普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

トイレの床にこびりついた黒ずみを簡単に掃除する方法!

トイレ掃除における敵は色々といますが、その中でも本当に厄介なのが黒ずみです。

今回はトイレの床にこびりついた黒ずみをできる限り簡単に掃除する方法を紹介しつつ、トイレの床の掃除頻度やトイレの床を掃除してもなかなか綺麗にならなかったときの対処方についてまとめていきます。

こういった黒ずみは予防できるのか、黒ずみ掃除に役立つようなオススメグッズは何があるのかも紹介していきます。

スポンサーリンク

トイレの床にこびりついた黒ずみを簡単に掃除する方法!

トイレの床の黒ずみ対策には、自宅の家のトイレの床がどんな素材になっているのかで大きく変わります。

ここではタイル床、クッションフロア、フローリングの3パターンにおいてどのような掃除をすればいいのかを見ていきましょう。

準備するもの

トイレ床に排水口がないタイル床の掃除に必要な道具

・雑巾やモップ
・掃除機
・トイレ掃除用ブラシ
・歯ブラシ
・メラミンスポンジ
・酸素系漂白剤
・酸性洗剤
・キッチンペーパー
・サランラップ

クッションフロアの掃除に必要な道具

・重曹
・洗濯用洗剤(中性かアルカリ性)
・トイレ掃除用ブラシ
・雑巾

フローリング床の掃除に必要な道具

・重曹
・トイレ用中性洗剤
・トイレ用お掃除シート
・雑巾
・ゴム手袋
・メラミンスポンジ
・チャンネルブラシ
・フロアワイパー

やり方

こちらの動画は『【洗面所の床掃除】黒ずんだ床を一瞬で綺麗にする凄アイテム【注意も聞いてね】』というタイトルで、換気扇やレンジの油汚れに使う『マジックリン』を使った床の黒ずみ掃除の動画となります。

このようにトイレ掃除向けではないアイテムも使えますので、色々と有効活用していきましょう。

トイレ床に排水口がないタイプの掃除の仕方

①掃除機を使って埃を除去する
②床全体にキッチンペーパーを満遍なく敷いて50℃程度に溶かした酸素系漂白剤を流し込む
③2時間程度放置する
④汚れが浮き出るので歯ブラシなどを使って汚れを除去する
⑤トイレの床を雑巾やモップを使って水拭きし
⑥乾拭きしていったん終了する
⑦ここまでの段階でも落ちない汚れがあった場合は、酸性洗剤を用意する
⑧酸性洗剤を汚れが落ちない個所のみに塗布する
⑨その上からキッチンペーパーを被せて、さらにサランラップで覆う
⑩10分程度放置する
⑪キッチンペーパーやサランラップをはがしてブラシで擦る
⑫雑巾やモップで水拭きする
⑬乾拭きして終了

クッションフロアの掃除の仕方

①重曹と洗濯用洗剤を1:1の割合で混ぜる、床に重曹を置いてから洗濯用洗剤をかけるというやり方でOK
②トイレ掃除用のブラシや歯ブラシで混ぜながら擦る
③床全体に浸透するようにブラシで擦っていく
④お湯で濡らした雑巾を固く絞って床を拭き取る
⑤雑巾を洗って再度拭き取る
⑥雑巾お湯でもう一度洗って拭き取る
⑦雑巾で乾拭きする

フローリング床の掃除の仕方

①フロアワイパーで乾拭きして埃を除去する
②トイレ用中性洗剤を床に吹きかけて雑巾で水拭きする
③隙間はチャンネルブラシを使って汚れを除去する
④黄ばみや黒ずみといったしつこい汚れが存在している場合はメラミンスポンジを水で濡らした後に削り取る
⑤乾拭きして水気を除去する
⑥換気扇を回してしっかりと水気を除去する

注意点

・タイル床はかなり上部で水に強いので塩素系漂白剤を使うことも可能だが、酸性洗剤を使うと目地を痛める可能性があるので薄めて使うこと
・クッションフロアは水にかなり強いので水拭きが可能だが、摩擦によって静電気が発生し埃が溜まってしまうことがあるので床や壁や便器の境目は要注意
・フローリング床は木製で湿気に弱いという特徴があるので、濡らす場合は必ず乾拭きして乾燥させること

トイレの床の掃除頻度はどのくらい?

トイレ床の掃除頻度は簡単な掃除だと毎日が推奨され、本格的な掃除だと1週間に1回程度が推奨されます。

簡単な掃除とはトイレ用のお掃除シートを使って床をササッと拭き取るといった対応で、便器の掃除を含めて5分以内に終わるでしょう。

今回紹介した掃除はどれも比較的本格的な掃除に該当しますので1週間に1回程度の掃除となっています。

ただし、使用頻度が多いトイレと使用頻度が少ないトイレでは床の汚れるスピードがかなり異なりますので使用頻度によって掃除する頻度も調整するようにして下さい。

トイレの床を掃除しても綺麗にならない時は?

トイレは酸性汚れからアルカリ性の汚れまで色々と揃ってしまう場所ですので、なかなか汚れが落ちない場合は使っている洗剤との相性がその汚れとマッチしていない可能性があります。

たとえば、尿はねによって発生する黄ばみや水垢はアルカリ性の汚れとなっているので酸性洗剤が最も効果を発揮するでしょう。

しかし、床の場合は裸足で歩いている人の皮脂が床にくっついて発生する油汚れなどがあるので酸性汚れもくっついているのです。

こういった酸性汚れにはアルカリ性の洗剤が効力を発揮します。

黒ずみレベルまで悪化した場合はしつこい汚れとなっているので適した洗剤を使わないと汚れが落ちないことが多々あります。

ちょっとした汚れならば中性洗剤で酸性汚れもアルカリ性汚れも対処できますが、黒ずみになると中性洗剤では落としきれませんので、使っている洗剤を変えてみましょう。

黒ずみを予防する方法はある?

黒ずみを予防するにはとにかく掃除頻度を増やすしかないでしょう。

床の汚れはマットを敷くことである程度ごまかすことができますが、マットの汚れは目立たないために実は汚れが蓄積されているというケースもあるのでマットを使うことを推奨していない人も多いのです。

個人的にマットはあると便利ではありますが、汚れをごまかしている部分もあるのであまり使わないようにしています。

床は汚れていると見た目で直ぐにわかるので、掃除しようという気持ちが発生しやすいのです。

黒ずみの掃除に役立つオススメグッズ!

床の黒ずみ掃除に役立つグッズの筆頭が重曹です。

重曹はどの床でも満遍なく使える掃除用具なので、持っておくとかなり役立ちます。

しつこい汚れが発生してブラシで擦ってもなかなか落ちない場合は、チャンネルブラシやメラミンスポンジといったこすれるタイプの掃除用具があるとかなり掃除が楽になります。

個人的にもメラミンスポンジやチャンネルブラシはお風呂掃除でも大活躍してくれたので、一家に1個は用意してもらいたい掃除用具になっていると思っています。

両方とも安く簡単に手に入りますので、1回は使ってもらいたいです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はトイレの床にこびりついた黒ずみの掃除方法について紹介しました。

トイレ床の材質によって掃除の方法がかなり異なりますので、自分の家のトイレ床はどうなっているのかをまずはチェックして下さい。

それを理解した上で、最適な道具を選んで掃除するようにしましょう。

床の材質を間違えると床を痛める可能性が飛躍的にアップするので要注意です。

トイレの床以外の掃除方法!

トイレの床以外にも掃除するところは多数あります。

掃除を放置しているとカビや黄ばみの原因になってしまうので、ここでは床以外の掃除方法について詳しくみていきましょう。

トイレ便座

温水洗浄便座

ウォシュレットノズル

トイレタンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました