普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

戸建てで引っ越しの挨拶をしないのはマズい?メリットはある?

引っ越しをした後にその地域に馴染むための行動として定番となっているのが挨拶ですが、この挨拶にも現代ではメリットとデメリットがあると言われています。

そこで、今回は戸建てで引っ越しの挨拶をしないのはマズいのかどうか、メリットやデメリットはどうなっているのかをチェックしていきます。

そもそも、引っ越し挨拶で推奨されている手土産はどうなっているのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

戸建てで引っ越しの挨拶をしないのはマズい?

マンションやアパートで出入りがとても多いという地域ならば引っ越し挨拶をしなくてもOKという風潮が出来ているケースもありますが、一般的に新築一戸建てに引っ越しをするのなら絶対に挨拶をした方がいいです。

中古の一戸建てだとちょっと状況が変わってきますが、新築にするために工事を実行したのなら必須と考えた方がいいです。

なぜなら、こちらの『引越しの挨拶に来ない近所と、どう付き合いますか?世間、一般的に非常識だと思います… – 教えて! 住まいの先生 – Yahoo!不動産』というページを見てみるとわかるように新築の一戸建てで挨拶に来ないのは非常識という認識をされている方が多いということです。

そもそも、引っ越しの挨拶には『これからよろしくお願いします』という意味以外に『引っ越しや工事で色々とご迷惑をかけてしまい申し訳ありません』という意味があるのです。

引っ越し作業はどうしても業者が入りドタバタするので、トラックの出入りを含めて近隣住民に何らかの迷惑をかけます。

さらに、新築一戸建てになると工事業者による騒音がすさまじいことになり確実に周辺住民に迷惑をかけることになるので、挨拶に行かずに放置すると確実に嫌な目で見られるようになります。

また、小さなお子さんがいるという方は町内会や学校などの親を巻き込んだ行事に参加することが多くなるので、そこで挨拶に行っていないと気まずい思いをする可能性が高いのが要注意です。

隣人が引っ越し挨拶に来ない時はどうする?

逆に引っ越しの挨拶を受ける側ではどのように考えればいいでしょう。

これは正確な答えはありませんが、筆者が色々と調べた限りでは挨拶に来ないのなら自ら赴く必要はないと思っています。

挨拶に来るのが嫌な人なのか色々と忙しくて挨拶回りが出来ないのかがこちら側から察することは難しいので、あえて挨拶に行く必要はないでしょう。

人付き合いが嫌な人に挨拶に行くと、嫌な顔をされたり居留守を使われたりするので推奨できません。

わざわざ挨拶に行ったのにそういった態度をされてしまうと嫌悪感が確実に発生しますので、無理に行く必要はないです。

引っ越し挨拶をするメリットは?

引っ越し挨拶をするメリットはいくつかありますのでそちらも見ていきましょう。

まず、挨拶をすることで近隣住民とのトラブルを回避できる可能性が上がります。

人付き合いが発生することでトラブルが発生する確率が上がるため、むしろしない方がいいという意見も聞いたことがあります。

しかし、引っ越しや工事などで発生した騒音に対する謝礼を含めた挨拶をしていないとむしろ『挨拶にも来ない非常識な人』として認識されて怒りのボルテージを溜め続ける状況になってしまうのでアウトです。

また、近隣住民との繋がりがはっきりと出来る事で地震などの大きな災害が発生した時に助け合いやすいというのもメリットです。

あとは、そういった挨拶をしているときのその地域特有の情報をもらうこともできるので、過ごしやすくなるというのもメリットでしょう。

デメリットとしては挨拶回りをするのが緊張するとか、いないと何度も訪れることになるから面倒とか、粗品を用意しないといけないのでお金がかかるといった部分です。

個人的には一戸建ての引っ越しではやることのデメリットよりもやらないことで発生するデメリットが問題となりやすいので、やった方がいいと想います。

前述したように引っ越しが頻発している地域のアパートやマンションならばしない風潮ができている可能性がありますので問題ないと思いますが、長く住む予定の戸建てに引っ越すのなら絶対にした方がいいです。

戸建ての場合、引っ越し挨拶をする範囲は?

一戸建てに引っ越しをするときの範囲は正面向こうの家とその両隣、そして自宅の両隣が必須です。

他には自宅の裏側に位置する家とその両隣も挨拶をした方がいいという声が多数あります。

あとは地域との交流が多くなるという方はその地域をまとめている町内会長などがいるのならそちらの挨拶も推奨されています。

ちなみに、引っ越し予定の戸建てがちょうどL字の角の部分にあったり十字路の角にあったりすると、正面や隣の考え方がちょっと変わってきてしまいますので、とりあえず引っ越しや工事で迷惑をかけてしまった近隣住民に挨拶をするという考え方を持った方がわかりやすいかもしれません。

引っ越し挨拶をするタイミングや時間帯は?

引っ越しの挨拶をする時間帯からまずは考えましょう。

推奨される時間帯は出勤の準備や食事の支度などがあってバタバタしている時間帯は避けるとされているので、だいたい10時~12時と13時から17時ぐらいとなっています。

いわゆる食事の時間帯を避けた日中が推奨されているのです。

タイミングについてですが、戸建てでは工事を開始する前の地鎮祭で業者と一緒に挨拶回りをすることが多いのでまずはそこで挨拶回りに同伴しましょう。

そこでの挨拶回りでどこまで挨拶をしたのかをしっかりと覚えておくことが大切です。

そして引っ越しをすることが決まったのなら、理想は引っ越し作業をする前日に挨拶をしておくことが求められます。

しかし、遠方にいて難しいという方は引っ越しをする当日に早く現地に入って挨拶回りをするといいでしょう。

引っ越し作業はトラックで道路を専有するなどのちょっとした迷惑をかけてしまうので、できれば本格的に作業が始まる前に挨拶をしておくことが求められているのです。

引っ越し挨拶でオススメの手土産は?

引っ越し挨拶でおすすめの手土産は日用品は嫌う人が少ない日持ちするお菓子です。

具体的にはタオル・洗剤・ラップ・高級なティッシュペーパー・クッキーなどが推奨されています。

こういった粗品はネット通販サイトでランキングにして紹介されていることも多いので、そういったランキングを参考にして商品を選ぶのが最も簡単です。

ネット通販サイトを使わないという方でも、ランキングから人気の商品を見ると色々と参考になるのでおすすめですよ。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は戸建てで引っ越しの挨拶をしないのはマズいのかどうか、挨拶にはメリットはあるのかを紹介しました。

戸建ての引っ越し、特に新築の戸建てとなると騒音などのトラブルが引っ越し前から発生しているので引っ越し挨拶をした方がいいです。

工事業者によってはきちんと工事前に挨拶回りをしているところもあるのですが、していないケースもあるとのことなので自分が動いて印象を少しでも良くしておきましょう。

いきなりマイナスからスタートするのはつらいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました