普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

引っ越し費用はいつ払うの?後払いもできる?支払い方法は?

引っ越しにおける費用は人数が多く荷物が多ければそれだけで簡単に10万円を超えてしまいます。

今回は引っ越し費用はいつ払うのが基本なのか、後払いにすることは可能なのかを調べていきます。

引っ越し費用は現金払い以外に対応することは可能なのか、支払いが間に合わないときはどうしたらいいのか、何か支払うときの注意点は存在しているのか、そもそも費用を抑えるにはどうしたらいいのかなど引っ越しとお金にまつわるお話を見ていきましょう。

スポンサーリンク

引っ越し費用はいつ払うの?

引っ越し費用を支払うタイミングや支払い方の基本は『引っ越し作業が開始する前に現金一括払い』になります。

他の支払い方法やタイミングもありますが、特にそういった指定をしていないのならば現代における引っ越し費用の支払いもこれが基本となっているのです。

これは国土交通省が設けた『標準引越運送約款』によって『当店は、荷物を受け取るときに見積書に記載された支払方法により、荷送人から運賃等を収受します』としっかり明記してあることも関わってきます。

要するに、引っ越しの依頼をした人が業者に料金を本格的に作業が始まる前に払うべしということです。

カードで支払うときは引っ越し作業開始前としているところもあれば引っ越し日の3営業日前といった指定をされているときもありますので、これは業者事に調べた方がいいでしょう。

また、分割払いにも対応しているところもありますが、筆者が調べた限りではレアケースなのでお金がないという方は支払い方法がどうなっているのかも調べた方がいいです。

引っ越し費用の後払いもできるの?

引っ越し費用の後払いができるかどうかはその業者次第です。

筆者が調べた限りでは大手の『アート引越センター』が後払いに対応してくれたので、探せば後払いでもOKとしているところはあるでしょう。

しかし、探さないと見つからないレベルであることは間違いないので、支払い方法がどうなっているのかも業者探しをしているときに意識する必要が出てきます。

個人的な意見ですが、後払いに対応している業者はかなり少なく感じたので、お金が足りないときは家族に借りて一番安いところに依頼し、稼いですぐに返済するといった考え方のほうがいいと思います。

後払いに対応しているけど費用が高いのでは色々と勿体ないです。

支払い方法は現金?クレジット?

支払い方法は先ほど述べたように『引っ越し作業が開始する前に現金一括払い』が理想です。

この現金払いについては間違いなく全業者が対応しているので、現金を用意できるのならばこちらを選択すれば問題なく支払いは終わるでしょう。

ただし、支払うタイミングについては前払いを原則としているところが多く、後払いに対応している所は少ないのでタイミングを変えたい人は注意してください。

クレジットカード払いについては対応している所と対応していないところがあるため、まずはそこからチェックしましょう。

また、クレジットカード払いでも一括払いのみしか対応していないところもあれば、リボ払いや分割払いに対応している所もあるので、どのように支払いたいのかある程度しぼっているという方はそれを含めて業者探しをする必要があります。

支払いが間に合わない時はどうしたらいい?

支払いが間に合わないのならどこからか借りるしかないでしょう。

借りる先は銀行のフリーローンや銀行のカードローン、そして消費者金融のカードローンやお友達や家族となります。

個人的に家族ならまだましだと思いますが、友達にお金を借りるとなると縁切りの可能性に繋がる可能性が大ですので最終手段にしてください。

銀行から借りる時はいわゆる『みずほ銀行』や『三菱東京UFJ銀行』といった名前が出てきますし、消費者金融のカードローンとなると『アコム』や『アイフル』や『プロミス』といったCMで良く聞く名前が出てきます。

引っ越し費用を払うときの注意点

引っ越し費用を支払うときの注意点は基本的に現金一括払いでの前払いならばありません。

注意点が発生するのはクレジットカード払いにする時です。

クレジットカード払いには、先ほど述べたように一括での支払いもあれば分割払いやリボ払いという選択肢もあります。

しかし、業者によって支払い方法が指定されていることが多いのでカードが使えると言われてもどのような使い方ができるのかは書くにインする必要があるのです。

また、カード払いで分割払いやリボ払いを選択すると手数料が発生するので費用的にはマイナスでしょう。

他にもカード払いをするのならカードでの支払いに伴った別の手続きが必要になるので、そういった面倒な部分も発生するのが注意点かもしれません。

引っ越し費用を安くする方法はある?

引っ越し費用を抑えるにはとにかく以下の3点を意識して、値段を抑えましょう。

・値段設定がお手頃の安い業者に依頼する
・荷物量を減らして依頼する
・業者にとって値段が安くなる時期に依頼する

この3つを意識して少しでも安い価格で依頼できるような耐性を築ければ勝ちと言えます。

これだけではわかりにくいと思いますので、具体的にどういう事なのかを解説していきましょう。

値段設定がお手頃の安い業者に依頼する

引っ越し費用を手軽に抑える方法が相見積もりをして安い業者を見つけることです。

これだけでも1割から2割程度安い業者を見つけられます。

昨今ではネット環境さえあれば簡単に相見積もりができる『引っ越し見積もりが一番安い業者を選べる無料比較サイト【引越し侍】』のようなサイトがあるのでこれを使えば一発でしょう。

ただし、今回お話しした支払い方法が関わってくると安いけれど支払い方法がマッチしないので依頼できないというケースが発生します。

そういった部分も細かく調べてから依頼する業者を見つけてください。

荷物量を減らして依頼する

引っ越し料金は基本的に荷物の量を減らして作業時間を短くすることができれば安くなります。

特に、単身だとコンテナに入れて安く移送できる単身パックが利用できるかどうかが重要になってきますが、このコンテナにも入る荷物量が決まっているので余計な荷物を減らすことができればそれだけ安くできるのです。

どうしても荷物量が減らせないという方は、自分で軽トラなどをレンタルして運ぶというやり方もあります。

業者にとって値段が安くなる時期に依頼する

引っ越し業界は3月と4月や連休が高くて他が安い傾向にあります。

特に3月の下旬はびっくりするぐらい高くなるので、費用を少しでも抑えたい方はそこを避けるしかありません。

また、午前か午後か、平日か休日かでも変わってきますが、これは安いタイミングで依頼できるかどうかにも関わってくるので、先ほど紹介した『引っ越し侍』などを利用して安いタイミングを見つけて依頼するのが理想となってきます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は引っ越し費用はいつ払うのか、後払いもできるのかを見てきました。

支払い方法は基本的に現金ですが、カード払いや後払いにも対応してくれているところもあります。

筆者が調べた限りカード払いに対応している所は多いのですが、分割払いやリボ払いに対応している所は少なかったので払い方を指定したい方は注意すべきです。

しかし、払い方ばかりに注視すると安い所に依頼できないという状態になりかねませんので、どこかで折り合いをつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました