普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

トイレ便座の裏にこびりついた汚れを落とす掃除のやり方や注意点!

トイレ掃除を本格的に行うために色々とチェックするとトイレ便座の裏の黄ばみ具合にびっくりすることがあります。

今回はトイレ便座の裏にこびりついた汚れを落とす掃除のやり方について紹介しつつ、トイレ便座の裏側を掃除しないといけない理由や汚れを防止する方法、掃除頻度などの情報もまとめていきます。

トイレ便座の掃除に役立つグッズはあるのかどうかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

トイレ便座の裏にこびりついた汚れを落とす掃除のやり方!

トイレ便座の裏を本格的に掃除する時のやり方について詳しく解説いたします。

準備するもの

・マイナスドライバー
・塩素系漂白剤
・歯ブラシ
・トイレットペーパー
・トイレ用のお掃除シート
・クエン酸
・スプレーボトル
・ゴム手袋

やり方

こちらの動画はトイレの便座裏にあるゴムの部分を外して掃除する方法について紹介している動画です。

この部分が実はかなり汚れが溜まりやすい部分なので便座裏を掃除する時には絶対にやってほしい行程となります。

便座裏の掃除のやり方

①水200mlにクエン酸小さじ1杯を入れてクエン酸水を作ってスプレーボトルに入れる
②マイナスドライバーを使って便座裏のゴムを取り外す
③取り外したゴムを風呂桶や塩素系漂白剤を使って浸け置きする
④便座裏全体にクエン酸水を吹きかける
⑤トイレットペーパーで全体を覆う
⑥その上からさらにクエン酸水を吹きかける
⑦30分程度放置する
⑧トイレットペーパーを取り外し、トイレ用のお掃除シートを使って全体を拭く
⑨便座の溝に入り込んだ汚れは歯ブラシを使って擦る
⑩浸け置きしていたゴムを元に戻す

注意点

・塩素系漂白剤を使ってゴムの部分を浸け置きするが、塩素系漂白剤はかなり人体への影響もあるので作業をする時は必ずゴム手袋を着用すること
・塩素系漂白剤はクエン酸などの酸性洗剤と混ぜることで有毒ガスが発生してしまうので要注意
・ゴムの部分の汚れがあまりにもひどかった場合塩素系漂白剤の浸け置きでも汚れが落ちないケースがある、汚れが落ちないのならパーツを交換することも考えること
・キッチンペーパーを巻いてクエン酸水を吹きかけて放置するというやり方もあるが、水に耐久性のある素材を使わないと破けてバラバラになり剥がすのが大変なので要注意
・マイナスドライバーを使って強引にゴムを外すと柔らかいクッション素材は傷ついてしまうので強引にやり過ぎないように
・マイナスドライバーを使ってゴムを強引に外すと反動で手を傷付けてしまう恐れがあるので、作業用の手袋をしておくと安全
・クエン酸は長持ちするが、クエン酸水にすると長期保存はできないので使う分だけ作成すること

トイレ便座の裏を掃除しないといけない理由

トイレの便座裏を掃除しないといけない理由は『しつこい汚れが発生してしまうから』『トイレ特有の嫌な臭いが発生するようになってしまうから』『故障に繋がってしまうから』という3つの理由があります。

まず、トイレ以外の汚れも同じなのですが放置しすぎるとしつこい汚れに変化してしまいます。

特にトイレの場合は尿石のような放置しすぎることで一気に肥大化して厄介な汚れになってしまうので、放置するのはNGなのです。

また、トイレの汚れを放置しすぎるとしつこい汚れが発生するようになりますが、特に尿石の汚れは作られる過程でアンモニア臭を発するため増えれば増えるほど悪臭が漂うようになります。

さらに、こういった汚れが溜まるレベルで放置されているということはそれだけメンテナンスがされていないということなので、故障の確率もアップします。

特に、温水洗浄便座のような精密機器が入っているトイレは放置される事で故障するリスクも高くなりますので要注意となっているのです。

トイレ便座の裏につく汚れを防ぐ方法!

トイレの便座裏につく汚れを減らす方法は『定期的に掃除すること』『男性でも座って用を足すこと』にあります。

定期的に掃除をするとしつこい汚れは発生しなくなりますので、汚れを防ぐためには必須の方法となりますが、座って用を足すことでしつこい尿はねによる被害を若干ですが減らせるようになるので推奨されているのです。

特に、立ち小便を大便器にしてしまうとトイレの壁や床にまで尿はねによる被害が発生してしまいますので、掃除のことを考えると止めた方がいいでしょう。

ちょっと荒技ですが、トイレの使用頻度を減らすことで汚れが発生しにくくなるので、会社や学校が終わって帰宅する前に駅のトイレなどを使うというやり方もあります。

ただし、トイレの便座や床などの汚れは使用頻度を減らすことで発生しにくくなりますが、トイレタンク内部の汚れは使用頻度を落としても汚れの発生は抑えられないので注意しましょう。

オススメの掃除頻度はどのくらい?

トイレは毎日・1週間に1回・1ヶ月に1回という3種類の掃除の仕方があるので、この頻度をまず基準にしなければいけません。

毎日の掃除はトイレ用のお掃除シートを使った簡単な掃除で5分程度で終わる掃除です。

1週間に1回程度の掃除は今回紹介した掃除を含めたトイレ全体の掃除で放置時間を除けば20分程度は必要でしょう。

1週間に1回程度の掃除の場合はトイレタンク内部の確認及び状況によっては掃除が必要になりますので、1時間程度かかってしまいます。

しかし、こういったトイレ掃除の頻度というのはトイレの汚れ具合によって変わりますので、あくまでも目安として考えてください。

特にトイレは使用頻度によって汚れ具合が大きく変わってきますので、家庭環境によって掃除の頻度も調整しましょう。

トイレ便座の掃除に役立つオススメの道具は?

トイレ便座の掃除に役立つオススメのグッズは使い捨てができるシートやモップです。

具体的には『トイレクイックル』や『スクラビングバブル 流せるトイレブラシ』といった商品がオススメです。

特に『スクラビングバブル 流せるトイレブラシ』はブラシ部分が使い捨てになっている面白い使い捨てブラシとなっていますので使ってみると扱いやすさにびっくりするでしょう。

他には『水キレ抜群! カビにくいブラシ』のようなトイレ掃除に使うブラシでも使い勝手がいいものが色々とありますのでこういったブラシを購入しておくのもいいと思います。

今回紹介する掃除の範疇からは外れますが、トイレタンクを掃除する時に役立つ『トイレタンク洗浄剤』も用意しておくとかなり役立ちます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はトイレにおける便座裏の掃除の仕方を紹介いたしました。

トイレ便座の裏は尿はねによる汚れがかなり蓄積されやすいので要注意です。

特に、ゴムの部分はかなり汚れてしまうので外して漂白することをオススメします。

また、外した後の便座の部分に汚れが蓄積されていることも多いので、トイレ掃除をする場合は外して掃除してみましょう。

トイレ便座以外の掃除方法について!

トイレ便座の裏の掃除について詳しく解説してきましたが、トイレにはその他にもたくさん掃除をしなければならないところがあります。

具体的にどこを掃除しなければならないのか詳しく見ていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました