普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

【退去時・入居時】アパートの引っ越し費用はどのくらい?

引っ越しにおける費用は色々とかかってしまうのでできれば節約したいところですが、どれぐらいかかるのかの目安は欲しいところです。

そこで、今回は退去時と入居時におけるアパートの引っ越し費用はどのくらいになるのかをまとめていきましょう。

少しでも引っ越し費用を抑えるにはどうすればいいのか、アパートから引っ越しをするときの手順や手続き内容はどうなっているのか、最低限のマナーはあるのかも調べていきます。

スポンサーリンク

退去時のアパートの引っ越し費用はどのくらい?

引っ越しにおける退去でも、そこそこの費用がかかるケース存在します。

ここではその退去費用を見ていきましょう。

参考にするのはこちらの『アパート退去費用の相場は?|賃貸の引越しで貸主が支払う金額について解説「イエウール(家を売る)」』というサイトです。

このサイトの金額部分を見てみると以下のとおりになります。

【請求された退去費用の平均】
・ワンルーム、1K、1DK、1LDK:49,980円
・2K、2DK、2LDK:79,924円
・3DK、3LDK、4K、4DK、4LDK:90,139円

参照URL:https://ieul.jp/column/articles/655/

こちらを見てもらうとわかると思いますが、平均的なアパートは1Kや1DKが多いと思いますので約5万円程度は退去費用として必要になるということです。

退去費用の中身はどうなっているのか

次は退去費用の中身がどうなっているのかを調べていきましょう。

基本的に退去費用で必要になるのは修繕費です。

この修繕費を具体的に見てみると以下のとおりになります。

壁紙張り替え費用・壁の下地ボード取換え費用・油汚れの清掃費用・フローリング張り替えや補修費用・柱の修繕費用

こういった修繕費用をどれだけ抑えることができるのかで退去にかかる費用も変わってくるので、入居したときから意識しておくといいでしょう。

入居時のアパートの引っ越し費用はどのくらい?

入居時のアパートの引っ越し費用は単身者と仮定すると、繁忙期なら荷物が少ない人で約5.1万円、荷物が多い人で約7.4万円となります。

通常期ならこれが荷物の少ない人で約4.4万円で、多い人で約5.7万円となるのです。

これがシンプルな引っ越しだけにかかる費用となります。

こういった費用を色々と考えて敷金や礼金もセットにすると、初期費用は家賃の4倍から5倍程度はかかるようになるでしょう。

ザックリと家賃が5万円という人ならば20万円から25万円はかかるということです。

ただし、昨今はアパートやマンションでも敷金礼金を少なくしたりただであることをアピールするところが出ているのでこの初期費用もだいぶ変わってきています。

引っ越し費用を少しでも安くするコツ

引っ越し費用を少しでも安くするには以下の3点を抑えましょう。

・値段設定がお手頃の安い業者に依頼する
・荷物量を減らして依頼する
・業者にとって値段が安くなる時期に依頼する

この3つを意識すれば引っ越し費用を抑えられるようになります。

ここは皆さんが一番知りたい部分だと思いますので、より詳しく解説します。

値段設定がお手頃の安い業者に依頼する

引っ越しをするときに費用をチェックするときに真っ先に気になるのはここでしょう。

そして安い業者を見つける方法は現代だと相見積もりをするだけです。

これは『引っ越し見積もりが一番安い業者を選べる無料比較サイト【引越し侍】』といった相見積もりができるサイトを活用するだけなので是非とも活用してください。

これだけでもかなり費用を抑えられます。

荷物量を減らして依頼する

引っ越しの料金は基本的に距離と拘束時間と荷物の量によって決まりますが、依頼をする側ができるのはこの中で荷物量をどうにかするだけとなります。

荷物量を減らせば間接的に作業者の拘束時間も減らせるので一石二鳥でしょう。

この依頼する荷物の量を減らすには断捨離をしてシンプルに減らしてしまうことや、家電や家具といった大型の荷物を買い換えする時に現地に届くようにするとか、軽トラなどをレンタルして家族や友達に依頼して自力である程度運んでしまうという方法があります。

この3つのうちに出来る事をチャレンジして荷物量を減らしてみてください。

業者にとって値段が安くなる時期に依頼する

引っ越し業者にとっての繁忙期は3月と4月で、特に3月下旬はやばいです。

空いている時期と比べると2倍くらいの費用になってしまいます。

まずはこういった繁忙期を避けましょう。

また、通常期だと休日が混むとか下旬が混むとか午前中が混むなどの情報もありますので、そういった開いている時間と混んでいる時間を見極めて依頼するのもいいでしょう。

ただし、こういった見極めはこちらが随時確認するのは大変ですので、先ほどの引っ越し侍さんのサイトにあるような見積料金の安い日を見定めて依頼するとやりやすいです。

アパートから引っ越しをする時の手順や手続き

アパートから引っ越しをする手続きや手順を簡単に紹介します。

こちらは筆者がまとめたものがありますので、そちらを再度掲示します。

やることが多いのでやったことにはチェックをして埋めていきましょう。

引っ越しが決まってすぐにやるべき事

・新居を見つける
・退去告知をする
・引っ越し会社を探す
・余計な荷物を処分しはじめる
・子供がいるのなら転校準備を始める
・管理組合への届け出を出す

引っ越し1週間前にやるべき事

・各保険会社への住所変更手続きを行う
・役所で転出手続き、国民年金やマイナンバーの住所変更手続きなども行う
・インターネット回線の解約及び新規契約手続き
・クレジットカードやキャッシュカードの住所変更手続き
・電気ガス水道の解約手続き
・固定電話があるのなら移設手続き

引っ越し前日までやること

・近所への挨拶回り
・取引先への挨拶回り
・郵便物転送手続き
・新聞の解約や生産
・NHK受信契約の住所変更手続き

引っ越し後にやること

・役所での転入届といった手続き
・子供がいるなら転入手続き
・運転免許証の住所変更手続き
・車庫証明の申請手続き
・車検証住所変更手続き

アパートから引っ越しをする時の最低限のマナー

アパートから引っ越しをするときの最低限のマナーはシンプルに挨拶回りをすることです。

ご近所付き合いを一切しない人でも、退去前に上下左右の部屋の住人に挨拶をしておくべきです。

なぜなら、引っ越しの作業で騒音を出しますし道路や駐車場を専有するといった迷惑をかけてしまうので、しておかないとマイナスイメージをより与えてしまうでしょう。

その結果トラブルになりかねませんので、注意してください。

二重家賃の意味と防ぐための方法!

二重家賃とは簡単に説明すると『旧居と新居同時に発生する家賃』です。

これは入居のタイミングと退去のタイミングによって、家賃の重複してしまうところが発生するのが原因となります。

この二重家賃を防ぐのは難しいのですが、解約や退去までにどれだけの必要な期間があるのかを調べることでしょう。

ただし、空室を作りたくない貸主側からすぐに契約をしてほしいという条件があると避けられないことが多いです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は退去時と入居時におけるアパートの引っ越し費用はどのくらいになるのかをまとめていきました。

昨今は敷金や礼金の考え方や状況がだいぶ変わってきましたので、引っ越しにかかる初期費用も減っていると言われています。

それでもやはりそれなりにはかかりますので、削減できるところはしっかりと削減しておくことを強くお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました