普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

食器用洗剤で洗面台を綺麗にする掃除方法とポイント!

スポンサーリンク

今では様々な洗剤が身近にある生活が染みついていますが、その中でもとっても身近にある洗剤と言ったらやっぱり食器洗い用の洗剤だと思います。

そこで、今回は食器用洗剤で洗面台を綺麗にする掃除方法とポイントを紹介しましょう。

かなり悩みましたが、やはり一回の掃除でできるだけ綺麗にできる方法を紹介したいので、食器用洗剤とほかの洗剤をセットで運用するやり方でしょうかいさせていただきます。

スポンサーリンク

食器用洗剤で洗面台を綺麗にする掃除方法!

食器用洗剤を効率よく使って洗面台を綺麗にする方法をまとめましょう。

今回はクエン酸とのセット運用となります。

準備するもの

・スポンジ
・風呂桶
・ゴム手袋
・食器用洗剤
・クエン酸
・マイクロファイバークロス
・古歯ブラシ

やり方

こちらの動画は『洗面所掃除をクエン酸と食器洗剤で|お掃除らいふ』というタイトルで、クエン酸と食器用の中性洗剤を使って掃除している動画となります。

ベースとなる掃除の仕方はこの動画の内容とかなり似た内容になるので、文字で追いかけるのが面倒という方は動画をご覧ください。

食器用洗剤で洗面台を綺麗にする掃除方法

①換気扇を回す
②適当な桶に水約200mlとクエン酸小さじ1杯、食器用洗剤を適量混ぜて洗剤を作る
③作った洗剤とスポンジを使って洗面台全体を掃除していく
④スポンジでこすり洗いが終わったら水で全体を丁寧に洗い流す、細かい汚れは古歯ブラシなどでこすり洗いする
⑤水で濡らしたマイクロファイバークロスで全体を丁寧に拭く
⑥乾いたマイクロファイバークロスで拭いて水気を飛ばしたら終了

注意点

・クエン酸水はクエン酸の量が多いほど水垢に強くなるが、それだけ臭いが強烈になり肌に与える影響も大きくなるので注意
・直接触ったときの影響が出る可能性があるのでゴム手袋を着用してから作業をすること
・クエン酸は水垢に強いがそのままではたれてしまうことが多いので、食器用洗剤を混ぜる
・より汚れがひどい時はクエン酸の上からキッチンペーパーを貼り付け、さらにラップで覆って密着させて放置すること
・蛇口にメラミンスポンジを使ったり水栓部分に使うのは問題なしなので、汚れがひどいときはメラミンスポンジを使うのもあり
・クエン酸は大理石などの石材や鉄などの錆びやすい金属相手に使うのはNGなので、クエン酸水にしたときにまき散らさないように注意すること
・クエン酸のような酸性洗剤の洗剤成分が残っている状態で塩素系漂白剤を使うと、有毒ガスが発生してしまう危険性があるので、掃除をするときは必ず洗剤成分が残らないように洗い流すこと
・排水口の汚れがひどい時は塩素系漂白剤を使うことになるが、有毒ガスのことを考えてより丁寧に洗い流してから用いること
・水垢をより効率的に落としたいという人は、スポンジではなくナイロンたわしなどを用いてみるといい
・メラミンスポンジも汚れは落としやすいが、洗面ボウルのコーティング剤を剥がす可能性があるので推奨しない

食器用洗剤でどんな汚れが落ちるの?

食器洗い用の洗剤は基本的に中性の洗剤となります。

その性質は以下の通りでしょう。

・付着したばかりの汚れは落とせる
・多くの汚れに対応しているので、軽い汚れなら酸性でもアルカリ性でも落とせる
・手肌にも優しくゴム手袋不要でも用いられる
・時間が経った汚れには弱い
・しつこい汚れにも弱い

こういった内容です。

つまり、発生したばかりの汚れならば性質を問わずある程度使い回すことができるという事になります。

ここでポイントなのが、そういった汚れが洗面台に発生するのかというお話です。

洗面台でもそういった汚れはもちろん発生するのですが、水垢や黄ばみや黒ずみといった汚れはある程度時間が経って発生したしつこい頑固な汚れとなっている可能性が高いので、そういった汚れに対しては中性洗剤は効力を発揮してくれません。

昨今は強力な中性洗剤も登場しているので、ある程度の汚れならば中性洗剤オンリーでもかなり落とせるというケースがありますが、一般的な食器で用いるような洗剤ではそこまでの洗浄能力はないと考えてください。

食器用洗剤でも汚れが落ちない時の対処法

食器用の洗剤でも落とせないのならばほかの洗剤を用いましょう。

あくまでも食器用の中性洗剤なので、頑固な汚れにはそこまで強くありません。

素直に掃除用で強めの洗剤を用いてください。

中性洗剤にこだわりたいという方は、個人的にかなりオススメしている『ウタマロクリーナー』を用いるといいでしょう。

これは中性洗剤でありながらもある程度頑固な汚れも落とすことが可能なかなり便利な洗剤なので、洗面台ならばクエン酸などと併用することで水垢汚れも結構綺麗に落とすことができます。

中性洗剤に対するこだわりが特にないという方は、クエン酸や塩素系漂白剤を中心に扱って洗面台を綺麗にするといいでしょう。

水垢関連の汚れが本当に目立つのが洗面台なので、ベースの掃除は特に中性洗剤にこだわりがないという方はクエン酸を使った方がいいと思います。

洗面台が汚れる原因は?

洗面台で発生する汚れは石けんカスなどの洗剤汚れ・水垢・黒ずみ・皮脂汚れ・化粧品による油汚れ・カビ・髪の毛・埃などいろいろな物が混じってミックスされています。

一つ一つの汚れは発生したばかりならば落とせるのですが、放置すると厄介な物になる物ばかりです。

これらの汚れが発生する原因は、洗面台を使うことでどうしても発生する物ばかりなので、使う人数が多ければ多いほど発生すると考えてください。

このように、使うことが原因という身も蓋もない状況なので対策もかなり限られます。

洗面台の汚れを防ぐ効果的な方法は?

洗面台の汚れを防ぐ方法はいろいろとありますが、基本的な考え方としては適時掃除することとなります。

なので、掃除しやすい環境を作っておきましょう。

例えば、『マグネットソープホルダー』『POCO キッチンスポンジ 吸盤付き』のような便利グッズを使っていつも使うスポンジや石けんを浮かせるようにするとか、余計なものをできるだけ減らして拭き掃除できるようにするとか、マイクロファイバークロスを常備しておいて、濡らしたらすぐに拭けるようにするといった方法があげられます。

掃除しやすい環境を整えておくことで、ちょっとした掃除がいつでもできるようにしておくことが大切なのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は食器用洗剤で洗面台を綺麗にする掃除方法とポイントを紹介しました。

食器用の中性洗剤はある程度の洗浄効果がありますが、やはりお掃除用の洗剤よりは洗浄力が落ちるというケースが多々ありますので、普段使いする洗剤を別途用意しておきましょう。

中性洗剤にこだわりがあるという方は掃除用の洗剤でウタマロクリーナーのようなかなり便利な中性洗剤が登場していますので、そういったものを有効活用してもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました