普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

トイレの床についた黄ばみを簡単に落とす掃除方法とポイント!

トイレは放置すると直ぐに汚れが溜まってしまい、黄ばんだ壁や床を見ると気持ちも一気に萎えてしまうでしょう。

今回はトイレの床に注目し床についた黄ばみを簡単に落とす掃除方法とポイントを紹介いたします。

頑張っても黄ばみが落ちない場合はどうすればいいのか、そもそもトイレの床はどれだけの震度で掃除すればいいのか、黄ばみを防ぐためにはどうしたらいいのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

トイレの床についた黄ばみを簡単に落とす掃除方法!

それではトイレの床に発生してしまった黄ばみを除去する方法を具体的に紹介します。

準備するもの

・細めのブラシ(サッシ用ブラシ)
・トイレ掃除用ブラシ
・ヘラ
・トイレ掃除用シート
・クエン酸
・ラップ
・トイレットペーパー
・雑巾

やり方

こちらの動画は『【楽勝】便器と床の隙間にある汚れを落とす裏ワザ 100均グッズで完結するトイレ掃除♪ – くらしのマーケット』というタイトルで、便器と床の隙間を掃除する方法を紹介しています。

この部分は汚れが溜まってしまいやすいので、意識して掃除してください。

目に見えて黄ばみが発生していなくても、尿石汚れが溜まりやすい部位なので床掃除をするときは必ず掃除してもらいたい部位なのです。

トイレ床の黄ばみ掃除のやり方

①水100mlにクエン酸を小さじ1杯混ぜたクエン酸水を作ってスプレーボトルに入れる
②クエン酸水を床と便器の間に吹き付ける
③ヘラやサッシ用ブラシを使って床と便器の間にある大きなホコリや汚れの塊をかきだす
④お掃除シートをヘラに巻き付けて便器と床の間の汚れをふき取る
⑤床全体にクエン酸水をスプレーする、汚れがひどいところは重点的に吹き付ける
⑥黄ばみが気になる部分を覆うようにトイレットペーパーを被せる
⑦その上からクエン酸水をスプレーしてからラップをする
⑧2時間程度放置する
⑨放置が終わったらラップとトイレットペーパーをはがして黄ばんでいた場所はブラシで擦る
⑩汚れを除去したら雑巾で水拭きする
⑪乾拭きしてしっかりと乾燥させる

注意点

・フローリングの床は湿気にかなり弱いので、放置時間は短めにしたほうがいい
・フローリングの床は掃除をした後に乾燥させることを強く意識して、必ず換気もすること
・フローリングの床は強力な洗剤を使うと変色してしまうので、クエン酸水を目立たない場所に使って変色するかどうかをチェックすること
・クッションフロアの場合は水にかなり強いので放置時間が長めでもOK
・タイル床も水には強いが強い酸性洗剤だと目地を痛める可能性があるので、クエン酸の濃度に注意
・黒ずみが発生した場合は塩素系漂白剤を使うことも考える必要があるが、酸性洗剤とセットで用いると有毒ガスが発生してしまうので絶対に併用しない事、洗剤分が残っている場合でも有毒ガストラブルにつながりやすいので要注意

黄ばみがどうしても落ちない時の対処法

基本的に黄ばみは酸性洗剤を使えば落とすことが可能です。

しかし、放置されすぎた黄ばみは非常に頑固な汚れになってしまうので、クエン酸といった酸性洗剤でも一筋縄ではいかない可能性があります。

なかなか落とせない汚れが発生した場合の対処法は3つです。

それは『より強力な酸性洗剤を使う』『何度も繰り返しチャレンジする』『放置時間を延ばす』となります。

今回紹介したクエン酸は濃度を薄くして使っているため、酸性洗剤の中でも比較的弱い洗剤となります。

あまりにもしつこすぎる黄ばみが発生してしまった場合は、クエン酸の濃度をアップするか市販されている酸性洗剤の中でもトップクラスに強烈な『サンポール』などを使ってみるといいでしょう。

ただし、強力な洗剤になればなるほど皮膚は床などへの影響が強くなるので気を付けて用いなければいけません。

『何度も繰り返しチャレンジする』とは1回の放置では汚れが落ちなかったために、複数回同じことを繰り返すといった対応です。

何度も繰り返し酸性洗剤に浸すことで頑固な汚れも落としやすくなるので洗剤を変える前にこの方法を取り入れましょう。

『放置時間を延ばす』も繰り返しチャレンジするのと同じ意味になりますので、洗剤を買い替える前に試してもらいたいです。

個人的にしつこい汚れにはサンポールを使うことをお勧めしたいのですが、本当に強烈な酸性洗剤なので床や壁に対する影響がどの程度なのかを確認してから使うことを推奨したいです。

トイレの床の掃除頻度

トイレ床の掃除頻度は簡単な掃除は毎日が推奨され、本格的な掃除は1週間に1回が推奨されます。

今回紹介した黄ばみ掃除はちょっと特殊な対応法となりますので明確な頻度を提示することはできませんが、黄ばみを予防したい場合は毎日の掃除と1週間に1回の本格的な掃除が必須となると考えてください。

ただし、トイレの床は使用者が多ければ多いほど汚れるスピードも加速しますので掃除頻度も増やす必要があります。

逆に、一人暮らしでそもそも家にいる時間が少なく自宅のトイレの使用頻度はかなり少ないという人は本格的な床掃除の頻度を減らしても問題なしとなるのです。

個人的には目立つ黄ばみが発生する時点で掃除頻度が不足していると判断しているので、黄ばみが目立つ前に対応してもらいたいと考えています。

トイレの床の黄ばみの原因は?

トイレで発生する黄ばみは尿はねが原因となります。

より専門的に解説すると、尿に含まれているリン酸カルシウムという有機成分にタンパク質や尿素などの無機成分が結合することで発生するのが尿石となっています。

後に詳しく解説しますが、尿はねが発生しない状況ならばトイレ床の黄ばみは発生することはほとんどありません。

黄ばみを防ぐオススメの方法!

トイレの床や壁の黄ばみを防ぐには、尿はねを防ぐことが重要になります。

男性が大便器で用を足す場合は立小便は自重して、必ず座って小便をさせるようにしましょう。

これだけで床や壁の尿はねによる黄ばみの発生確率は落ちます。

小便器があるトイレでの床や壁の黄ばみを減らしたい場合は、出来る限り小便器との距離を狭めて使ってもらうようにしましょう。

また、黄ばみを減らすためにトイレ用のマットを使うというやり方もありますが、トイレ用のマットは汚れが目立たないと放置されがちなので個人的にはあまり推奨できません。

汚れが目立たないマットは実は非常に汚れているというケースがかなりあるので、トイレ用マットを使いたいという人は高頻度で洗濯することを推奨します。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はトイレ床で発生してしまった黄ばみ掃除のやり方を紹介しました。

黄ばみは基本的に酸性洗剤で対応しますが、床によっては強烈な酸性洗剤を使うと素材にダメージを与えてしまうというケースがあるので対応が難しいのです。

しつこい尿石汚れが発生しないように、尿はねを防ぐことを意識することと掃除頻度を多めにすることを意識してもらいたいと思います。

トイレの床以外の掃除方法について!

トイレは床以外にも掃除するところが多数あります。

ここでは床以外の掃除方法について詳しくみていきましょう。

ぜひ参考にしてくださいね。

トイレ便座

温水洗浄便座

ウォシュレットノズル

トイレタンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました