普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

【TOTO】簡単にできるウォシュレットノズルの掃除方法と注意点!

トイレ掃除で見逃しがちなウォシュレットノズル掃除ですが、実は機種によって掃除の仕方が異なる部位でもあるためやり方を調べないと掃除ができないというケースもあります。

そこで、今回はメーカーをTOTOに限定したウォシュレットノズルの掃除方法についての情報をまとめて参ります。

具体的にどのように掃除すればいいのかがわかる内容となっていますので、ウォシュレットノズルを意識して掃除したことが無いという人は必見です。

スポンサーリンク

【TOTO】簡単にできるウォシュレットノズルの掃除方法!

それでは具体的にウォシュレットノズルを掃除する方法について紹介します。

準備するもの

・ゴム手袋
・食器洗い用スポンジ
・水垢洗剤
・酸性洗剤
・ツインブラシ
・ステンレスヘラ

掃除のやり方

こちらの動画は『トイレTOTOウォシュレットの【DIY】お掃除方法❗️』というタイトルで、TOTOのトイレ掃除全般のやり方を紹介しています。

ウォシュレットノズルの掃除だけを見たいという人は動画の5分10秒から6分10秒あたりをチェックしてください。

このように、ウォシュレットノズルを本格的に掃除する場合はウォシュレットそのものを取り外してから行わないといけないケースもあるので覚えておきましょう。

ウォシュレットそのものを動かして掃除するやり方

①説明書を読んでウォシュレットを動かすやり方を理解する
②電源をストップし止水栓を止める、止水栓はどれだけ開けていたのかをしっかりと動画や写真で撮影してから動かすこと
③ウォシュレットを動かす
④裏面の汚れ具合を確認する
⑤酸性洗剤やトイレットペーパーやお掃除用シートを使って裏面を綺麗にする、ウォシュレットの隙間もブラシで掃除する
⑥ウォシュレット先端に尿石の塊がついている場合はステンレスヘラで削り落とす
⑦ある程度汚れが落ちたら酸性洗剤とナイロンスポンジで残りの汚れを除去する
⑧綺麗にしたらウォシュレットを元に戻す
⑨電源と止水栓を元に戻す
⑩ウォシュレットノズルを操作できるお掃除ボタンがある場合はそちらを動かす
⑪出てきたウォシュレットノズルに洗剤をかけてブラシで擦り汚れを落とす

ウォシュレットノズルを操作して行う掃除方法について

①ウォシュレットノズルを操作する『ノズル掃除』ボタンがあるかどうかをチェックする
②『ノズル掃除』ボタンがある場合はそちらを押す、『ノズル掃除』ボタンが存在せず水勢調節つまみがあるタイプの機種ならば本体操作部の水勢調節つまみを真ん中に設定してから『止』ボタンを3秒以上押し続ける、本体操作部の水勢調節つまみを真ん中が無いタイプならば『止』ボタンを3秒以上押し続ける
③ウォシュレットノズルが出てくるのでトイレ用中性洗剤や酸性洗剤をかけてブラシで擦る、ほとんど汚れていなかった場合はトイレ用のお掃除シートを使って拭き掃除する

注意点

・ウォシュレットノズルを掃除する場合はウォシュレット用の掃除グッズとしてノズル掃除用のクリーナーがあるのでそちらを使うとウォシュレットノズルを操作して出てきた後に洗剤を3〜4プッシュするだけで作業が終わる
・ノズル操作方法として上記で紹介した以外にリモコンの操作設定に紛れているケースがある、具体的にはリモコンの『メニュー』⇒『お手入れ』⇒『決定』⇒『ノズル掃除開始/停止』⇒『決定』の順番で操作すると動作するタイプもある
・ノズル操作方法は機種によってかなり異なっており、他にもリモコンの裏面にノズルを操作するスイッチがあるタイプも存在しているのでまずは説明書を読んでからどのように動かすのかをチェックすること
・ウォシュレットノズルの操作方法はどのようなタイプがあるのかをチェックしたいという人は『「ウォシュレット」(タイプ別)ノズルの出し方・戻し方について | トイレのトラブル解決 | お客様サポート | TOTO』をチェックすること
・ウォシュレットそのものを動かして掃除する場合はしっかりと電源を落として止水栓もストップしてから作業をすること

掃除する頻度はどのくらい?

トイレ掃除の頻度はお風呂掃除と一緒でどのような掃除をするのかで大きく変わってきます。

トイレ掃除用のお掃除シートを使った簡易的な掃除ならば毎日行うのが理想と言えますし、壁や床の掃除ならば1週間に1回は掃除することが推奨されることが多いです。

そして、本格的に温水洗浄便座を動かして行うレベルの掃除ならば1ヶ月に1回程度の頻度で行うべきでしょう。

ウォシュレットノズル限定で掃除頻度を考えた場合は、自動洗浄機能が付いているタイプが多いので1ヶ月に1回程度で十分という声もあります。

ただし、ノズルの収納口の汚れがなかなか落ちないというケースもあるので1年に1回程度は動画のようにステンレスヘラなどを使った擦り洗いを行う必要があるでしょう。

はっきり言って掃除頻度というのは汚れ具合によって自分で調節するモノなので、まずはどの程度汚れているのかを把握するところからスタートしてください。

ここで推奨している掃除頻度で行動しつつ、汚れ具合によって頻度を変えましょう。

掃除をしても綺麗にならない場合は?

トイレの汚れは水垢や黄ばみといった酸性洗剤で対策が必要なタイプもあれば、皮脂汚れや油汚れなどのアルカリ性洗剤で対策が必要な汚れもあり、中には通常の洗剤ではなかなか落とすことができず塩素系漂白剤を使うしかない黒カビ汚れも存在します。

このように汚れによって最適な洗剤が異なっているので汚れがなかなか落ちない場合はその汚れに適した洗剤を使うことをまずは意識してみてください。

ただし、酸性洗剤と塩素系漂白剤を同時に使うと有毒ガスが発生してしまうので同時使用はNGです。

使う場合は日をずらしつつしっかりと洗剤成分を除去してから用いるようにしましょう。

ウォシュレットノズルが汚れる原因

一般的にウォシュレットノズルが汚れてしまう原因はお尻の洗浄をするときに跳ね返った汚水がノズルに付着してその汚れが蓄積してしまうことにあります。

また、男性が立ち小便をすることが多い温水洗浄便座のウォシュレットノズルならば尿はねが付着してしまうことで汚れてしまうケースもあるでしょう。

特にこの尿はねによる汚れが蓄積してしまうとかなり頑固な汚れになってしまうので要注意です。

おすすめのトイレクリーニングの選び方

トイレクリーニングを含めた清掃業者の選び方の基本は複数の業者を比較して依頼先を決めることです。

必ず複数の清掃業者に見積もり依頼を出してどのような作業をしてくれるのかを確認しつつ、料金や作業内容などを比較して選ぶといいでしょう。

また、見積書が見やすい形式になっているのか、依頼予定の清掃業者には有資格者がいるのかどうか、その業者は損害賠償責任保険に入っているのかどうかも重要になってきます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はTOTOのウォシュレットノズルの掃除方法について紹介しました。

TOTOというメーカーでも機種が違うことでウォシュレットノズルの操作方法が非常に異なっているので、掃除をするときはどのように操作することができるのかをまずはチェックしてください。

リモコン部分に『ノズル掃除』というボタンがある場合は簡単なのですが、無い場合は操作方法がかなりバラバラなのです。

ウォシュレットノズル以外の掃除方法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました