普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

重曹で汚れたトイレタンクを掃除する簡単な方法と注意すること!

トイレタンク内部は黒カビだらけになると非常に掃除の難易度が上昇してしまいます。

今回は厄介なトイレタンク内部の重曹を使った掃除方法について詳しく紹介しつつ、重曹を使うときの注意点や重曹を使ってもなかなか汚れが落ちなかった場合の対処方をまとめて参ります。

トイレタンクは汚れてしまうとどうなってしまうのかもしっかりと確認してきましょう。

スポンサーリンク

重曹で汚れたトイレタンクを掃除する簡単な方法!

それでは、重曹を使ってトイレタンクを簡単に掃除する方法を紹介します。

準備するもの

・サッシヘラ
・コゲ取りスポンジ
・マイナスドライバー
・あまり太くないブラシ
・歯ブラシ
・中性洗剤
・クエン酸
・重曹
・耐水性のサンドペーパー
・ゴム手袋
・マスク
・新聞紙
・雑巾

やり方

こちらの動画は『【閲覧注意】トイレのタンクの蓋を外して掃除してみた!黒ずみスゴ過ぎ注意…。【前編】』というタイトルで、具体的なトイレタンク内部の掃除方法を紹介しています。

重曹は使っていませんが、どういった作業になるのかを知るためには参考になる動画です。

今回は重曹を使った簡単なケア方法と本格的な掃除方法を紹介します。

重曹を使った蓋を開けない掃除方法

①重曹を200cc用意する
②重曹をトイレタンクの蓋にある直接水が流れる部分に投入する
③一晩放置する
④翌朝水を流す

重曹を使って蓋を開けた本格的な掃除方法

①マイナスドライバーを使って止水栓を回して閉める
②レバーを回してタンク内部の水を抜く
③タンクの蓋を取り外して新聞紙の上に置く、手洗い器がついている場合は蓋を持ち上げながら給水ホースを外す必要がある
④そこまで汚れていない場合は通常のスポンジに中性洗剤をつけて擦ればOK、重曹を使う場合は重曹をふりかけて水に濡らしたスポンジで擦って汚れが落ちるかどうかをチェックする
⑤タンクの蓋の裏は中性洗剤とブラシで擦って汚れを落とすか重曹をふりかけて水で濡らしたスポンジで擦って汚れを落とす
⑥濡れた雑巾で洗剤分を拭き取る
⑦新聞紙の上に置いて乾燥させておく
⑧タンクの内蓋がある場合は内蓋も外す、内蓋はブラシと中性洗剤か重曹を使って擦り洗いをする
⑨中性洗剤か重曹そしてスポンジやブラシである程度タンク内部を擦り汚れを除去する
⑩止水栓を緩めてタンクに水をためる
⑪レバーを回して水を洗い流す
⑫トイレタンクの蓋を元に戻す

注意点

・重曹で浸け置きしている時はトイレを使ってはいけないので注意すること
・トイレタンク内部のしつこい汚れは長いブラシや歯ブラシを使って汚れを落とす
・トイレタンク内部の汚れがあまりにもひどい場合は耐水性のサンドペーパーを使って擦り落とす
・トイレタンク掃除にはあまり塩素系漂白剤を使わない方がいい、塩素系漂白剤は鉄の配管やゴムのパッキンといったトイレのパーツを傷めてしまう恐れがあるのでNG
・カビの除去には熱湯が効果的なので黒カビが多いとついつい使いたくなるが、トイレの陶器は熱湯にかなり弱いので使えない
・止水栓を閉めるときはどこまで開けてたのかを必ず記録してから閉めること、スマートフォンなどで録画しておくと便利なのでオススメ

重曹を使うときに気をつけること

重曹を使うときの注意点は以下のとおりです。

・重曹そのものはかなり長期間保存することが可能だが重曹水にすると一気に保存期間が短くなるので要注意、1週間程度で使い切ること
・重曹は湿気がある環境だと湿気を吸って固まってしまい使えなくなってしまうので、必ず密閉して~保管すること
・重曹は大理石や畳や木材や漆などに使うと変色するといったトラブルに繋がるので使える素材かどうかの確認をしてから用いること、素材がわからないときは目立たない場所で使って変色するかどうかをチェックすること
・重曹は掃除したところが白くなってしまうので必ず溶かすか洗い落とすこと、トイレの場合は問題なく洗い流せるので問題なし
・重曹は水に溶けにくいのでついついお湯を使いたくなるが、トイレの陶器のように割れやすい材質のものに熱湯を用いるとひび割れといったトラブルに繋がるのでお湯の温度にも注意すること
・重曹はアルミニウムと反応してしまうのでアルミの鍋掃除などには使えない
・重曹は水にかなり溶けにくく粒子も硬めなので、強く擦りすぎると相手側が傷つく恐れがある、これはトイレの陶器でも一緒なので強く擦りすぎないこと

重曹でも綺麗にならない場合は?

トイレ掃除における重曹は重曹の粒子の研磨作用を活用している部分が大きいので、この作用でも汚れが落ちないような相手では使いにくくなってしまいます。

元々重曹はアルカリ性の性質があり皮脂汚れといった油汚れに強いのですが、水垢や尿石といったアルカリ性の性質がある汚れにはそこまで効力を発揮しないのです(研磨力は別)。

しつこい水垢や尿石が重曹で擦っても落ちない場合は、酸性洗剤を吹きかけて30分程度放置し汚れが落ちやすくなってから対応することが求められます。

水垢や尿石への特効薬は酸性洗剤なので、落ちにくいトイレの汚れがあった場合は重曹に固執せずにまずは酸性洗剤を使ってみましょう。

トイレタンクを掃除する理由は?

トイレタンクを掃除する理由は色々ありますが、最大の理由は『黒カビ大量発生の原因となってしまうから』でしょう。

水がある場所には黒カビが発生してしまう確率があるのですが、トイレのタンクは見えない部分なので放置されやすく気がついたらカビだらけといった状態になりやすいのです。

しかも、トイレのタンク内部に黒カビが大量発生してしまった場合黒カビ特有の嫌な臭いはもちろん充満してしまうのですが、タンク内部で繁殖した黒カビが便器に流れていくことで便器内部の黒カビに汚染される恐れがあるということです。

こうなると便器内部の汚れと黒カビがくっついて非常に厄介な汚れの塊になってしまう恐れもありますし、巻き上げられた黒カビの胞子によって喘息や肺炎やアレルギーといった病気を引き起こすリスクすらあります。

汚れがひどすぎるトイレを使うことで病気になるリスクをあげる可能性があるということを覚えておきましょう。

トイレタンクの汚れを防ぐオススメの方法!

トイレタンク内部の汚れを防ぐには定期的に重曹やトイレタンク洗浄剤などを手洗い器の穴から投入して予防することが大切です。

トイレタンクを開ける掃除を1ヶ月に1回程度行うことも大切ですが、この汚れ予防を定期的にしておけば黒カビの発生もかなり抑えられるようになるので個人的にかなりオススメできます。

非常に簡単な作業なので、簡単なトイレ掃除を行うついでにセットで実行するのもいいでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はトイレのタンク掃除に重曹を用いた場合どうすればいいのかを紹介しました。

重曹を使った簡単なトイレタンク内部掃除は作業時間が1分程度と非常に短いので、本当にオススメです。

ただし、このやり方ではトイレタンク内部の汚れが確認できないので定期的に蓋を外すお掃除をしてください。

蓋を外して行う掃除は止水栓を閉めるなどの作業がある本格的な掃除になるので準備をしてから行いましょう。

様々な洗剤を使ったトイレ掃除の方法!

それでは最後の様々な洗剤を使ったトイレ掃除のやり方を紹介します!

洗剤によって汚れの得意不得意がありますので、汚れに合った洗剤を使うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました