普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

引っ越し挨拶のお返しで手紙を送ると好印象に!簡単な例文を紹介!

引っ越しの挨拶が多くなるシーズンは留守にしている時間が長いといつの間にか手紙付きの粗品がドアノブに掛けてあることがあります。

そこで、今回は引っ越し挨拶のお返しで手紙を送ると好印象になるのでこの手紙にはどんな文章にしたらいいのかを紹介します。

お返しをするときの封筒はどうすればいいのか、粗品へのお返しは必要なのかどうかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

引っ越し挨拶のお返しで手紙を送ると好印象に!

引越しの挨拶をする相手というのはいろいろと不安な気持ちを抱えながらも行動していることが多く、不在が続いている相手にもきちんと応対すべく手紙を残して粗品を渡そうとしている相手はきちんと受け取ってもらえたかどうかも不安になっていることがあります。

そんな時にきちんと受け取ったというサインになるのが返事となる手紙を渡すことです。

もちろん、返事の手紙を渡す前に直接会ってお礼を言うことが一番ですが、相手と生活の時間帯が異なっている人はなかなか会うことができないので、返事をする側が直接会えなかった時の手段として手紙を用いるのです。

きちんと受け取ったかどうかが気になっていた人が手紙で受け取った旨とお礼が書かれていることを確認するとかなり安心できます。

この安心が好印象につながりますし、良いご近所づきあいができるという証明にもなってくれるので、貰った側は本当にうれしいのです。

引っ越し挨拶のお返しで送る手紙の例文!

引越しの挨拶で粗品を不在時にもらったときは直接会ってお礼を言うのが理想ですが、そこで直接会うことができなかったのなら手紙にてお礼を述べることになります。

この手紙に書く内容は以下の通りであり、ここを抑えて短めに文章をまとめることができればOKとなるのです。

・相手の名前
・自分の名前
・不在だったことの謝罪
・小さなお子さんがいるなどの気になることがあればその旨
・締めの言葉

具体的には『○○号室の××と申します。わざわざ御挨拶していただきありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします』といった文章を基本にして自分の状況に合わせてアレンジすればいいでしょう。

例えば、小さなお子さんがいるのならば最後の文章を『子どもがいるのでご迷惑おかけすることがあるかもしれませんが、よろしくお願いします』に切り替えることができます。

きちんと伝えたいことがあるのならば伝えることができるのが手紙ですので、有効活用してください。

手紙はどんな封筒に入れればいい?

手紙はそのまま投函するのではなく、できれば封筒に入れて投函しましょう。

使う手紙はレターセットやメッセージカードを活用してください。

そして封筒はできれば白無地の封筒にするといいでしょう。

この白無地の封筒に『ご挨拶』といった記載をしておけば不審に思われることもありません。

茶封筒でもOKという声も確かにありましたが、茶封筒ではダメという声もあったのでそういった意見が割れているものは使わないほうがいいです。

そもそも手紙でお返しをしなければならないの?

これもかなり意見が割れており、人によって見解も異なっているので難しい判断です。

まず、大前提としてこういった引っ越し挨拶で粗品や手紙を渡された側は返事をするのが必須ではありませんし、返礼も不要です。

直接会ったタイミングで丁寧にお礼を言うだけでも十分なのです。

不在時に手紙を受け取ったという人でも基本的に手紙で返礼する義務はありません

むしろそこまでする人は稀でしょう。

筆者もいろいろと受け取ったことがありますが、手紙を使ってまで返礼したケースは稀です。

手紙を使って返礼したときは手紙を受け取りその手紙がやたらと丁寧な書き方をしていることから、緊張しているのではと思ったので緊張をほぐせればと考えて手紙で返事をしました。

なので、やりたい人は手紙での返事をすればいいという具合に考えておけばいいのではないでしょうか。

手土産や粗品へのお返しはどうしたらいい?

手土産や粗品へのお返しは丁寧なお礼や手紙を使っての返事で十分です。

そもそも、引っ越し挨拶で配る粗品には『これからよろしくお願いします』という意味以外に『引っ越し作業でいろいろとご迷惑をおかけしてすみません』という意味が込められています。

つまり、迷惑をかけたお詫びという意味が込められているのです。

このお詫びに対してお返しをするとされた側が困ってしまいます。

こういった引っ越し挨拶の粗品に対してのお返しはされた側が困るという認識を持って行動しましょう。

実際に粗品を配る側も500円から1,500円程度の金額から購入できる粗品を選んでいますが、これは相手に気を使わせないようにするための金額設定でもあるのです。

その気持ちを受け止めて粗品に対する返礼はしないようにしてください。

手紙より直接お返しをした方がいい?

理想は手紙をもらったら直接会ってお礼をしたほうがいいと思っています。

しかし、昨今ではこの考え方もどうやら変わってきているので、ちょっと判断が難しいです。

筆者は『手紙を出す人は不安に思っているのだから、できれば直接会ってお礼を言うのが理想』という考え方をずっと持っているのですが、人によっては『軽いお付き合いを望んでいる人が手紙を活用することが多いのだから直接会うのは相手にとって負担になるから手紙のほうがいい』という意見も出ているのです。

これはちょっと難しいお話であり答えはないと思います。

一応の考え方として、引越しが頻繁に行われる地域でそこまで仲が良くなる前に別れが高確率で来るという地域ならば手紙でのやり取りでも十分としておきましょう。

むしろこういったやりとりそのものがない可能性すらあります。

逆に、これから長く住む予定の地域で特に年の近いお子さんがいる家庭の方や一軒家の方ならば直接会ってお礼をすることが重要になってくるとも考えることができます。

このように状況や環境次第なところがありますので、自分がどういった地域に引っ越したのかで判断したほうがいいかもしれません。

さらに注意すべきなのが、日本の今の現状です。

というのも、新型コロナウイルス感染症によって直接会うことを減らすべきという考え方が当たり前となり、2022年になってもこの新型コロナウイルス感染症の被害が全く収まっていません。

なので、直接会う機会を減らすことの方が重要であるという考え方がまだまだ継続しているので、手紙でやりとりした方がいいという指摘も継続して出ているのです。

筆者的にも新型コロナウイルス感染症の影響が収まるまでは手紙でのやりとりにした方がいいとすら考えています。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は引っ越し挨拶のお返しで手紙について色々と考察を重ねました。

新型コロナウイルス感染症の影響が色濃く出ている状況では直接会っての返事よりも、手紙でのやりとりの方が優先される可能性は高く、例文にどのような物があるのかを知っておくことが重要になってくる可能性は高いです。

人が多い駅を経由して来た人は新型コロナウイルス感染症に感染しているかもしれないと考えているので、直接会ったらコロナをうつしてしまうかもと警戒している可能性は高いのです。

そういった気持ちも慮って直接会うことは避けた方が良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました