普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

友引に葬式や葬儀をしても大丈夫?必ず避けないといけない?

友引に葬式をすると縁起が悪い?火葬場との関係について!

友引は葬式をする上では適していないという声もありますが、果たしてそれはどのような理由があるからなのでしょうか。

今回は友引に葬式をすると縁起が悪いという理由や火葬場との関係についても説明し、葬式と六曜の関係性についても記載してまいります。

冠婚葬祭に関しては今でも六曜との関係性が強いのです。

スポンサーリンク

友引に葬式や葬儀をしても大丈夫?

昨今では六曜を全く気にしていない人も多いので、昔ながらのしきたりや風習にのっとった行動をしない人も多いです。

しかし、基本的に六曜における友引と葬式や葬儀の相性は最悪なので絶対にやってはいけない日という認識となっています。

個人的には全く問題ないと思っているのですが、このように「友引に絶対葬式はしてはいけない」と考えている人が今でもかなりいますのでやめたほうがいいというのが答えとなってしまうでしょう。

あくまでも自分自身で終わるちょっとしたお出かけや引越しというイベントならば六曜の考え方を無視しても問題ないのですが、多くの人を呼ぶような冠婚葬祭では六曜を信じている人も呼ぶことになりますので、無視することはできないのです。

友引の葬儀は必ず避けないといけないの?

葬式や葬儀というのはもともと仏教の考え方からきていますが、それが長い年月を得て日本の風習や日本人独特の考え方とミックスしてできたのが、現代のお葬式や葬儀となります。

そして、六曜とは中国から生まれて伝わったという情報もありますがその情報も定かではありません。

中国の六壬時課や小六壬という時刻の吉凶を占うものから派生したとか、三国志最大の軍師である諸葛孔明が作成したなど説は様々です。

そのように誕生したものが鎌倉時代の後期か室町時代に輸入され、日本で独自進化した陰陽道とミックスされることで異なる形に進化した六曜となって民衆に伝わったと考えられています。

このように六曜は仏教とは関係がなくどちらかといえば陰陽道に関係する日本独自のものとなっているのです。

このことから「仏教が発祥の葬儀と陰陽道や六壬時課が起源となっている六曜は全く関係ないのだから一切気にする必要はない」とか「仏教と関係ないのだから意識する必要はない」と断言する人もいます。

個人的にはこの一切気にする必要はないという意見に大賛成なのですが、習慣化してしまっている人の考え方を否定することもなかなか難しいものがありますので、衝突を避けるためにも友引は避けたほうがいいという考え方が一般的となるでしょう。

葬式を友引にすると縁起が悪い?

個人的には全く気にする必要はないと考えていますが、縁起が悪いと考えている人もいるのでやめたほうがいいでしょう。

それに詳しくは後述しますが、火葬場がやっていない可能性があるので避けたほうがいいという考え方もあります。

もともとこの友引で葬式はしてはいけないといったという考え方は、六曜が江戸時代に爆発的に広まって様々な噂や語呂合わせからいろんな風習が出来上がってしまったことが発端です。

江戸時代にはあまりにも六曜の吉兆を信じすぎてしまい行動にも影響が出てしまったので、江戸幕府から信じすぎないようにというお触れすら出ました。

人によってはこのような成り立ちから「友引が葬式と相性が悪いという考え方そのものが迷信なんだから信じる必要はない」と断言する人もいます。

実際にこの友引は「共引」という漢字が当てられており意味は「勝負が付かない日」だったので、葬式との関係性はやはり見出せません。

友引は火葬場が休みなの?

友引を避けるべき最大の理由は友引は火葬場が定休日の可能性が高いことです。

火葬場が休みではお葬式はできません。

お葬式の日程を組むときは火葬の日取りをどうするのかをまずは考えてから行動しましょう。

友引は葬式を避けるべきという考え方は日本国内で非常に浸透してしまったので、火葬場も休みになってしまったのでしょう。

昨今は六曜を気にせず葬式をする人も増えてきたので、火葬場のお休みもずれてきたといわれていますが、それでもお休みのところがありますので注意してください。

友引人形の意味とは?

友引の葬儀は「故人が友を冥土へ引いてしまう」として忌み嫌われています。

しかし、日程的にどうしても友引に葬儀を上げなければいけない人も過去にはいましたので、その対策も行っていたのです。

今よりも六曜の吉凶に重きを置いていた人たちは、「故人が友を冥土へ引いてしまう」のを阻止するために、友引人形を身代わりとして置いたのです。

このやり方は地域ごとの風習で異なっているので、まずはご両親か目上の方々に友引で葬式を行うときにはどのような対策をするのか聞いてみるといいでしょう。

お通夜はしても大丈夫?

友引の葬式は絶対にNGという風習がありましたが、お通夜に関してはそのようは風習はほとんど無いようです。

あくまでもお通夜は「故人を偲ぶ儀礼」でありお別れをするものではないからセーフという考え方なのでしょう。

ただし、人によってはお通夜もNGと思っているとのことなので、可能ならば避けたほうがいいかもしれません。

しかし、このように六曜を気にしすぎると使える日程がかなり限られてしまいますので、自分の予定がどうなっているのかもある程度は加味したほうがいいでしょう。

六曜を気にしすぎて葬儀がなかなかできずに先延ばしにされすぎるほうがよっぽど問題となってしまいます。

駄目と思っている人もいるかもしれませんが、お通夜はOKという精神で挑んだほうがいいでしょう。

六曜と葬式の関係

六曜と葬式の関係を今までの風習などを加味してまとめていきましょう。

まず、友引は避けたほうがいいという風習が根強く残っているのでやめたほうがいいでしょう。

火葬場の関係で実行しにくい日となっています。

仏滅はいかにも縁起が悪いと思われがちですが、お葬式を行うことに関しては問題ないという認識のほうが広まっているのでOKと考えられています。

大安は吉日といわれていますが、葬儀関連でも問題ないと考えたほうがいいでしょう。

先勝は吉凶の対象が勝ち負けにありますので、葬儀をしても特に問題ないと考えられています。

先負は午前中に動き回るのが凶といわれていますが葬儀には関係ないとみなされているので気にしなくていいでしょう。

赤口は血を連想されるような事柄と結び付けるのはNGといわれていますが、葬儀においては特に問題ないと考えられています。

このように見てみると、友引だけが完全にアウトという判定が出ているようです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は友引と葬式の関係性についてまとめていきました。

六曜の起源などを調べてみると仏教から発展した葬式とは何の関係もないので、気にする必要は一切ないことがわかってきますが、しきたりや風習として色濃く根付いているものを真実を突きつけて吹き飛ばすことはできませんので、ある程度は呑み込むしかないのでしょう。

冠婚葬祭で親せきや友達とトラブルになるのも問題なので、六曜を全く信じていない人でもある程度は意識したうえで動かないといけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました