普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

引っ越し費用が一番安い時期はいつ?曜日や時間帯でも変わる?

引っ越し業者を選ぶ上での今も昔も重要ポイントになっているのがその費用です。

そこで、今回は引っ越し費用が一番安い時期はいつなのか、曜日や時間帯でも変わるというのは本当なのかを見ていきます。

時期はなんとなく予想できるという方は、より安くするためにも今回の記事を読んで理想的な曜日や時間帯についてより詳しくなっていきましょう。

スポンサーリンク

引っ越し費用が一番安い時期はいつ?

引っ越し費用が安くなる時期は多くの方が予想しているように3月と4月以外の月です。

いわゆる3月と4月は新学期の始まりであり、会社でも人事異動による移転及び出張が多発する時期でもありますので、この時期は引っ越し業者における繁忙期となって料金も跳ね上がります。

単身パックのようなある程度価格が抑えられるタイプならば1割増し程度でこの時期も抑えることができるのですが、家族での引っ越しのような大荷物での移動となると繁忙期による割り増し幅も大きくなり他の時期と比べると2割から4割増し、ものすごい大荷物だと5割増し以上の費用がかかってしまうケースもあるのです。

この時期調整は難しいと思いますが、料金を抑えたいという方は可能ならば3月と4月は避けましょう。

引っ越し費用が安い曜日や時間帯は?

次は引っ越し費用が安い曜日や時間帯についてチェックしていきます。

結論を記載すると『上旬~中旬・月~木曜・午後』が安くなりやすいです。

一つずつ解説します。

まず上旬~中旬が安くなるというお話ですが、これは賃貸契約の切り替わる時期に引っ越しをしたいという考え方を持っている人が多いのが理由です。

そのため、新居に契約をして入居するタイミングの理想は家賃の二重支払い期間を短くするために月末や月初めに移動できるように業者に頼む人が多くなっています。

つまり、そういった考え方から外れるように上旬から中旬に依頼すると安く費用を抑えられる可能性が出てくるのです。

次は曜日についてですが、基本的に引っ越しを依頼する人は休日に移動したいと考えていることが多いので土日は人気となります。

特に、次の日が休みの状態での引っ越しを望む人が多いので土曜日は人気がありますし、金曜日に休みを取る人も多いとのことで金曜日もそこそこ人気があるようです。

逆に、日曜日の午後となると次の日が仕事というのもあるので料金が比較的安いというケースもあります。

時間帯についてですが、これは圧倒的に午前中が人気です。

というのも、引っ越し作業はできるだけ早めに終わらせて午後の時間帯に引っ越し挨拶や役所手続きや足りないもののお買い物など出来る事をしたいという考え方があり、午前中は予約で埋まりやすいのです。

午後の時間帯に後片付けをしたいという方も多いので、午前中にできる限り移動しておきたいのは納得でしょう。

逆に、料金を抑えたいのなら開始時間が遅いプランを選ぶことが有用なのです。

引っ越し費用の相場はどのくらい?

引っ越し費用の相場についても見ていきましょう。

これは引っ越し荷物の量や移動距離によって大きく変動するので、明確な数字を当てはめるのはちょっと難しいのであくまでも参考数字として捉えてください。

まず、一人暮らしの引っ越し費用は繁忙期である3月から4月がだいたい5万円で、繁忙期からずれるとだいたい4.5万円です。

次に4人家族と考えての引っ越し費用は繁忙期だとだいだい15.5万円繁忙期からずれて通常期になるとだいたい11.5万円となります。

これを見るとわかるように、単身での引っ越し料金は繁忙期とそれ以外では1割程度の差だったのに、家族での引っ越しといった大荷物の引っ越し作業は3.5割増しになっているのです。

こういった料金を高いと感じてしまった人は、引っ越し費用を抑えるためのテクニックを駆使する必要があります。

引っ越し費用が一番高い時期は?

引っ越し費用が高い時期は3月と4月です。

この時期はとにかく新生活が始まるので人の移動も多くなりそれだけ引っ越し費用が比例して上昇します。

こちらの『引っ越し料金の費用・相場はいくら?総額や安くするコツ|引越し見積もり・比較【SUUMO】』にある、月ごとの平均引っ越し料金グラフを見てもらうとわかるように、3月になると2月と比較してびっくりするぐらい料金が跳ね上がっているのです。

4人家族平均なんかは12万円だったのが18万円にまで跳ね上がっています。

なんと1.5倍です。

さすがに1.5倍はお財布にも直撃すること間違いなしの引っ越し費用となってしまいますので、抑えられるのなら抑えたいというのが本音でしょう。

3月と4月が引っ越し費用が高くなるのは事実ですが、より高くなるのはどちらかといったらやはり3月となりますので、3月中の引っ越しは可能なら避けるべきなのでしょう。

引っ越し費用を安くするコツ!

引っ越し費用を抑えるためには以下の4点を抑えることが重要です。

・相見積もりをして見積もり比較をする
・繁忙期を避ける
・引っ越し希望日に幅を持たせる
・余計な荷物は持っていかずに引っ越し前に断捨離する

ものすごくザックリとした説明をしてしまうと『価格の比較をしつつ業者が暇な時期やタイミングに依頼をして、そもそもの荷物を減らす』という考え方です。

移動距離だけはどうしようもないので変化させることはできません。

なので、それ以外の部分で費用を抑える方法を駆使することになります。

まず相見積もりはいくつかの引っ越し業者に同じ条件で依頼するという方法で、これで簡易的にでも料金比較をすることができます。

一番安い業者の価格を他の業者にさりげなく伝えてみると、値下げして貰えるというケースもありますので、本命の業者の価格が高めだったのならこういった相見積もりによる価格比較を参考にして交渉してみるといいでしょう。

また、引っ越し業者の繁忙期である3月と4月はどうしても料金が割り増しとなってしまいますので、そこを避けることができればそれだけでも費用は抑えることができます。

あとは、今回の説明でもあったように時間帯や曜日によっても費用が変わってくるので、その中でも安い日を指定できるように希望日に幅を持たせることが重要です。

最後に荷物そのものを減らせば料金も安くなるので、断捨離するという方法も残っています。

時期によって引っ越し費用が変わる理由

時期によって引っ越し費用が変わる理由は、その時期は引っ越しにまつわるあらゆる業者も連鎖的に忙しくなるからです。

たとえば、トラックドライバーの確保が難しくなることで人件費がアップした状態で雇うことになるとか、車両そのものを確保するのが難しくてよりお金を用意する必要が発生するといった問題も出てくるでしょう。

そういった理由からの値上げをしなければいけないですし、シンプルに稼ぎ時なので多少の価格の上乗せをしても仕事がくるという事情もあると思います。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は引っ越し費用が一番安い時期はいつなのか、曜日や時間帯でも変わるのかを見ていきました。

結果として、引っ越しの費用は同じ月でも曜日や時期によって変わるという事がわかったと思います。

その理由を引っ越しをする側目線で探ってみると納得してしまう部分がありますので、それを理解した上で上手に避けることができれば引っ越し費用を抑えられるという事になるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました