普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

トイレ便座のつなぎ目部分を掃除するやり方!掃除しないといけない理由!

トイレ掃除には色々と注意しなければいけない部分がありますが、意識しないと忘れがちなのがトイレ便座のつなぎ目の部分です。

今回はこのトイレ便座のつなぎ目を掃除する具体的なやり方と掃除頻度について見ていきましょう。

汚れを放置しているとどうなってしまうのか、トイレクリーニングの選び方はどうすればいいのかもチェックして参ります。

スポンサーリンク

トイレ便座のつなぎ目部分を掃除するやり方!

トイレ便座のつなぎ目とはいわゆる便座と蓋のつなぎ目です。

ただし、トイレの場合はトイレ便座と床のつなぎ目にも汚れがだいぶ溜まってしまうのでそちらの対策もしないといけません。

準備するもの

・中性洗剤
・酸性洗剤
・トイレットペーパー
・トイレ用のお掃除シート
・歯ブラシ
・綿棒
・割り箸

やり方

こちらの動画は黄ばみや尿石対策で役立つ酸性洗剤の紹介です。

トイレ掃除には酸性洗剤が必須になることがわかる動画ですので、見ておくことをオススメします。

また、つなぎ目掃除について便座と蓋のつなぎ目とトイレと床のつなぎ目の掃除方法を紹介いたします。

便座と蓋のつなぎ目掃除のやり方について

①蓋が取り外せるタイプなら取り外してトイレ用のお掃除シートで綺麗にする
②蓋が取れないタイプなら割り箸の先にお掃除シートを巻き付けて差し込んで掃除する、お掃除シートが剥がれてしまう場合は輪ゴムで固定する
③割り箸を差し込む隙間もない場合はお掃除シートをつなぎ目に差し込んで両端を持って左右に動かして掃除する
④しつこい汚れや黄ばみがある場合は酸性洗剤を吹き付けた後に歯ブラシを差し込んで汚れを擦り落とす

トイレと床のつなぎ目掃除のやり方について

①トイレと床のつなぎ目を覆うようにトイレットペーパーを巻き付ける
②中性洗剤をつなぎ目に巻き付けたトイレットペーパーに吹きかけて浸透させる
③5分程度放置する
④トイレットペーパーを剥がしてトイレ用のお掃除シートで掃除する

注意点

・割り箸を使って掃除する場合、先が細く平らになっているタイプを使うこと
・酸性洗剤を使う場合は皮膚への付着は絶対に避けるべき、必ずゴム手袋やマスクを着用して作業する事
・酸性洗剤を使った後は甘楽図手を洗うこと
・便座等便器内以外に酸性洗剤をかけてしまった場合は速やかに拭き取って水拭きすること
・皮膚についた時は石鹸と水で充分に洗い流すこと
・酸性洗剤はアルカリ性の洗剤と混ぜると有毒ガスが出るので絶対に併用しないこと
・酸性洗剤はかなり刺激が強いので密室では使わないようにすること、使用するときは換気が必須
・床がフローリングなどの木材タイプだと刺激が強い酸性洗剤や漂白剤では色落ちなどのトラブルが発生してしまうので中性洗剤を使うこと
・中性洗剤でも放置しすぎると色落ちなどのトラブルが発生するので放置しすぎないこと
・歯ブラシはできる限り毛先が細いタイプを用いること
・強く擦りすぎると傷がついてしまうといったトラブルにも繋がるので擦りすぎないこと
・掃除のために蓋を取り外したり便座をスライドさせることもありますが、そのやり方はメーカーや機種事に異なっているので作業前に必ず説明書で確認すること

トイレの便座のつなぎ目を掃除しないといけない理由

便座のつなぎ目を掃除しないといけない理由は、汚れが溜まりやすいことと尿はねによってトイレ特有の悪臭の原因となってしまうこと、そして放置すればするほどものすごく頑固で厄介な汚れになってしまうことです。

トイレの汚れの中でも厄介な黄ばみは尿はねによって発生しますが、壁や床の尿はねによる黄ばみは座って用を足すように意識することで防げるのです。

しかし、便座のつなぎ目の黄ばみはトイレを使うと必ず発生してしまう汚れとなってしまうので定期的に掃除をすることが必須となっています。

トイレと床のつなぎ目ならばメンディングテープを貼り付けるといった対処方である程度予防することができるのですが、蓋と便座のつなぎ目となるとこういった予防策もできませんので定期的に掃除するしか対処方がないのです。

トイレ便座の掃除頻度はどのくらい?

トイレ掃除の頻度は毎日行う掃除、1週間に1回程度の頻度で行う掃除、1ヶ月に1回程度の頻度で行う掃除の3種類あります。

この回紹介したトイレ便座のつなぎ目だけに焦点を絞った場合、1週間に1回程度は掃除した方がいいという声もあれば1ヶ月に1回程度の掃除でOKという声もあります。

個人的な意見となりますが、これはトイレの使用頻度によって非常に大きく変わってくる部分と言えるのでその人の家庭環境に合わせて調整するしかないと思っています。

大家族で使用頻度が多いトイレの場合はつなぎ目掃除は1週間に1回程度は必須となりますが、逆にひとり暮らしでそもそも家にいる時間が短くトイレもそんなに使わないという人ならば1ヶ月に1回程度の掃除頻度でも問題ないでしょう。

あくまでも頻度については目安として認識し、汚れ具合を確認しながら掃除するようにしてください。

汚れを放置していると大変なことに?

基本的にトイレの汚れを放置すると以下のトラブルが発生します。

・トイレ特有の悪臭が発生する
・尿石が大量発生することで非常にしつこい頑固な汚れになる
・尿石が配管にまで発生するようになり最悪の場合詰まりが発生してしまう
・黒カビの発生確率も上昇するので、黒カビによる呼吸器系のトラブルが発生するリスクが出る

このようにトイレの汚れを放置すると厄介なトラブルに発展してしまいがちですので、こうなる前の対処が重要なのです。

集合住宅にお住まいの方で水回りのトラブルが発生すると下層にいる人にまで被害が及ぶケースもありますので、非常に大きなトラブルに繋がってしまう可能性すらあります。

トイレクリーニングの選び方!

トイレクリーニングの選び方はいくつかありますが要点をしぼると以下のポイントを意識してください。

・料金
・料金内作業内容
・オプションの有無
・損害倍諸保険に加入しているかどうか
・実績

トイレクリーニングの業者選びを行う時に必ずチェックするのが金額ですが、金額事の作業内容は業者事に異なりますので金額だけの比較はできません。

必ずその料金でどこまで作業をしてくれるのかも確認してください。

また、床ワックス塗布作業や壁の塗り替え作業などを頼みたい場合はそういった作業がオプションにあるのかも調べておきましょう。

何かあったときのためにも損害倍諸保険に加入している業者を選ぶことも重要になります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はトイレのつなぎ目掃除のやり方について紹介しました。

トイレのつなぎ目は蓋が簡単に外せるのかによってかなり難易度が変わってきます。

温水洗浄便座の場合はスライドさせることでその部分を外せたりずらしたりできるタイプが多いのですが、そのやり方は機種やメーカー事でかなり異なっていますので作業をする前に必ず説明書を読んでください。

強引に動かして壊してしまうのは絶対にNGです。

トイレ便座以外のトイレ掃除の方法!

トイレにはたくさん掃除をしないければならないところがあります。

今回はトイレ便座の掃除についてでしたが、その他にも掃除ができるところについて詳しく見ていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました