普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先勝に結婚式を挙げてもいいの?縁起が悪いって本当?

先勝の結婚式は午前中がいい?注意点はなに?

大安や友引で行う結婚式というのは縁起が良くて人気がありますが、なかなか予約がとれないことでも有名です。

そこで提案されることがあるのが先勝の日に行われる結婚式となります。

今回はこの先勝に行われる結婚式は本当に問題ないのかを検証し、注意点などの気になる情報もまとめます。

大安や友引などが含まれている六曜とはどのような関係なのかを知ることができれば、この六曜にまつわる縁起についても理解できるようになるでしょう。

スポンサーリンク

先勝に結婚式を挙げてもいいの?

先勝とは「せんしょう」「さきがち」と読む六曜の一種です。

結論を記載すると「先勝に結婚式を挙げるのが午前中なら縁起が良いのでok」となります。

六曜とは先勝以外だと大安(たいあん)・友引(ともびき)・先負(せんぶ・さきまけ)・赤口(しゃっこう・しゃっく)・仏滅(ぶつめつ)の5つが存在しておりますが、それらには実は縁起の良い順番というのが設定されています。

それは大安⇒友引⇒先勝⇒先負⇒赤口⇒仏滅という順番であり、基本的に縁起を大切にする何らかの行事は大安か友引でやるのが正解となっていました。

友引や大安が無理なら次点で先勝に縁起を担ぐイベントを実行するのが正解となるのです。

ただし、六曜の中で3番目の吉日となっている先勝は吉となる時間帯が決まっているというちょっとユニークな日になっているので、縁起を担ぎたいという人はその時間帯にもしっかりと考慮して動く必要があります。

結婚式は縁起を担ぐ人が急激に減った現代でも、縁起を意識しない人達も率先して縁起を担がれるイベントとなっていますので、大安と友引はものすごい人気のある日となっているのです。

そのため予約がなかなか取れないということもありますので、そういう人達はこの先勝をうまく活用すると縁起も担げてすんなり予約も取れるというメリットが出てきます。

大安と友引は結婚式をするための日として選ばれる傾向が未だに強いため、結婚式を運営する会社側でも強気の値段設定に出ていることも多いのですが、逆に利用されることが少ないそれ以外の六曜になってしまっている日は安く設定されていることも多いのです。

ちょっと結婚式代を減らしたいという人はあえて先勝を選ぶのも有効な手となるでしょう。

結婚式を先勝に挙げると縁起が悪い?

先勝に結婚式を挙げるのは縁起が悪くなることもあります。

先勝とは文字通り「先んずればすなわち勝つ」という意味があり、急いで行動することができればそれだけ運気が上昇する日となっているのです。

逆に考えるとゆっくりと行動してしまうと運気が低下してしまう非でもあります。

そのゆっくりかどうかを判断する目安が時間帯で、ざっくりと午前中は運気が良くて午後は運気が悪いと言われているのです。

ただし、この運気が低下する時間帯は午後だとか14時から18時と解説が異なっている部分もありますので、注意しましょう。

挙げる時間帯は午前中がいい?

先勝の結婚式は基本的に午前中に実行するのが正解となります。

先ほど記載したように先勝は「先んずればすなわち勝つ」という意味を持った六曜となっているので、できる限り早めにイベントをこなすことが縁起を担ぐ行動に繋がるのです。

これは先勝に行われる結婚式以外のほとんどのイベントに当てはまっており、友引や大安に行えなかったとしても午前中にイベントを行えば吉日となってプラスに働いてくれるでしょう。

引っ越しにもこの先勝の効果は当てはまりますので、大安が埋まっていて引っ越しの予約が取れなかったという人は先勝の午前中をうまく活用して引っ越しをすると良いでしょう。

それ以外には急ぎ事や勝負事には良い日がこの先勝となっています。

結婚式を先勝の日に挙げるときの注意点は?

注意点は先勝の吉凶は時間で変わってくると言うことでしょう。

大きく分けて午前中が吉で午後が凶となっていますので、まずはこれを覚えておいてください。

ただし、大がかりなイベントの時はたとえ午前9時や8時スタートでも終わらないことが多いでしょう。

その場合の考え方として「午前中から行われているイベントなら吉」となっているようです。

すなわち、吉の時間帯にスタートしたイベントならばたとえ凶の時間帯に突入したとしても吉の効果が現われるという考え方なのでしょう。

この考え方を利用して午前11時といったぎりぎりのタイミングで実行するのもありかもしれません。

しかし、この先勝が吉日という考え方をしっかりと理解している人はそこまで多くないので、結婚式を先勝にした場合に縁起について説明が求められることも多いでしょう。

いわゆる「なんで大安や友引でやらないの?」という疑問です。

このときは、先勝の午前中は実は吉であるという事をしっかりと伝えるようにしてください。

大安と比べて先勝は縁起が良い?

六曜の中での縁起が良いとされている順番は大安⇒友引⇒先勝⇒先負⇒赤口⇒仏滅です。

この順番は変わりませんので、最も縁起が良いのは大安で次点で友引となります。

なので、大安と比べて先勝の方が縁起が良いというのは間違いとなるでしょう。

先勝にも吉となる時間帯が存在しているので、うまく活用すれば大安や友引の変わりとして活用できます。

あくまで代用なので先勝の方が縁起が良いという考え方は持たない方が良いでしょう。

結婚式の日取りを親に納得してもらうには?

縁起をより担ぐのは基本的にお年を召した方で、若い方はそこまで気にすることはありません。

なので、若い人達を中心に行うイベントならばこの六曜を無視して行うことも今ではほとんど問題ないと言えるでしょうが、結婚式のようなご年配の方も参加するようなイベントでは縁起を担がないと色々と注意されてしまうでしょう。

そこで重要視されるのが六曜なのですが、そのご年配の方も六曜に関して100%完璧な知識を持っている人も少ないのです。

先勝で結婚式を行うと説明すると「なんで大安や友引でやらないのか?」と言われる可能性が高いのですが、そのときは「先勝も午前中は吉になるので午前中に結婚式を開始すれば縁起を担げる」ときちんと説明しましょう。

また、「先勝の方が予約が取りやすいこと」「先勝の方が大安や友引よりも料金設定が安くされているので、少しでも費用を抑えたかった」と現実的なこともお話しすれば説得力がより強くなります。

ここまで言えば納得して貰える確率も高いのですが、それでも駄目なら日程調整も視野に入れるしか無いでしょう。

世の中には正論を言っても全く通用しない人もいますので、そういう類いの人だったと割り切って行動するしかありません。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は先勝にまつわる結婚式のお話をさせていただきました。

先勝の結婚式は費用的にも予約のしやすさ的にもかなりお得なので、うまく活用して貰いたいのですが、なかなか先勝の午前中が吉となっていることが知られていないので、その説明も必要になるでしょう。

大安や友引に結婚式を行うのが当たり前という考え方を持っている人も多いので、事前にお話ししておくことを強く推奨します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました