普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先勝に引っ越しをしてもいい?するなら午前中がいいって本当?

先勝に引っ越しをしても縁起はいい?どんな注意点がある?

縁起を重要視するイベントの中に引っ越しがありますが、その中でも特に意識されるのが六曜です。

そこで、今回は六曜の中でもちょっと影が薄くなりがちな先勝に引っ越しをしてもいいかどうかを調べます。

するなら午前中がいいという話もありますが、その真相や注意点についても探っていきましょう。

これから引っ越しをする予定がある方にとって役立つ情報満載です。

スポンサーリンク

先勝に引っ越しをしてもいい?

六曜は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つですが、これの運が良いとされている日から順番に並べると大安⇒友引⇒先勝⇒先負⇒赤口⇒仏滅となります。

この中でも何をやっても吉に働く日として有名なのが大安であり、結婚式や引っ越しといった心機一転すべきイベントやお祝い事は今でも大安が混みやすくなっているのです。

しかし、大安はイベント事でめちゃくちゃ混み合いますので、次点の吉日を狙って行動している人も増えています。

その次点としてカウントされやすいのが友引と先勝です。

友引はお昼の11時から13時だけ凶になりますが、それ以外は吉となるので引っ越しに用いやすいですし、先勝は午前中なら基本的に吉となりますので午前中から行動できる人にとっては吉となります。

逆に先負も午前中は凶ですが午後は吉となりますので午後から引っ越しを予定している人にとっては予定が立てやすい六曜となるでしょう。

引っ越しをするなら午前中がいい?

先勝は「先んずれば即ち勝つ」とか「先手必勝」という意味がある言葉で、急げば急ぐほど吉になる六曜と言われています。

急ぎ事や勝負事には終日吉となるので、賭け事をこよなく愛する人にとっても使いやすい六曜となっているでしょう。

そんな先勝ですが、「午前中は吉で午後は凶」とか「14時から18時までが凶でそれ以外は吉」と言われている六曜ですので、それらの時間帯を意識すると良いでしょう。

なので、先勝の日に引っ越しをするという人はできる限り午前中の早くからスタートして凶の時間帯に突入する前に終わらせるようにしてください。

どうしても午後になってしまうときの対策は?

これは非常に微妙であり、意見が分かれるところであります。

先ほど記載したように先勝は「先んずれば即ち勝つ」とか「先手必勝」という意味があり、「午前中は吉で午後は凶」とか「14時から18時までが凶でそれ以外は吉」と言われている六曜なので、この時間帯になる前に急いで作業をすることが大切と解説する人も多数います。

しかし、人によっては「イベントの開始タイミングが吉の時間帯なら凶の時間帯にさしかかっても問題ない」と考える人もいますので、対策は不要という声もあるのです。

個人的な意見となりますが、引っ越しはどんなに荷物が最低限でも午前中だけで荷解きや新しい土地での買い物などを含めた引っ越し作業が終わることはあり得ないので、対処方はほとんど意味が無いと考えた方が良いでしょう。

なので、「吉の時間帯に行動開始すれば問題ない」と意識して行動した方が気分も良くなると思います。

昨今は六曜を意識して行動する人は少なくなっていますが、縁起を大切にする人もまだまだいますのでそんな人ほど自分にとって都合が良くなる解釈で動いた方が良いでしょう。

縁起を大切にしすぎたせいで動きにくくなってしまっては意味が無いです。

あくまでもテンションを上げるための役立つ一つの要素と考えて行動すると良いでしょう。

午後は凶ということで個人的に作業をストップさせて、次の日の友引に作業をずらすという考え方もあります。

友引は吉の時間帯がかなり長いので六曜を重視している人でも動きやすくなってくれます。

なので、1日目の先勝は午前中に生活できる最低限の荷物を荷ほどきして設置する作業を中心とするのも正解かもしれません。

引っ越しを先勝にしても縁起はいい?

縁起を担ぎたいという人は時間帯にきっちりと気を遣えば先勝でも問題なく行動できます。

午前中という縛りはありますが、朝が早い人にとっては問題なく行動できるでしょう。

縁起を気にする人は先勝もそうですが、先負や友引などの吉の時間帯を意識して行動してください。

先勝に引っ越しをするときの注意点

先勝の引っ越しで気をつけなければいけないのは、午前中で引っ越し作業が終わるのは稀と言うことです。

どんなに手に持つが少ない人でも新たな隣人への挨拶や役所への手続きや買い出しなどの作業を含めるとはっきり言って時間が足りません。

しかも、遠いところへの引っ越しとなると現場に到着するのが遅くなるケースもありますので、先勝の午前中を意識するならホテルで一泊する必要も出てくるでしょう。

このように六曜の運勢と自分の行動をマッチさせるのはなかなか大変なので、無理に時間を作らなければならなくなってしまった場合はそこまで強く意識する必要は無いと考えたほうがいいです。

実際に勤め人が「六曜の先勝に引っ越し予定ですが午前中で終わりそうに無いので次の日の友引も休んで引っ越し作業を続けます」と休暇申請をした場合、「先勝で全部終わらせられないの?」と突っ込まれる可能性が高いです。

有給申請は通りそうですが、こだわりすぎない方が良いのではないでしょうか。

六曜と引っ越しの関係

昨今は仏滅をさけて大安を好む傾向はありますが、そこまで重要視されなくなったのが現実なので、縁起担ぎもそこまで意識しなくても良いでしょう。

一昔前までは引っ越しの費用も大安がとっても高く仏滅が安いという傾向にありましたが、今ではその考え方を持っている人が非常に少ないのでお値段もほとんど変わらなくなりつつあります。

昔は「引っ越しには縁起を担いで大安にする⇒大安が人気になる業者が費用を上げる」という図式が通用していたのですが、今では「昔の名残で大安の方がお値段が高いので別の日を使って引っ越す⇒大安にお客が集中しなくなりつつあるので料金を下げて他の日をあげる」という傾向が出るようになっているので、料金的な差も出にくくなっているのです。

個人の引っ越しならば自分自身の考え方に即して行動できますので、自分がどれだけ縁起を担いで行動したいのかを考えましょう。

六曜における引っ越しとの相性が良い日は仏滅以外となっていますので、縁起担ぎはしやすいのです。

ただし、考え方一つの部分もありますので家族やパートナーと一緒に過ごしていて引っ越しをする場合は、どこまで六曜を意識しているのかを聞いてください。

特に意識してなければ安い日や予定が合わせやすい日を活用すれば良いですし、意識しているのなら仏滅以外の日を選択して吉の時間帯に動けるようにしましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は六曜の先勝と引っ越しの関係性について記載しました。

六曜を意識して引っ越す人もかなり減りました。

そのため、引っ越し価格も六曜とは関係なく一緒になることが多く、新年度が始まり引っ越しが多くなる期間だけピンポイントに高くなるというケースも多いので、注意しましょう。

個人的には六曜にこだわりすぎるのではなく、自分の日程を重視した方がいいと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました