普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

引っ越し費用をとことん抑える裏技!業者の選び方は?

引っ越し費用は単身での短い距離ならば比較的費用を抑えられますが、新生活として遠方にそれなりの荷物を持っての移動となると結構な費用がかかってしまいます。

そこで、今回は引っ越し費用をとことん抑える裏技をわかりやすく紹介していきましょう。

そもそも業者の選び方はどうなっているのか、具体的にどれぐらい費用を抑えることができるのか、引っ越し料金はそもそもどんな内訳でどのように決まっているのかもお勉強していきます。

スポンサーリンク

引っ越し費用をとことん抑える裏技を紹介!

引っ越し費用を押せる方法は色々とありますので、色々とありますので1つずつ解説していきましょう。

基本的に引っ越し費用を安くする方法は大きく分けて以下の3つです。

・安い時期や時間に依頼する
・そもそもの荷物を減らす
・安い料金のところに依頼する

この3つからより具体的な方法を導き出すことで、自分でもできそうなことを発見することができるのです。

それではより詳しく見ていきましょう。

安い時期や時間に依頼する

自動車の免許取得における合宿もそうですが、こういった業界は混んでいる時期ほど高くなって空いている時期はかなり安くなるという傾向にあります。

いわゆる繁忙期と呼ばれるやつですが、これは引っ越し業界では3月と4月になります。

いわゆる人事異動が活発になる時期と新生活による移動が活発になる時期がここに固まっているからです。

あとは、ゴールデンウィークやお盆といった長期連休期間で引っ越す人も結構いるとのことなので、そのタイミングだけ引っ越し費用が高くなるケースもあります。

他にもその月の上旬~中旬が引っ越し業界は空いていることが多いので、そのタイミングで引っ越すのもいいでしょう。

このように時期とタイミングを調整するだけでもかなりの費用節約に繋げることができるのでお勧めです。

安くなるタイミングについては業界の料金カレンダーが昨今は用意されており、その中で安い日を選ぶだけなのでとっても簡単になっているのもポイントです。

そもそもの荷物を減らす

引っ越しの料金は基本的に移動距離と荷物の量によって決まります。

移動距離はどうにもならないところですが、荷物の量は色々な手段で減らすことができるでしょう。

最もシンプルなのが断捨離して余計な荷物を減らしてしまうことです。

これで引っ越し料金を多少は抑えることができます。

他にもレンタカーなどを使って自分で荷物を運ぶという方法もありますし、宅急便や宅配便で荷物を送るというやり方もあるでしょう。

車やトラックなどを使って自力で荷物を運ぶことでかなりの費用を減らすことができますが、結構大変な作業となりますのでそういった作業を協力してくれる人がいるかどうかにもかかってきます。

安い料金のところに依頼する

これも単純な考え方で、様々な業者の中から安いところに依頼するだけです。

いわゆる同じ条件で見積もりをする相見積もりをすれば、安いところがあっさり見つけられるでしょう。

今ではいちいち電話で依頼せずともインターネットを介してまとめて依頼することができますので、そこから簡易的にでも料金比較ができるようになっています。

そこで気になったところとは詳細を詰めるために直接電話などでやりとりして見るといいでしょう。

すると、どういった会社なのかが見えてくるので信頼できるかどうかもおぼろげながら知ることができます。

また、相見積もりをした後ならば値引き交渉もかなりしやすくなるのでそういった意味でも安くする手法として優秀なのです。

他には、お得なキャンペーンをやっているか単身専用パックのような安くなるパックがあるかどうかも基準となってきます。

具体的にどのくらい安くなる?

これは何を実行したのかで変わってきます。

たとえば時期をずらしただけでどれだけの効果があるのかを見てみましょう。

参考にするのはSUUMOさんの『引越し見積もり価格はだいたいいくら?平均金額や業者の選び方、引っ越し費用を安くする方法|引越し見積もり・比較【SUUMO】』というページです。

ここの4人家族での繁忙期と通常期での平均費用を見てみます。

すると繁忙期だと約15.5万円だったのに通常期だと11.6万円でした。

つまり、時期をずらすだけでも3割ほど料金に差が出るということです。

他にもレンタカーや自家用車などを使って自力で運べるものは運ぶという手段を実行できれば数万円は節約することができるでしょう。

不要な荷物を減らすという行動でも5,000円程度は安くできると思いますし、相見積もりなどを使って安いところを探したり価格交渉をしても結果的に万単位で安くすることができるかもしれません。

引っ越し業者の選び方は?

引っ越し業者の選び方はまずは値段による比較です。

あとは、その業者が信頼できるかどうかでしょう。

短距離での引っ越しとなると地元の中小企業も選択肢に入ってくるのですが、中小企業になるとネット上でもあまり評判を拾うことができないので、自分で見積もりを依頼してそのときの対応から確認する必要が出てきます。

これはもはや自分が納得できるかどうかが鍵となってくるので、とことん納得できるまでやれることをやった方がいいです。

引っ越し料金は何で決まるの?

引っ越し料金の内訳は運賃・実費・オプション料金です。

その中でも運賃は移動距離や荷物の量などで決まるもので、作業時間で算出される時間制運賃や移動距離によって決まる距離製運賃を会社事に定めて決めています。

実費はダンボールや養生にかかった費用は高速道路利用料や人件費などであまり変動しません。

オプション料金は通常の引っ越し代以外のサービスで、美術品や音楽用品の運搬などで発生します。

この中でもウェイトが大きいのが運賃で、繁忙期になるとこの部分が大きく変動すると言われています。

自分で引っ越しをする方法と注意点

ひっこし費用の究極的な節約方法は、自分で荷物などを全部運び入れてしまうことです。

しかし、自分で運ぶのはちょっと大変な家具や家電もありますので自力でどうにかするという人は協力者がいないとかなりキツイです。

とにかく家具と家電が多いと作業がきつくなるので、そのときは業者に依頼した方がいいでしょう。

また、マンションによっては管理規約によって自力での引っ越しがNGとされているケースがありますので、自力でどうにかしたいという人は事前に確認した方がいいです。

さらに注意すべき事は住居を傷付けないように養生するのが引っ越しの基本ですが、こういった養生を素人がものを用意して実行するのは難しく住居をぶつけて傷付ける可能性が高いというのも問題点です。

新居にかかる費用にも注意しよう!

このように引っ越しにまつわる費用はかなり上下するものなのですが、新居にかかる費用も多めなのでその部分にも注意しないといけません。

そもそもの新居を購入するための費用が高いというのもありますが、新しく家具や家電を揃えるとなると簡単にお金がとんでいきますので、そういった部分もしっかりと考慮して行動しないといけません。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は引っ越し費用をとことん抑える裏技を紹介しました。

究極的には自分で荷物を運んでしまえば引っ越し費用は安くできます。

しかし、養生などを自力でするのは結構大変なので完全に自分だけで運ぶのではなく、ある程度自分で運んで業者にも依頼するといった対応のほうがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました