普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

洗面台をこすらないで掃除ができる簡単なやり方とポイント!

スポンサーリンク

洗面所は黒ずみなどなかなか落ちない汚れが発生することも多いので、ついついこすり洗いしたくなりますが洗面台はコーティングをしてあるためできるだけ傷をつける可能性がある作業はしたくありません。

そこで、今回は洗面台をこすらないで掃除ができるやり方とポイントを紹介します。

こすらないでしつこい汚れを落とす方法はそもそもあるのか、洗面台の掃除頻度はどの程度が理想的なのか、掃除を減らすオススメの方法は何があるのか、洗面台掃除に活躍する便利グッズはあるのかなど気になる情報を全部まとめてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

洗面台をこすらないで掃除ができるやり方!

それでは傷がつくようなこすり洗いをしないという条件のもと、具体的に洗面台を掃除する方法を紹介します。

準備するもの

・ゴム手袋
キッチン泡ハイター
・クエン酸
・ステンレスへら
・マイクロファイバークロス
・スポンジ
・ブラシ

やり方

こちらの動画は『樹脂製の洗面台についた水垢を簡単に落とす方法』というタイトルで、こすり洗いせずに汚れを落とす方法を解説しています。

こちらのやり方がとっても参考になるので、こすり洗いしたくないという方は動画を是非とも見てください。

洗面台をこすらないで掃除ができるやり方

1日目

①ゴム手袋を着用して換気扇を回す
②排水口の蓋など外せるところは外す
③キッチン泡ハイターを動画のように全体的に噴射する、特にカビがひどいところや取り外したパーツには重点的に行う
④5分程度放置する
⑤放置が終わったら毛先がそこまで堅くないブラシを使ってパーツや汚れが気になる方はこすり洗いする
⑥流水で洗い流してスポンジの柔らかい面で全体を優しく洗っていく
⑦蛇口の口の部分のように塩素系漂白剤を直接拭きかけることが難しい箇所は、ステンレスへらで削って丁寧に落とす
⑧水で洗い流して終了

2日目

①ゴム手袋を着用して換気扇を回す
②スプレーボトルに水200mlとクエン酸小さじ1杯を混ぜてクエン酸水を作る
③クエン酸水を散布する前に、昨日の塩素系漂白剤の成分が残らないように水でいったん洗い流す
④クエン酸水を全体に噴射してゴム手袋を塗り広げていく
⑤流水で洗い流す
⑥マイクロファイバークロスで水気を飛ばしたら終了

注意点

・ステンレスへらは両サイド部分で傷がつく可能性が高いので、こういった掃除で用いるためのへらならばサイド部分を削って丸くすることをオススメする
・水垢がひどいときはサンポール
を使うが、こちらはゴム手袋でも塗り広げるのは危険なので取扱注意
・コーティングが剥がれてしまったのなら動画のように揮発水コーティングを新たにするのもあり
・サンポールはいろいろと注意点があるので使うときはよく確認すること
・塩素系漂白剤はメラミン食器・漆器・金属製品(ステンレス除く)・天然石の調理器具・設備・獣毛のハケ・水洗いできない製品などには使えないので要注意
・塩素系漂白剤を使う時は換気扇を必ず回すこと
・塩素系漂白剤は一度に大量に使わないこと
・塩素系漂白剤は皮膚や目に付着すると非常に危険なので取り扱いには十分に注意すること
・塩素系漂白剤は酸性洗剤と混じると有毒ガスが出るので要注意
・塩素系漂白剤は排水口ヌメリ取り剤や生ごみと混じっても有毒ガスが出るので要注意
・塩素系漂白剤はほかの容器に移して使用しないこと
・塩素系漂白剤は衣類や敷物や家具に液がつくと脱色するので、掃除用エプロンの着用推奨
・塩素系漂白剤は破損を避けるため落とさないように気をつけること
・塩素系漂白剤をつけかえ時は液はね・液だれに注意すること

洗面台につく汚れの種類と原因

洗面台に発生する汚れの種類は石けんカスなどの洗剤汚れ・水垢・黒ずみ・皮脂汚れ・化粧品による油汚れ・カビ・髪の毛などいろいろと種類があります。

これらの汚れは洗面台を使うことでも発生しますので、はっきり言って回避することは困難です。

また、石けんやスポンジなどがいろいろと設置してあると接地面に水がたまることが多々あります。

この水によって水垢や石けんカスがたまるというケースもあるので、できるだけ洗面台に設置してあるものは減らした方がいいのです。

蛇口部分はさびによって黒ずみが発生するケースもありますので、そちらのケアも必要でしょう。

洗面台の掃除頻度はどのくらい?

洗面台の掃除頻度は毎日の簡単掃除1週間に1回行うやや本格的な掃除1ヶ月に1回行う配水管を含めた掃除の3種類を使い分けを意識しないといけません。

どの掃除も大切なのですが、やはり意識したいのは毎日の掃除です。

この掃除をしっかりと行っておけば1週間に1回の掃除も1ヶ月に1回の掃除もかなり簡単になります。

そのために意識してもらいたいのが、先ほど解説したように設置する道具を減らすことで、道具を置く必要があっても直接洗面台にくっつくような状態を作らないことです。

掃除頻度を減らすオススメの方法!

掃除頻度を減らすには使い終わったら必ずタオルなどを使って拭き取るようにすることです。

水場ではありますが、汚れの原因は水気ですので水気を残さないようにすることが重要なのです。

やはり使うたびに汚れてしまうのが洗面台なので、ちょっと汚れてもすぐに対処できるようにすることを意識した方がいいです。

掃除頻度を減らすという発想ではなく、掃除をしやすくするという発想にしてください。

自分が簡単にできる掃除道具をすぐに手に取れる位置にあれば、気持ちがあまり乗らないときでも動けるようになります。

洗面台の掃除に活躍する便利グッズ!

洗面台の掃除に活躍するグッズは掃除しやすくなってくれるスポンジや石けんに切り替えることです。

具体的にはこちらの『マグネットソープホルダー』のような製品を使えば、石けんをトレーに置く必要がなくなり水たまりが発生することがなくなりますのでオススメです。

ほかにもスポンジを『POCO キッチンスポンジ 吸盤付き』に切り替えるという発想もいいでしょう。

こういった便利グッズを用意して、直置きする洗剤や道具を徹底的に減らすことがいろんな意味で便利なグッズとなってくれます。

ほかにもクエン酸や重曹があると洗面台の掃除はしやすいと思います。

特に、クエン酸は水垢に強いのであると便利でしょう。

オススメしたい洗剤・道具を使った洗面台の掃除方法まとめ

メラミンスポンジ

マッハ泡バブルーン

ウタマロクリーナー

重曹

オキシクリーン

クエン酸

酸性洗剤

タオル

食器用洗剤

サンポール

たわし

クレンザー

カビキラー

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は洗面台をこすらないで掃除ができるやり方とポイントを紹介しました。

今回紹介したやり方はとにかくこすり洗いをしないことを意識したやり方であり、こすり洗いをしてコーティングを剥がしてしまうことを避けたいという人向けの方法となっています。

このコーティングは剥がれたかどうかというのは目で見てもわかりにくい部分があるのですが、意識して掃除をすると汚れにくくなるのは間違いないので、そういった意識を持って掃除をすることは大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました