普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

天赦日と一粒万倍日が重なる日はかなりの吉日って本当?

天赦日と一粒万倍日の意味は?2020年はいつ重なるの?

天赦日と一粒万倍日が重なる日は1年の中でも最強と言われるほどの吉日と言われております。

しかし、天赦日も一粒万倍日も大安や友引と比べると知名度的には低く最強の吉日と言われてもよくわからないという人も多いでしょう。

今回はこの天赦日と一粒万倍日の意味について詳しく解説し、2020年だといつ重なるのかも記載して参ります。

スポンサーリンク

天赦日と一粒万倍日が重なるとかなりの吉日?

吉日には色々と種類がありますが、その中でも最上級とされる吉日が天赦日と一粒万倍日です。

大安友引といったメジャーなものではなくカレンダーに記載されることもほとんどなくなった暦注下段の中でも知られなくなってしまった吉日でもあります。

天赦日は「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」であり最上の吉日で、一粒万倍日は「一粒の種籾が万倍にも増える日」という意味があり何かを始めるのに最適な吉日と言われているのです。

この二つは条件設定が異なっているため、重なることが1年に1回か2回はあるのでその日は誰にとっても最高の吉日となります。

あくまでも、今日はちょっとついている日と考えて行動できる一つの指針として扱った方が外れたときの弊害はかなり少なくなります。

また、一粒万倍日と天赦日が重なって吉日になった場合でも仏滅などの凶日が重なると打ち消されるという考え方もありますが、この二つは最上級の吉日のため打ち消されることはないという考え方もありますので、都合の良い後者の考え方で通すのが賢い生き方なのです。

しかし、一粒万倍日や天赦日というのは六曜と違って否定されてきた歴史がかなり多く、カレンダーにも記載されないのが当たり前となっているので、気になるという方はこれらの歴注下段や選日が記載されているカレンダーをアプリでダウンロードして使ってください。

暦注下段は迷信的な要素が多いということで、朝廷や政府から何度も禁止されているという経緯もありますので、頼りすぎるのもやめたほうがいいという声ももちろんあります。

その部分をよく注意してこの二つに注目しつつ活用してください。

2020年の縁起のいい日はいつある?結婚式や入籍に向いてる日は?
縁起のいい日を一覧で紹介! 冠婚葬祭で今の時代でも気にする必要があるのが「縁起の良い日」であり、結婚式や葬式は特に...
2020年の縁起の悪い日はいつ?結婚式や引っ越しが大丈夫な日は?
縁起の悪い日を一覧で紹介! 縁起の良い日はあまり気にしないという人でも、縁起の悪い日はちょっと気になるという人も多...

天赦日と一粒万倍日の意味

それではここで、最強の吉日といわれている天赦日と一粒万倍日とは一体何なのかを改めて確認して参りましょう。

なんとなく吉日ということはわかりましたが、どのような恩恵をもたらしてくれる吉日なのでしょうか。

天赦日

天赦日とは「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」とされた最強の吉日です。

条件は二十四節気と干支の組み合わせで立春から立夏の前日までの戊寅の日、立夏から立秋の前日までの甲午の日、立秋から立冬の前日までの戊申の日、立冬から立春の前日までの甲子の日とされているので、この条件を満たした日が天赦日となります。

この条件は1年でだいたい5回から7回ほど満たされるのですが、大安などと比べると発生確率がかなり低いので単体でも非常に貴重な吉日と言えるでしょう。

ただし、どのようにこの歴注下段が誕生したのかは謎に包まれており、干支や旧暦の暦が関わっているという些細な情報しかないのがちょっと気になるところです。

旧暦の暦や干支という情報から古代中国が関わっていそうですが、六曜が日本で独自の変化と進化を遂げて一気に広まったという歴史があるので案外日本独自の存在という可能性もありそうです。

一粒万倍日

一粒万倍日はいわゆる選日の一つです。

意味は「一粒の種籾が万倍にも実る稲穂になる日」であり、物事を始めると何倍にもなって返ってくる吉日とされています。

ただし、借金といったマイナスも万倍にして返さないといけないので、マイナスの意味がある行動をしてはいけない日とも言えるでしょう。

選日とは雑注とも呼ばれる十干十二支の組合せでその日の吉兆を占うモノで、天一天上や三隣亡や不成就日もこのカテゴリーに入ります。

ちょっとしたマイナスは避けないといけない日ですが、それ以上にプラスは倍以上になって帰ってきますので、仕事はじめや開店や開業やお財布の新調とは相性が良い日と言われているのです。

その中でこちらの一粒万倍日は一月は丑・午の日、二月は酉・寅の日、三月は子・卯の日、四月は卯・辰の日、五月は巳・午の日、六月は酉・午の日、七月は子・未の日、八月は卯・申の日、九月は酉・午の日、十月は酉・戌の日、十一月は亥・子の日、十二月は卯・子の日というルールがあり、そこそこの発生頻度が高い吉日となっているのです。

なので、最強の吉日を探すときは発生回数がかなり少ない天赦日を基本として、その天赦日にどれだけ他の吉日が被っているのかをチェックするのが基本となってきます。

2020年の天赦日と一粒万倍日が重なる日はいつ?

2020年の天赦日は1月22日の水曜日、2月5日の水曜日、4月5日の日曜日、6月20日の土曜日、9月2日の水曜日、11月1日の日曜日と17日の火曜日の合計7回あります。

その中で一粒万倍日と被っている日は1月22日の水曜日と6月20日の土曜日の2回となっています。

このように一粒万倍日と天赦日が重なるのは1年に1回か2回程度しかありませんので、最強の吉日にあわせて何らかのイベントをやりたいという人は2020年だとこの2回しかチャンスはないと考えてください。

他にも吉日と考えられるのは一粒万倍日と大安のセットや、天赦日と大安のセットが該当するでしょう。

寅の日や巳の日も吉日に数えられるので、それらもセットにすると吉日が発生する確率が倍増します。

ただし、そこに不成就日や黒日や仏滅などの凶日を絡めると吉日と凶日がセットになる確率もかなり倍増して動きにくくなりますので、自分が都合良く動けるようにこれらの歴注下段と選日を活用しましょう。

やっていい事とやってはいけない事は?

天赦日は最強の吉日でありほとんどの慶事との相性が抜群なのでやってはいけない事は少ないです。

むしろ色んな事をどんどん取り入れていくと良いでしょう。

アウトとなる行動は犯罪行動やギャンブルとなっています。

ギャンブルはいくら運気があがったからといっていきなり勝てるようになるものではありませんので、吉日だからといってギャンブルに勤しむのはアウトと考えてください。

むしろ胴元の運気も上昇しているから勝てる確率が低下していると考えた方が良いかもしれません。

一粒万倍日も吉日なのですが、良いことも悪いことも倍にして返してしまう傾向にありますので、借金といったマイナスに繋がる行動がとことんNGとなってしまいます。

これらの吉日がセットになった日はマイナスに繋がる行動以外は何でもOKと考えて行動してください。

結婚・旅行・買い物・開業・仕事始め・お財布の購入・引っ越し・納車など何でもOKです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は天赦日や一粒万倍日について詳しく解説しました。

この二つが重なる日は1年に1回か2回程度しかない本当の吉日なので、その日をうまく活用して大きなイベントをするのも正解です。

ただし、六曜よりは知名度がないので結婚式にあわて仏滅や赤口だと注意される可能性があるということは忘れないでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました