普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

陶器製の洗面台についた黒ずみの掃除方法とポイント!

スポンサーリンク

洗面台は実はいろいろと材質の種類があり陶器製・ホーロー製・人工大理石製などそれらの違いによって掃除の仕方も変わってきます。

そこで、今回は陶器製の洗面台についた黒ずみの掃除方法とポイントを紹介していきましょう。

そもそも、この黒ずみの原因は何なのか、洗面台の黒ずみを除去するにはどうしたらいいのか、対処できる洗剤はあるのかもチェックします。

スポンサーリンク

陶器製の洗面台についた黒ずみの掃除方法!

それでは具体的に陶器の洗面台に発生した黒ずみを除去する方法を紹介していきましょう。

準備するもの

予洗いで使う道具

・ゴム手袋
ウタマロクリーナー
スコッティファイン洗って使えるペーパータオル
・桶
・古歯ブラシ
・クエン酸
超人たわしZ
・マイクロファイバークロス

本番の掃除で使う道具

・ゴム手袋
・クエン酸
・スプレーボトル
・チャンネルブラシ
・キッチンペーパー
サンポール
クリスタルメッシュ
ステンレスヘラ

やり方

今回紹介する動画はこちらの『【洗面台掃除】陶器についた水垢を確実に落とす方法』というものです。

具体的に陶器の洗面台で発生した黒ずみを落とすためにやり方を紹介しています。

個人的には予洗いをしっかりとしてから黒ずみを落としたいので、予洗いを含めたてやり方を紹介しましょう。

また、効率を上げるためにサンポールをより密着させてから削るというやり方にアレンジしています。

黒ずみ落とし前の予洗い

①ゴム手袋を着用して換気扇を回す
②桶に適量のクエン酸とウタマロクリーナーを入れて混ぜる
③ウタマロクリーナーを酸性に傾けたら、その洗剤を用意した超人たわしZに付着させて丁寧に洗面台を拭いていく
⑤蛇口や水栓にも使えるのでそういった部分も丁寧に拭いていく
⑥排水栓を取りしてついているゴミを古歯ブラシでこすり洗いする
⑦用意した洗剤をつけた古歯ブラシで排水口の中もこすり洗いする
⑧マイクロファイバークロスを濡らして全体を丁寧に水拭きする
⑨洗って使えるペーパータオルで丁寧に乾拭きして水気を飛ばす
⑩取り外した排水栓を元に戻す

本格的な黒ずみ落とし

①ゴム手袋を着用して換気扇を回す
②スプレーボトルに水200mlとクエン酸小さじ1杯を混ぜてクエン酸水を作る
③金属部分を避けてサンポールを吹き付けていく、金属部分はクエン酸水スプレーを噴射していく
④噴射した箇所にキッチンペーパーをかぶせてさらに上からそれぞれの箇所に合わせた洗剤を噴射し、密着させていく
⑤3分程度放置する
⑥放置が終わってキッチンペーパーを剥がしたらクリスタルメッシュでこすり洗いする
⑦蛇口の隙間はチャンネルブラシを使って擦り洗いする
⑧それでも落とせない黒ずみはステンレスヘラで傷つけないように注意しながら削って落とす
⑨水をかけて洗い流す
⑩マイクロファイバークロスで丁寧に拭いて水気を飛ばす

注意点

予洗いでの注意点

・ウタマロクリーナーは水拭きできない家具・床・壁紙・天然の石材・うるし等の塗り製品・銀製品・自動車・液晶・プラズマディスプレイの表面・革製品などには使えないので要注意
・ウタマロクリーナーは無垢材の床には使えないので間違わないようにすること
・ウタマロクリーナーは中性洗剤だがかなり洗浄力が高く水垢もかなり落とせるので今回のように酸性に偏らなくても軽い汚れならば落とせる
・しつこい水垢になっている時は今回紹介したようにクエン酸を併用して用いること
・ウタマロクリーナーは素手でも使える性質だが、今回はクエン酸と混ぜているのでゴム手袋は着用すること
・クエン酸は臭いがきついという人もいるので、換気扇は必ず回しておくこと
・予洗いで水が残っているとその後の掃除効果が薄れるのできちんと水気は飛ばすこと

本格的な黒ずみ落としでの注意点

・クエン酸水はクエン酸の量が多いほど水垢に強くなるが、それだけ臭いが強烈になり肌に与える影響も大きくなるので注意
・強い酸性洗剤を使うので掃除前に換気扇は回しておくこと
・直接触ったときの影響も大きいので絶対にゴム手袋を着用してから作業をすること
・クリスタルメッシュやステンレスヘラでの黒ずみ除去は削って落とすという対応になるので、多少の傷は覚悟しておくこと
・クエン酸は水垢に強いがそのままではたれてしまうことが多いので、密着させるためにキッチンペーパーを貼り付けると効果的
・より汚れがひどい時はクエン酸の上からラップで覆ってさらに密着させて放置すること
・クエン酸は大理石などの石材や鉄などの錆びやすい金属相手に使うのはNGなので、クエン酸水にしたときにまき散らさないように注意すること

黒ずみの原因はなに?

洗面台が汚れる原因は石けんカスなどの洗剤汚れ・水垢・黒ずみ・皮脂汚れ・化粧品による油汚れ・カビ・髪の毛・埃など様々ですが、黒ずみに限定すると石けんカス汚れや水垢に埃やカビなどがくっついて発生してしまうことにあるでしょう。

これらの汚れはがミックスして固まることで黒ずみになります。

洗面台の黒ずみを予防する方法は?

黒ずみを予防する方法は定期的に掃除することです。

というのも黒ずみには石けんカスやカルシウム質の比較的軽い黒ずみから、ケイ素が固まり硬質スケールになり陶器の釉薬(うわぐすり)と混じってしまった黒ずみがあるのです。

前者なら今回紹介したサンポールなどの酸性洗剤で落とせますが、後者だとめちゃくちゃきつくてサンポールでも落とせない可能性があります。

なので、汚れたらきちんと綺麗にして、洗面台だけど乾燥した状態をキープするようにしましょう。

黒ずみが落ちるオススメの洗剤!

黒ずみが落ちる洗剤でオススメなのは、軽いものだとクエン酸重いものだとサンポールです。

サンポールよりも強力な酸性洗剤も探せばあると思いますが、そのレベルの酸性洗剤を素人が使うというのが正直怖すぎるので、サンポールが限界と考えた方がいいでしょう。

ある程度しつこい水垢や黒ずみもサンポールなら落とせます。

それでも駄目なら削りましょう。

掃除のプロに依頼した時の料金相場

プロの業者に依頼したときの料金はだいたい8,000円から1万円です。

個人業者に依頼できる『くらしのマーケット』で探すと5,000円台のところも見つかるでしょう。

ただし、こういった仕事は料金だけで選ぶのはちょっと怖いので、依頼するところの店舗がどういった評判なのかをしっかりとチェックしてから応対してください。

オススメしたい洗剤・道具を使った洗面台の掃除方法まとめ

メラミンスポンジ

マッハ泡バブルーン

ウタマロクリーナー

重曹

オキシクリーン

クエン酸

酸性洗剤

タオル

食器用洗剤

サンポール

たわし

クレンザー

カビキラー

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は陶器製の洗面台に発生してしまった黒ずみを掃除する方法について紹介しました。

黒ずみは水垢とミックスして発生しているのですが、この水垢はケイ素によるものになってしまうと非常に頑固になります。

お風呂場の鏡で発生する超頑固な水垢もケイ素によるものの可能性が高いので、そうなる前に対処することが本当に大切なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました