普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

仏滅に引っ越しをしても大丈夫?縁起が悪いのは本当?

仏滅に引っ越しをすると料金が安くなる?日取りの決め方を教えて!

仏滅というのはあらゆる意味で凶と思われているので、引っ越しをしても大丈夫かどうか心配になってしまうでしょう。

今回は仏滅を引っ越しするのは本当に大丈夫なのかをチェックしつつ、仏滅に引っ越しをするメリットについても解説します。

引っ越しの日取りの決め方に悩んでいる人も必見です。

スポンサーリンク

仏滅に引っ越しをしても大丈夫?

先に結論を記載すると、仏滅と引っ越しをセットにするのは六曜的には避けたほうがいいと思われている、となります。

仏滅の意味は「万事に凶である悪日」とか「凶日」とか「祭事や祝事などの大事と相性が悪い」となっております。

要するに、結婚式などの慶事とは最も相性が悪いとされているのが仏滅なのです。

お葬式などの凶事の場合は問題ないという声もありますが、プラスの事柄とは相性が悪いというイメージが圧倒的に強いので、あまり六曜に詳しくないという人でも意識して避けるようにしているでしょう。

この慶事に引っ越しも対象になりますので、六曜を意識している人なら高確率で避けます。

地鎮祭や棟上げや引き渡しとの相性も最悪といわれていますので、六曜を気にしている人たちは仏滅を意識して避けるのです。

ただし、それよりも危険とされているのが三隣亡で、この三隣亡は十二支の活動が凶変を起こす日といわれているのです。

仏滅をあまり意識していないという人でも三隣亡を意図的に避けるようにしている人も多いといわれております。

建築業界では仏滅よりも三隣亡を意識しているところが多く、慣習にすらなっていますのでそちらも計算に入れましょう。

引っ越しを仏滅にすると縁起が悪い?

仏滅と慶事は相性が悪いので、引っ越しとの相性も悪いという意見がかなり多いです。

ただし、引っ越しは新たな生活のスタートとなりますので相性がいいという意見もあります。

仏滅はあらゆる物事が滅びる日ということで凶日とされていますが、逆にあらゆる物事が滅びることで新しいスタートが可能となる日と考えることもできるので、好意的に解釈して動いている人もいます。

また、仏滅というよりも六曜を全く意識していないので縁起の良しあしも気にしないという人もいるでしょう。

それよりも三隣亡かどうかを強く意識しているという方も多いので、何を重視するのかで大きく変わってきます。

引っ越し料金が安くなる?

仏滅などの六曜が盛んに気にされたのは今よりもだいぶ前となりますので、この傾向は薄くなっていますが、それでも引っ越し料金が安く設定されているところもあります。

これは「仏滅は引っ越しとの相性が最悪だからその日は対象外」としていた人が多いのが理由となります。

逆に大安などは吉日というイメージが圧倒的に強いので、結婚や引っ越しや納車といったイベントは予約でいっぱいになり料金も割高にされていることがあります。

あまり六曜を気にしないという方々にとっては安く利用できるチャンスとなりますので、こぞって利用しているのですが、現代日本では若い人たちを中心に六曜や占いを全く信じていない人がかなり増えていますのでこの割引もなくなりつつあるといわれているのです。

六曜の考え方が薄れていけばいくほど、六曜による料金格差はなくなっていくと考えましょう。

今ならまだ多少はこの六曜による金額の差を利用することができます。

実は大安よりも仏滅のほうがいいって本当?

仏滅はあらゆる慶事との相性が悪いので引っ越しとの相性も悪いといわれていますが、あらゆる物事をリセットすることで新しい物事を始めるのに向いている日という考え方もあるので、大安よりも引っ越しや結婚には向いている日という考え方もあるのです。

また、仏滅は昼頃から翌日の大安に向かって吉日になるという考え方もあるので、なんとも言えません。

このように人によって解釈が大きく異なってくるのが仏滅なので、六曜を大切にしている人でも考え方次第で受け取り方も異なっているということを理解してください。

最も強い人は自分にとって都合のいい解釈をしてプラスに捉えてポジティブに行動できる人たちです。

六曜の考え方もこのように多種多様なものがありますので、料金的に安い仏滅を選んでさらに「新たな門出に最も優れた日を格安で利用できてラッキー」という思考をすることができればいろんな意味で強い人間となれるでしょう。

肯定的な解釈、好意的な解釈を進んでできる人ほど強いのです。

引っ越しの日取りの決め方

引っ越しの日取りの決め方は大きく分けて2種類です。

1つは実利をとること、2つ目は吉凶を優先することでしょう。

実利をとるという人は仏滅が料金的にも安くなっているのでその日をあえて利用するという選択肢もありますし、自分にとって最も予定が立てやすい日を活用するという手段もあるでしょう。

とにかく自分や家族のことを優先して行動するのが実利をとる人たちです。

吉凶を優先とする人は何の吉凶を優先するのかも考えてください。

単純に六曜を優先するという人ならば大安や友引に引っ越すという考え方もありますし、仏滅も引っ越しとは相性がいいと考えてあえて選択するというのもありなのです。

また、仏滅よりも引っ越しと絶望的に相性が悪い三隣亡だけを避けるという選択肢もありますので、何を優先するのか強く意識してください。

ちなみに、この三隣亡は引っ越し以外に地鎮祭や棟上げとも相性が最悪といわれている日で、この日に家を建てると後日大火を起こして三つとなりの家まで滅ぼすといわれております。

一般家庭では気にしない人も多いのですが、会社が新しい仕事場や工場を建てた場合の地鎮祭や棟上げをするときには今でも強く意識しているので覚えておくといいでしょう。

一部の人たちは三隣亡は引っ越しにも悪影響を与えて近隣住民にもマイナスを与えるとすら考えているので、仏滅をあまり意識しない人でもチェックしておいたほうがいいかもしれません。

2019年の10月以降の三隣亡は10月12日と24日、11月5日と10日と22日、12月4日と7日と19日と31日となっています。

六曜と引っ越しの関係

六曜における引っ越しと相性がいいとされているのはやはり大安です。

仏滅も考え方次第で相性が最高となりますが、否定的な意見のほうがまだ強くなっています。

他に絶対にNGとされているのが赤口で、この赤というのは血液や炎を連想させるので引っ越しや地鎮祭や上棟式には向いていないとされております。

六曜を意識している方々は赤口だけは避けるようにするといいでしょう。

仏滅はプラスに解釈できる人ならば好都合に利用できる日となります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は仏滅と引っ越しについてのお話をさせていただきました。

仏滅も解釈次第で引っ越しとの相性がいい日となりますので、あえて好意的な解釈をして利用することが一番効果的となっております。

大安ばかりに気をとられている傾向にありますので、仏滅は予約が取りやすかったり料金的にも安くなっていることが多々あるので、ポジティブな解釈とお得なお値段でダブルに徳と得をとりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました