普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

トイレタンクをオキシクリーンでキレイにする掃除のやり方!

トイレタンクのお掃除はやってはいけない事がかなりあるためになかなか手が出しにくいのですが、放置しすぎると汚れが溜まってカビだらけになるので厄介な箇所となっています。

そこで、今回はこのトイレお掃除をオキシクリーンを使って綺麗にする方法について紹介しつつ、オキシクリーンそのものの注意点やトイレタンクの掃除をサボるとどうなってしまうのかも解説して参ります。

トイレタンク掃除の頻度を減らすテクニックもあわせてみていきましょう。

スポンサーリンク

トイレタンクをオキシクリーンでキレイにする掃除のやり方!

トイレタンクを綺麗にする方法はいくつかありますが、今回は本格的に蓋を開けてカビ取りまでしっかりと行うオキシクリーンを使った掃除方法を紹介いたします。

また、オキシクリーンはアメリカ製と日本製があり成分が異なるので用いるときは注意してください。

準備するもの

・サッシヘラ
・コゲ取りスポンジ
・マイナスドライバー
・あまり太くないブラシ
・歯ブラシ
・クエン酸
・オキシクリーン(アメリカ製)
・耐水性のサンドペーパー
・ゴム手袋
・マスク
・新聞紙
・雑巾

やり方

こちらの動画は『【オキシクリーン】トイレタンクが新品のようにピカピカ』というタイトルで、オキシクリーンを使ったタンク上部についている手洗い器の部分を掃除する動画となっています。

タンク内部の掃除は文字で解説いたしますので、そちらもあわせてご覧ください。

オキシクリーンを使ったトイレタンク掃除のやり方

①バケツに50℃程度のお湯を8リットルぐらい用意して、オキシクリーンを付属カップ2杯程度投入してオキシクリーン溶液を作る
②マイナスドライバーを使って止水栓を回して閉める
③レバーを回してタンク内部の水を抜く
④タンクの蓋を取り外して新聞紙の上に置く、手洗い器がついている場合は蓋を持ち上げながら給水ホースを外す必要がある
⑤作成したオキシクリーン溶液とコゲ取りスポンジを使って蓋の掃除をする
⑥しつこい汚れが発生していた場合は耐水性サンドペーパーを使って汚れを落とし、それでもダメならサッシヘラで削る
⑦蓋の裏面も同じように作成したオキシクリーン溶液とコゲ取りスポンジを使って蓋の掃除をする
⑧細かい汚れは歯ブラシなどを使って除去する
⑨濡れた雑巾で洗剤分を拭き取って新聞紙の上に置き、乾燥させる
⑩トイレタンクに内蓋がある場合は内蓋も外してオキシクリーン溶液に1時間から2時間ほどつけておく
⑪タンク内部がどうなっているのかを確認してからオキシクリーン液を流しこんで1時間から2時間程度放置する
⑫浸け置きが終わったら汚れを確認しつつ、タンク内部も内蓋も汚れが落ちていない部分はオキシクリーン溶液を歯ブラシにつけながら汚れを擦り落とす
⑬止水栓を元に戻してレバーを引いてタンク内部で溜まっていたオキシクリーン溶液を流す
⑭内蓋とトイレタンクの蓋を元に戻して終了

注意点

・浸け置き中はトイレを使えないので必ず入れないようにさせておくこと
・トイレタンク内部のしつこい汚れは塩素系漂白剤だと簡単に落とせることが多いが、塩素系漂白剤とは相性が悪い素材がかなり多いので使ってはいけない
・トイレ掃除のオキシクリーン溶液50℃程度のお湯を使っているが、それ以上の温度だとトイレの陶器が割れてしまう恐れがあるので熱すぎるお湯は使えない
・カビ対策には熱湯が非常に効率的だがトイレの陶器が割れるので使ってはいけない
・止水栓はどこまで開けているのかを忘れることが非常に多いので、閉める前に必ずスマートフォンなどを使って録画しておくこと
・陶器は擦りすぎると傷ついてしまうのでサッシヘラで強く擦るのは最終手段とすること、まずは耐水性のサンドペーパーで汚れを落とせるか試した方がいい
・オキシクリーンのような漂白剤を使えないタイプのトイレタンクもあるので、使えるかどうかは必ずチェックすること

オキシクリーンを使う時の注意点

オキシクリーンは塩素系漂白剤よりは影響が薄い酸素系漂白剤ですが、それでも注意点はいくつか存在します。

必ず注意点を理解した上で用いてください。

・独特な臭いはそこまで発生しないが、使う時は必ず換気して行うこと
・オキシクリーンのような酸素系漂白剤は空気中の水分と反応することで過酸化水素を発生してしまうので密閉容器に入れての保管はNG、容器に移し替えるのではなくオキシクリーンの箱で保存した方がいい
・オキシクリーンを含めた弱アルカリ性の性質がある洗剤とは相性が悪い素材には使ってはいけない、具体的にはステンレス以外の金属や天然木や革などは相性が悪い、素材がわからない場合は使う前に目立たない場所でテストすること
・耐性のある材質でも長時間放置しすぎると錆びが発生する可能性があるので、オキシクリーン溶液を使った後は洗剤分が残らないようにしっかりと洗い流すこと
・オキシクリーンはオキシクリーン溶液やオキシペーストといった使い方をすることが多いが、これらは本来のオキシクリーンと比べると保存期間は非常に短くなるので使い切ること
・オキシクリーンは日本版とアメリカ版では含まれている成分と付属されている計量カップの大きさとパッケージサイズが異なっているので要注意、アメリカ版には界面活性剤と香料が含まれているので汚れ落ちや泡立ちが良い

トイレタンクの掃除をサボっていると?

トイレタンクの掃除をサボると黒カビが大量発生してしまいます。

しかも厄介なことにタンク内部に発生するので、普段は見えません。

タンク内部が黒カビだらけになるとトイレを使うたびに黒カビが便器内部に大量発生してしまいそこからカビの胞子が散布されてしまいトイレ内部がカビ菌だらけになります。

こうなるとトイレを使うたびに肺炎や喘息やアレルギーといった呼吸器系のトラブルを引き起こす確率がアップしてしまうのです。

さすがに病気に繋がってしまうのはアウトなので、こうなる前に対応することを本気で検討してもらいたいです。

また、黒カビだらけになると非常に頑固な汚れになってしまうので今回紹介したオキシクリーン溶液を使ってもなかなか汚れが落ちなくなってしまうという問題点も抱えています。

トイレタンクの掃除頻度を減らす裏技!

トイレタンクの掃除頻度を減らす方法の一つが重曹やトイレタンク洗浄剤を定期的に投入することです。

手洗い器が就いているタイプのトイレタンクの場合は手洗い器にある穴から重曹やトイレタンク洗浄剤を投入してください。

この対応を1ヶ月に1回程度行うだけでもかなり違います。

トイレタンクを掃除業者にお願いしよう!

トイレタンク掃除もある程度意識して行えば自分で簡単に行えますが、放置され過ぎてしまった場合はオキシクリーンを使っても汚れがなかなか落ちない状況になってしまいます。

先ほど記載したようにトイレタンク内部の部品は黒カビに最適な塩素系漂白剤と相性が悪い素材もかなり多いため、こうなるとうかつに手が出せなくなってしまうのです。

ここまでひどくなってしまった場合は、専門の業者を呼んで対応してもらう事も考えた方がいいでしょう。

これを放置すると黒カビによる被害が広がってしまいますので、リスクが大きすぎます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はオキシクリーンを使ったトイレタンク掃除方法を紹介しました。

トイレタンク掃除はそこまで汚れていない場合は難易度も低いのですが、黒カビだらけになってしまうと難易度が一気に上昇します。

こうなるまえに汚れ防止を含めた対策を意識することが本当に重要なのです。

最近タンク内部を掃除していないという人はタンク内部がどうなっているのかをちょっと確認してみましょう。

様々な洗剤を使ったトイレタンクの掃除方法!

それでは最後にオキシクリーン以外の洗剤を使ったトイレタンクの掃除方法についてご紹介します。

ぜひ参考にしてトイレタンクをキレイにしてくださいね。

重曹

過炭酸ナトリウム

セスキ炭酸ソーダ

酸素系漂白剤

クエン酸

コメント

タイトルとURLをコピーしました