう。

●昼開催の特徴

・昼食を共にしながら、ゆっくりと会話を楽しむことができます。

・顔合わせの定番スタイルであり、伝統的な雰囲気を演出できます。

・平日開催の場合は、事前に休みを取る必要があり、参加者の調整が難しい場合があります。

●夕方開催の特徴

・仕事や学校終わりに参加できるため、多くの人が集まりやすい時間帯です。

・開催時間によっては、帰りの時間が遅くなる可能性があります。

顔合わせと縁起のいい吉日まとめ

顔合わせの吉日として、一般的に大安と友引が挙げられます。

大安は、六曜の中で最も吉日とされる日であり、縁起がよく、物事が順調に進むとされているのです。

友引も吉日とされています。

しかし、友引はお昼が凶とされているため、お昼ご飯とセットになる顔合わせには適していません。

そのため、顔合わせの吉日としては、大安が最もおすすめと言えます。

吉日かどうかを判断する方法は、六曜以外にも『寅の日』『巳の日』『天赦日』『神吉日』『一粒万倍日』など、さまざまな暦注の吉日があります。

しかし、六曜以外の吉日は、一般的にあまり知られていません。

そのため、顔合わせなどの大切なイベントで六曜以外の吉日を選ぶと、相手に「なぜこの日を選んだの?」と聞かれたときに、うまく説明できない可能性があります。

六曜以外の吉日は、そもそも存在を知らない人も多いのです。

そのため、六曜以外の吉日を選んでしまうと、「赤口なのにこの日を選んだなんて、縁起が悪い」と誤解されてしまう可能性もあります。

顔合わせと縁起の悪い凶日まとめ

こちらも先ほどの吉日のお話と同じで、知名度の高い六曜だけ意識すればいいでしょう。

具体的には仏滅・赤口あたりを避ければ大丈夫だと思います。

個人的には大安を選べばとりあえず大丈夫という風潮があるので、大安を中心に日程を組むようにすればいいでしょう。

顔合わせに向けて準備すること

両家の顔合わせに向けて準備するポイントを以下にまとめます。

①参加者・日程・時間帯

参加者: 結婚するふたり+両家の親が一般的ですが、兄弟姉妹や祖父母も参加することもあります。雰囲気を決めておくと進行がスムーズになります。

日程: 結婚式の約6ヶ月前が一般的ですが、3ヶ月前までには済ませたいですね。お日柄や時期を決める際は、両家の都合を考慮しましょう。

時間帯: 昼食や夕食が一般的で、会場へのアクセスや参加者のスケジュールに合わせて決定します。

②場所

エリア: 両家からアクセスしやすい場所を選ぶことが重要です。実家の中間地点や、どちらかの実家近くに出向くパターンもあります。

会場: レストランや料亭の個室が人気で、フォーマルやカジュアルな雰囲気に合わせて選びます。結婚式の会場内のレストランも選択肢に入れましょう。

③料理

コース料理: 会話と食事を楽しめるコース料理がおすすめです。アレルギーなどの特別な要望は事前に伝えておきましょう。

④費用の分担や支払い方法

負担方法: 折半するか、あるいは一括で支払って後日清算するなど、両家で決めましょう。

支払い方法: 支払いは事前に済ませておくとスムーズです。

⑤手土産

相場: 3,000円~5,000円程度が一般的です。親の好みや地域の名産品を考慮して選びましょう。

渡し方: 渡す際には丁寧な言葉を添えて、相手に喜んでもらえるように心がけましょう。

⑥当日の服装

格を合わせる: 両家で服装を合わせることが大切です。和装やスーツなど、会場や季節に合った服装を選びましょう。

これらのポイントを抑えて、顔合わせ食事会を成功させましょう。

顔合わせで失敗しない正しいマナー

両家顔合わせには、服装や席順など様々なマナーがあります。以下に、正しいマナーについて解説します。

①服装について

両家顔合わせの食事会では、場所やレストランの雰囲気に応じて服装を選びましょう。

一貫性を持たせるために、両家で打ち合わせをすることが重要です。

以下に4つの服装パターンを紹介します

フォーマルな洋装: 高級ホテルや料亭ではダークスーツやフォーマルなワンピースが適切です。

セミフォーマル: ホテル内のレストランなどでは落ち着いた色のスーツや上品なワンピースが適しています。

カジュアル: カジュアルなレストランではジャケパンスタイルやお出かけ用のワンピースが適切です。

和装と洋装の組み合わせ: 新婦と母親は和装、男性と兄弟姉妹はフォーマルな洋装を選びましょう。

②当日の席順について

顔合わせ食事会の席順に関するマナーを解説します。

一般的には、男性側の親族が上座に、女性側が下座に座ります。

席順はお父様、お母様、そしてご本人の順になるように配置し、同じ立場の人が向かい合うように座ることがポイントです。

③事前確認について

両家の意向を事前に確認し、当日のスムーズな進行を図りましょう。

席順や食事会の流れを前もって周知し、待ち合わせから記念撮影までの進行を考えておく必要があります。

食事会の時間は2時間~2時間半程度が一般的ですので、その時間内での進行も考慮しましょう。

先負に関するよくある質問まとめ

「先負」とは具体的にどのような意味がありますか?

「先負」は六曜の一つで、この日は午後は吉とされますが、午前中は凶とされる日です。

したがって、重要な行事や仕事、決断をする場合は午後を選ぶと良いとされています。

文字通り、「先んずれば負け」という意味を持ちます。

先負の日に避けるべきことはありますか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、特に新しいことを始める、重要な契約を結ぶ、大きな買い物をするといった行動は午後にした方が良いとされています。

午後に行動計画を立て、午前中は控えめに過ごすのがおすすめです。

結婚式や入籍は先負の日に避けるべきですか?

伝統的な意味合いでは、先負の日は午後から運が上がるとされているため、結婚式や入籍などの重要なイベントは午後が無難とされています。

ただし、現代では六曜を重視しない人も多く、最終的には個人の判断に委ねられます。

先負の日に良いとされる行動はありますか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているため、日々のルーティンワークや準備作業、計画立案などは有効に行えるとされています。

また、午前中はリラックスするための時間として使うのも良いでしょう。

先負の日は他の六曜とどのように関係していますか?

六曜は「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」という6つの日の周期で構成されており、それぞれに特有の意味があります。

「先負」はこのサイクルの中で、行動をする際に時間帯を考慮する必要がある日として位置付けられています。

六曜は日本の暦の中で古くから人々の生活に密接に関わってきた文化の一つであり、各日が持つ意味を理解することで、より良い日々を送るための指針とされています。

先負の日には、旅行を始めるのは避けるべきですか?

伝統的には、先負の日の午後は運勢が上昇するとされているため、新しいことを始めるのは午後からが良いとされます。

そのため、理想的には旅行を始めるのも、特に重要な出発や決定事項は午後に行うか、または先負の日を避けて計画することが勧められます。

しかし、現実にはスケジュールの都合上避けられない場合も多く、最終的には個人の判断によります。

先負の日に重要な商談を行うのは不利ですか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、理想的には重要な商談は避けるか、または午後に行うのが良いでしょう。

しかし、商談の成功は日選びだけでなく、準備や相手との関係性など多くの要因に左右されます。

従って、六曜を参考にしつつも、十分な準備と自信を持って臨むことが最も重要です。

先負の日に生まれた人には特別な意味がありますか?

六曜は主に行事や日々の活動を計画する際に参考にされるものであり、個人が生まれた日に特別な意味を持つ文化的背景はありません。

先負の日に生まれた人が特別な運命を持つという考え方は一般的ではなく、誰もが自身の努力や選択によって未来を切り開いていくことができます。

先負の日には何をするのがベストですか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているので、日常業務や計画を立てるなど、すでに進行中の活動を進めるのに適しています。

午前中は新しいことを避け、既存の業務の整理や準備、翌日以降の計画を考えるのに適した時間と考えると良いでしょう。

また、個人的な時間を大切にし、リラクゼーションや趣味の時間を過ごすのもおすすめです。

先負の日の過ごし方で運気を向上させる方法はありますか?

先負の日に運気を向上させるためには、午前中にポジティブな行動を起こし、明るい気持ちで一日をスタートさせることがおすすめです。

また、運気が上がるとされる午後には、積極的に行動を行うと良いでしょう。

自然に触れる散歩や、好きな音楽を聴くなどして、心を穏やかに保つことも運気向上に繋がります。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は“先負に顔合わせ食事会をしても縁起的に大丈夫?日程の決め方は?”と題して、先負と顔合わせの関係性についてお話しました。

顔合わせのような他の人達がいるようなイベントだと、たとえ自分が六曜を信じていなくてもこの中の誰かが信じてるというケースが発生しがちです。

そのため、軽視するといろいろと面倒なことになってしまうパターンが多々あります。

なので、こういったイベント事ではとりあえず大安を選ぶようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました