普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先負に入籍をしてもいいって本当?時間帯は午後がいいの?

先負に入籍は縁起が悪い?注意点はなに?

結婚式や入籍というのは何度もあるものではありませんので、できる限り縁起の良い日を選びたいものです。

しかし、日程がなかなかかみ合わず空いている日が先負のみだった場合は入籍との相性や吉兆がどうなっているのかが気になってしまうことでしょう。

今回は先負に入籍しても縁起的には大丈夫なのか、時間帯などの注意点はあるのかを調べて参ります。

スポンサーリンク

先負に入籍をしてもいい?

基本的に六曜をどれだけ信じているのかで入籍して良いのかどうかの判断も変わってきますが、六曜をある程度信じている人達に聞いても先負に入籍する場合は「条件付きではOKの部類に入ると思われる」という答えが返ってくるでしょう。

まず、先負とは先勝とは違い「先んじると負ける」という意味があるので、勝負事や急ぎ事とは相性が悪く午前の時間帯も凶となる日です。

逆に言えばそれ以外の事柄と午後は吉となる日なので、入籍をする場合もタイミングが調整されていれば問題ないと言われております。

ただし、そもそも六曜には縁起が良い順番というのがそもそも決まっているので、その中でもしたから数えた方が早い先負は吉の時間帯であっても大安や友引の吉よりは劣るという見方もあるのです。

基本的な六曜の縁起が良い順番は大安⇒友引先勝先負⇒赤口⇒仏滅となっており、先負を選ぶなら友引や大安を選ぶべきという意見もあるため、なんとも言えないという答えが返ってきてしまいます。

時間帯は午後からがいい?

先負は急ぐと凶になってしまうと言われており、吉の時間帯は午後と考えられています。

なので、先負に入籍したいという人はできる限り午後に動くと良いでしょう。

入籍の手続きはそこまで時間がかからないので午後からでも問題なく対応することができます。

逆に午前中は凶となっているのが先負なので、六曜の吉兆も重要視しているという人は先負の日は午前中に色々と動かないようにした方が良いでしょう。

入籍を先負にすると縁起が悪い?

先負に入籍すると縁起が悪いかという質問には「午前中なら縁起が悪いけど午後なら大丈夫」という答えが返ってきます。

ただし、先負の午後に入籍するのは友引や大安と比べるとより吉となるのかという質問には「おそらくNO」という答えが返ってくるのです。

先ほど記載したように、六曜の縁起が良いと言われている順番は大安⇒友引⇒先勝⇒先負⇒赤口⇒仏滅となっており、六曜的には大安の吉が最強と考えられているのです。

個人的な考え方になりますが、大吉や大凶といった運勢の順番が大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶となっていると考えると、大安というのは終日大吉で、友引は相性が良い事柄や昼以外は吉となり、先勝は午前中が中吉となって、先負は午後が小吉で、赤口が条件付きで末吉で、仏滅は凶となっていると思っています。

なので、縁起を意識している人は大安か友引を選ぶのが基本で予定が合わないという人は先勝や先負から選んで時間も調整するというスタンスが理想なのでは無いでしょうか。

先負に入籍をするときの注意点

先負に入籍をするときの注意点は時間帯によって凶となってしまうのが先負なので、ある程度時間の調整も必要と言うことでしょうか。

そこまで吉凶を重要視していないという方ならば時間調整などは不要になりますが、縁起を大切にしているという方は調整することも考えてください。

先負に入籍する場合の注意点はこの時間帯以外にほとんどありませんので、活動はしやすいでしょう。

離婚しやすくなるって本当?

俗説にはいろいろとありますが、その中には六曜のものもあり中には「先負・赤口・仏滅のいずれかを入籍日にすると離婚しやすい」という結婚を予定する人たちにとってはちょっと気になるものまであります。

ただし、入籍人離婚率を関連付ける明確なデータや理論に基づいたものはないといわれておりますし、国や大企業が統計調査を行った例も見つかりませんので迷信と考えたほうがいいでしょう。

はっきり言って気にしないほうがいいです。

離婚するかどうかは相手との相性や生活環境などのほうが確実に影響を与えますので、その部分を入籍日の吉凶だけで判断するのは辞めたほうがいいでしょう。

入籍日の選び方は?

入籍日の選び方は二通りあります。

それは自分たちの予定を最優先するのか、それとも六曜などの吉凶を最優先するのかです。

前者の場合は自分たちにとって都合の良い日に行動すれば問題ありませんし、後者の場合は大安や友引に休めるように日程を調整する必要があるでしょう。

どちらを優先するのかはっきりすることで行動の仕方が変わってきますので、入籍日選びも簡単になります。

個人的には自分たちの予定を最優先してその日が六曜的にはどうなっているのかをチェックし、仏滅や赤口ならば六曜を全く気にしないで行動して、その日がたまたま友引や大安だったら六曜的にも吉日ということでやる気を上げて行動するのが一番お得に立ち回れていると思います。

六曜ばかりに気をとられてしまうと無理やり予定を組むことになりかねませんので、その結果無理や無茶をしてしまうのもどうかと思いますので、まずは自分を優先したほうがいいでしょう。

六曜との関係について

六曜と入籍の関係はどの程度六曜を信じているのかで変わってきます。

六曜を全く信じていない人や占いを全く気にしていないという人は特に意識することなく自分たちの予定を最優先して日程を決めるといいでしょう。

しかし、六曜の吉兆にもあやかりたいという人は相性のいい日を調べておく必要があります。

まず、六曜的にも問題ないといわれているのが赤口や仏滅以外の4つ全てです。

特に大安は吉日なので相性がいいという考え方もあります。

先勝も午前中が吉ですし先負も午後が吉になりますのでその時間帯に動けば問題ないでしょう。

友引も11時から13時という昼の時間帯は凶となってしまいますが、それ以外は吉となりますのであまり意識することなく動けます。

これは結婚式でも同じような考え方ができますが、結婚式に招く人の中に六曜の吉兆をかなり意識している人がいる可能性もありますので、注意されないように友引や大安を選んだほうがいいかもしれません。

入籍ならば大勢を招くわけではありませんので、自分たちの考え方や都合を優先するのが一番なのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は先負と入籍の関係について記載しました。

あくまでも六曜というのは迷信ですのでどこまで意識するのかで変わってきます。

ほとんど意識していないという人は自分の都合を最優先すればいいですし、多少なりともあやかりたいという人は時間帯にも注意するべきでしょう。

先負を選んだ人は吉といわれる時間帯が午後となっていますので、午後の時間帯に入籍するようにしてください。

個人的には入籍は大勢を招くわけではないので、自分たちの都合を最優先するのが正解だと思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました