普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

引っ越し挨拶で渡す粗品は何がいい?選び方のポイントや相場は?

引っ越しの挨拶では粗品は必須となっていますが、この必須な粗品はどのように選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。

そこで、今回は引っ越し挨拶で渡す粗品は何がいいのか、選び方のポイントや相場はどうなっているのかを見ていきましょう。

そもそも粗品はどこで購入すればいいのか、のしは必須なのか、挨拶の範囲はどうなっているのか、オススメの時間帯はいつなのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

引っ越し挨拶で渡す粗品は何がいい?

引っ越し挨拶で推奨される粗品はある程度決まっています。

それはもらっても困らない日用品とお菓子類です。

日用品とはラップ・高級なティッシュペーパー・洗剤・タオルなどが該当し、お菓子はクッキー・バウムクーヘン・マドレーヌ・ゼリーなどが該当するでしょう。

こういった粗品はもらっても困ることが少ないですし、日用品としてもとても使い勝手がいいのでオススメします。

特にお菓子類は引っ越し前の銘菓があるのならそれを選ぶことで喜ばれることが多いのでそれもオススメ品となるでしょう。

ただし、こういった日用品やお菓子類を選ぶにあたってのルールもありますので覚えてきましょう。

粗品を選ぶ上でのルールについて

それでは具体的に日用品やお菓子類を選ぶ上でのルールを見ていきましょう。

あまりのも多すぎるので箇条書きにしてまとめていきます。

・手頃な金額(500円から1,500円程度)から選ぶ
・できれば日持ちする物を選ぶ
・住んでいた地域の銘菓で日持ちする物があればそちらを優先
・全年代に喜ばれるようなオーソドックスなクッキーなどがおすすめ
・ある程度ブランドのあるお菓子だともらった側もうれしい
・お酒が入っているのはNG
・近所のスーパーで簡単に買えるような物はできれば避ける
・アレルギーを持つ人が多いナッツ類などは避ける
・手作りはNG
・できれば個別に包装されているタイプのお菓子にする

特に気をつけなければいけないのがお菓子類におけるアレルギーについてです。

現代日本はアレルギーを抱えている人がとっても多いので、アレルギーの対象となっている食べ物や食材をつかっているものは避けた方がいいでしょう。

特に、卵・小麦・海老・蟹・乳製品・そば・落花生は特定原材料に指定されているものやカシューナッツ・大豆・くるみなどのナッツ類を使っているお菓子や、アレルギーを持っている人もいる果物類が対象となります。

そういったものをふんだんに使っているものはお菓子に選んではいけません。

一昔前は引っ越しそばが定番ですが、現代ではそばもアレルギーの人がいる可能性ありなので避けるべきという考え方となっているのです。

日用品に関してももらって困るのが手作り品なので、洗剤やラップや高級なティッシュペーパーを選んでください。

ただし、洗剤も匂いがちょっと強いタイプだと嫌われるケースがありますので、あまり匂いがきつくないタイプを選ぶといいでしょう。

引っ越し挨拶の粗品の金額相場は?

引っ越し挨拶の粗品における金額相場はこれもいくつか意見がありますが、筆者が見た限りでは500円から1,500円が一番多い意見となっています。

とりあえず粗品を選ぶときはこの金額から選ぶのが安全なので、ネット上での粗品探しもこの金額に収まっているかどうかで判断するといいでしょう。

ランキングをつかって検索すると、たいていの商品はこの金額に収まっているので金額で悩むと言うことはほとんどないと思います。

ただし、選ぶときには先ほど記載したように日用品やお菓子類から考えるようにしてください。

実際にこの考え方は浸透しており、インターネット通販サイトなどのランキング上位はこの考え方に沿ったものがズラッと並ぶようになりますのでそちらを見て判断するのもありだと思っています。

粗品はどこで購入したらいい?

こういった粗品はインターネット通販サイトで探すのが最も簡単です。

具体的にはこちらの『引越し挨拶(粗品、手土産)人気ランキング | ルメール引越し挨拶』といったサイトで探すといいでしょう。

Amazonや楽天といった大手ネット通販サイトでも粗品は扱っているので、そこを活用するのもいいと思います。

実際に消費を見てから購入したいという人は、デパートやスーパーでも購入することができるのでそういったところで購入するのもいいと思います。

ただし、筆者の意見ですがデパートの粗品は500円から1,500円の金額に収まらないということがかなり多いので、あんまりオススメできません。

スーパーでもいいと思うのですが、筆者の経験上スーパーで売られているものは引っ越し先のご近所で売られているというケースがあり、近所のスーパーで同じものを見つけられるとテンションが下がってしまったという報告もあるのでこちらも避けた方がいいかもしれません。

粗品にのしはつけるべき?

粗品にのしをつけるかどうかが議論になる事がありますが、筆者的にはつけた方がいいと思っています。

理由は色々とありますが、やっぱり一番の理由はつけていないことでマイナスイメージを与えてしまいかねないことでしょう。

こういった挨拶回りでは色んなルールやマナーがありますが、それらのルールやマナーは人によって考え方や受け取り方が異なることも多々あるため、のしがあっても特になんとも思わない人もいれば無いことで失礼に感じる人もいるのです。

マイナスイメージを与える可能性があるという時点で、のしはつけた方が絶対にいいと思います。

ご近所トラブルを避けて円満なご近所付き合いをするために挨拶回りをしているのに、のしがないという理由でトラブル発生確率を上げてしまうのは色々と勿体ないです。

引っ越し挨拶の粗品はどこまでの範囲で渡すべき?

引っ越し挨拶の範囲は、集合住宅ならば自分の部屋の両隣と真上と真下の部屋が必須です。

あとは大家さんと管理人さんが対象となります。

一戸建ての場合は向こう三軒両隣と自宅裏の家とその両隣が範囲となるでしょう。

あとはその地区の町内会長や自治会の会長がわかっているのなら挨拶をしておくといいと思います。

引っ越し挨拶へ行くオススメの時間帯は?

引っ越しの挨拶に行く時間として推奨されているのは10時~12時と13時~18時です。

個人的には迷惑をかけない時間帯をもっと制限して考えると14時~17時ぐらいが理想だと思っています。

その時間帯なら食事の準備などはありませんので、迷惑にはなりにくいのです。

この時間帯は平日でも休日でも当てはまりますので、覚えておくといいでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は引っ越し挨拶で渡す粗品は何がいいのか、選び方や相場についてまとめました。

引っ越し挨拶で渡す粗品は日用品やアレルギーなどをしっかりと加味したお菓子類が最も人気があります。

仮に渡す相手がおらず余ってしまったとしても、自分で使えるというのも大きなメリットであるため、自分がもらって困らないものという考え方で選ぶのもありでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました